ニュース & ブログ- News & Blog -

【採用】学習支援塾ビーンズの未来の仲間へ。採用について最初に読んでもらいたい記事はこちら

採用

【採用】学習支援塾ビーンズのスタッフになりたい方へ

現在、学習支援塾ビーンズでは、インターン(社会人プロボノ)を募集しています。
勉強嫌い・不登校など・発達の特性などの悩みを抱える子どもたちのために活動したい方、教育の課題をチームで取り組みたい・解決したい方、ぜひご応募ください!

ビーンズのインターンの詳細はこちら


■【採用】ビーンズのスタッフになりたい方へ

学習支援塾ビーンズ 山本(やまひろ)先生

こんにちは。ビーンズ採用担当、山本でございます。教室長も兼務しており、生徒に授業したり保護者と面談をしたりもしていますが、メインのフィールドは採用と新人インターンの育成です。
これを見ている人の中でインターンに応募してくれた方とは、メンターとして出会う人もいるかもしれませんね。

まずは自己紹介させてください。

山本浩貴(Yamamoto Hiroki)
学習支援塾ビーンズ教室長。生徒からの愛称は「やまひろせんせい」。中央大学法学部国際企業関係法学科卒。
担当科目は英語・国語・日本史。面接指導(高校受験・大学受験)作文/小論文指導
金融教育(ファイナンシャルプランナー2級を持っています! 自分も現役で資産形成中です)

好きなものは、寿司、長期投資、星とマレーシア。これ以上私の話をすると5億光年先の星に到着してしまいますので、詳しくはこちらの記事で!

では、本題です。

本記事では、

・ビーンズがどんな塾なのか、その特徴をご紹介します
・どんな方にビーンズへ参加してほしいのか、についてお伝えしていきます

代表の塚﨑も想いを書いてますので

「ビーンズって、どんな人が向いているんだろう?」
「どんな人が活躍できるのかな・・・?」

と思った方に、ぜひ読んでほしい記事となっております!

学習支援塾ビーンズってどんな塾?

学習支援塾ビーンズ 教室長 山本浩貴

まず、ビーンズが何を目指している塾かをお話しさせてください。

ビーンズの目的は「なんだかんだで毎日楽しく生きていける人を増やす」です。そしてそのために、後述する「ビーンズメソッド」と呼ばれるノウハウを広めることを目指しています。

ビーンズには不登校・中退・発達の特性など様々な背景をもつ、小学校高学年、中学生、高校生50名ほどが通っています。

ビーンズは、「不登校の問題=子どもが学校に行かないこと自体の問題」という立場をとっていません。
同じように

・学校を退学すること自体

・学校に馴染めないこと自体

・勉強が嫌いなこと自体

も問題ではないと考えています。

学校に通っていない中学生・高校生で、楽しく「青春」謳歌している生徒もビーンズにはいます。こういう生徒たちは、自分の進路について前向きに考えることができ、情報ときっかけがあれば、自分のやりたいことへ向かうことができるのです。

一方、「不登校」をトリガーとして、家庭での親子関係の急速な悪化・本人の自尊心の喪失・社会に出ることへの不安の発生、ひいては自身の進路について悲観的な考えを持つ状態に陥ること・最悪は自ら社会との接点を閉じていってしまうこと。この「本人が自尊心を失い、社会に出ることに不安を感じ、ひいては自身の進路について悲観的な考えを持つ」プロセスこそが日本の多くの中学生・高校生の解決すべき問題である。と、ビーンズでは考えています。

学習支援塾ビーンズは「悩める中学生・高校生を元気にする教育メソッドの開発と普及」を目指す塾

私たちは、目の前の生徒たちと全力で向き合い日々楽しくワイワイと奮闘していますが、日本全体をみると、日本の中学生・高校生に関しての悲観的なデータが並んでいます。
日本財団の調査では不登校及び不登校傾向にある中学生は全国で約43万人(内10万人が文科省定義の不登校)と推計されています。また東京都だけを見てみても、不登校の生徒の数は増加の一途をたどっています。

東京都 不登校児童・生徒数の推移

また不登校の状態から学校への復帰率も近年は3割を超えることがないまま、推移しています。

東京都 不登校児童・生徒の学校復帰率

※「不登校児童・生徒数の推移」「不登校児童・生徒の学校復帰率」の図の出典は東京都教育庁資料:『令和2年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査』について 

日本財団の調査結果外部リンク 新しいタブで開きます)では"学校には通っているものの、学校の通うことが苦痛だ、ツラいと感じている"「仮面登校」という、子ども像が提示されています。

同じようにビーンズにも一見学校に問題なく通っていても、本人の中で悩みや、自尊心の低下があり、特に自分の進路を考える際に「こんな自分では何もできない」「将来を考えるのが怖い(不安になる)」「消えてなくなりたい」といった中学生・高校生の生徒たちが珍しくありません。

また、そのような状態の子どもと接する保護者さまたちの焦りや不安も大変深刻です。

私たちはそんな子どもたちを「なんだかんだで毎日楽しく生きていける」状態にすることを目的に活動しています。

私たちは、「なんだかんだで毎日楽しく生きていける人を増やす」ために

第一に、悩みを抱えた中学生・高校生に寄り添うこと

第二に、彼らの好きや得意を引き出し、目標を見つける手助けをすること

第三に、定めた目標に向かって走ろうとする彼らの伴走者となり、時に保護者さまの代わりに正論を伝えること

この3つを行っていきます。

学習支援塾ビーンズ 『4階構造』と『4つの時期』の対応関係

ビーンズでは不登校の中学生・高校生を元気にする「ビーンズメソッド」と呼ばれるノウハウ体系をもとに、"マンツーマン授業"  "グループ授業" "青春ラボ(生徒居場所)"を実施し、心のケアから目的意識づくり、職業観育成、受験対策を一手に引き受けています。

このビーンズメソッドを、より多くの中学生・高校生に届け、全国に広げることで、多くの日本の子どもたちを元気にしたいと考え、活動を続けています。

インターン課程を修了した人の中で、ビーンズが「ビーンズメソッドを日本全体へ発信するソーシャルベンチャー」へと進化するための仲間も出てくるのかも……と期待しています)

ビーンズのインターンの内容 『ビーンズメソッド』を学び、悩める中学生・高校生の伴走者になる

内容 『ビーンズメソッド』を学び悩める中学生・高校生のサポート方法を学びます。
途中、ペーパーテスト、ロールプレイングテストがあり、その二つのテストに合格した後、生徒対応の現場に出ます。
期間 3カ月をワンクールとして、2クール6カ月までを期間とします。
(6か月を超えてビーンズに参加する際は、別途面談を実施します)
待遇 交通費支援あり

皆さんが参加されるインターン課程では、メンターの指導のもと、悩みを抱える繊細な思春期の中学生・高校生たちへの対応方法の心構え、言葉がけのコツをまとめた『ビーンズメソッド』を学びます。

座学の知識習得の確認としてぺーパーテスト、そして生徒対応の現場に出る前にはロールプレイングテストで現場での実践力・応用力を確認します。

ペーパーテスト合格までに何万字ものマニュアルを読み込む必要があり合格までは正直大変です。またロールプレイングテストは一発合格者はゼロ人の難関です。
めちゃくちゃビーンズへコミットして、早い人でロールプレイングテスト合格までだいたい2~3カ月かかります。
しかし、「試練に立ち向かうスタッフを孤独にさせない」がビーンズの文化。
ビーンズメソッドを学び、不登校や自尊心の低下などの悩みを抱えた中学生・高校生たちを元気にしてきた実績のあるスタッフが、あなたにがっつり伴走します。
そのためロールプレイングテストを合格した時点で、悩みを抱え、自分の中の「ふつう」と「タテマエ」にこだわり、繊細な心理状態の中学生・高校生をサポートする基礎的な力が身につきます。

「ただ傾聴すればよい」以上の、中学生・高校生へ向けたサポートの方法論について知りたい方には、ピッタリだと思いますよ!

ロールプレイングテストにチャレンジし合格された方のうち、面談の上、希望者が生徒の授業を受け持ちます。

授業を受け持つようになった後も、担任スタッフが中心となってチームで一人の生徒を担当し、生徒の様子・学習の進捗などの情報を共有しながら授業を進めていきます。
(インターン一人で授業を受け持つことは、基本ありません。)

また、ロールプレイングテストを合格後も、様々な研修が用意されています。テキストの文字量は合計50万字超……最初はびっくりするかもしれません。
なぜ、こんなに研修があるかというと、ビーンズは科目勉強だけを教える塾ではない!からです!
悩める中学生・高校生の心のケアに始まり、元気になった後は、将来のことを考えていくために、自己分析、グループ授業面接対策エンカレ(ソーシャル体験)などのプログラムなどを実施し、進路進学の先にある就職・職業観まで見据えての指導まで取り組んでいきます。

一言でビーンズの生徒といっても、抱えている課題や悩みは一人一人違います。
そのため、スタッフ同士で試行錯誤をして「どうすれば生徒が楽しくなれるか」「どうすれば生徒が元気になるか」を考えています。
ビーンズには「子どもたちを元気にしたい!」という志を持った人が集まりますので、スタッフ同士の会話も自然と熱いものになります。

面接対策、生徒たちの企画の伴走など、スタッフ同士で日々さまざまな議題で自主勉強会が開催されています!
新型コロナウイルスの影響で対面では集まることができない現在は、オンライン上で自主勉強会を続けています。

色んな人に出会うことができる!

学習支援塾ビーンズには、様々な分野で活躍されている方が遊びに来ます、
大企業でバリバリ活躍していてビーンズに協力してくれている方、人事やチーム作りの専門家、教育関係のNPO、創業支援系の人が多いですね。

ビーンズは色々な方からご支援いただいて運営しています。こういう方々とのつながられるきっかけが得られるのもビーンズに参加する魅力です。

これから就職活動を控えている大学生の方や、他の業界のことを知りたい社会人の方にも有意義な時間になると思いますよ。

インターンの卒業生は?

ビーンズメソッドの学びや、インターン経験を活かして、海外の大学で学びを深める人、大手教育NPOへ就職する人、教育系大企業から内定をバンバンとる人、ビーンズに就職する人……(笑)

などビーンズインターン生は卒業後も活躍しています!

ビーンズの教室。カフェのような空間づくりを目指しています。

外はこんな感じ

習支援塾ビーンズ 外観

最寄りは飯田橋駅ですが、住所は新宿区。近いのは神楽坂……という立地です。

ランチは神楽坂が多いですね。

中はこんな感じ

なるべく塾っぽさをなくし、コワーキングスペースみたいにしています。

学習支援塾ビーンズの教室の様子。カフェのような内装です。

生徒・講師ともにリラックスして交流しやすいように、オープンなスペースを目指しています。

学習支援塾ビーンズ教室内写真

生徒がいるときの教室は、こんな雰囲気で、にぎやかです(笑)
※新型コロナウイルスの影響で、現在ビーンズではオンラインツールを利用した授業をメインに行っておりますが、この賑やかさをオンラインで再現しようとしています。

学習支援塾ビーンズ 教室内の写真

■代表 塚﨑から「こんな人と一緒に活動したい!」

続いて、代表の塚﨑からどんな人と一緒にビーンズを盛り上げていきたいかお話しさせていただきます。

一緒に活動したいのは「熱くて、やわらかい ひと」

◎熱くとは

・文化祭前日のように楽しく熱中して、結果を出す

・疑問を肚に貯めず、自由闊達に議論する

・自分が変化していくことを楽しむ

・子どもへまじめに向き合うこと
たとえば…「子どもにふまじめに向き合ったほうがいいときは、”まじめに”ふまじめに向き合う」

◎やわらかいとは

・優しい…他人にも自分にも優しいこと。「お互いさま」の精神を持って、仲間のミスを許せる人

・客観的…他人の目線に立って物事を見ようとすること

・違いを楽しむ…他人の意見を受け止め・多様な価値観を受け入れること

・かえりみる…自分が生徒のためにと考えた行動がうまくいかなった際、他のスタッフからの意見があった際、それらに対して耳を傾けること

「怒りっぽい人はNG」です

僕たちも生徒への教育上、効用があるときに、わざと厳しくたしなめることは確かにあります。
ですが、子どもに本心で怒っちゃダメです。

「あくまで教育的効果があるときに限り、演技で」ってことが条件です。
ビーンズは職員室がないオープンな環境で、常に生徒たちが周りにいます。
ナイーブな生徒もいるので、僕ら大人がどんな立ち振る舞いをしているかでダイレクトに影響されてしまう場合もあります。
生徒へイライラしない・感情をむき出しにして怒らないのは当然のことです。

またスタッフ同士で議論するときも、生徒たちに見られていることを意識する必要があります。
僕自身、教育に関しては、つい熱くなりやすいのですが 笑
塾内では「和やかに建設的に」「ちくちく言葉ではなく、ふわふわ言葉を!」を合言葉にしています。

「多様な価値観を受け入れられる人」

僕は「人はみんな、それぞれ違う教育の価値観を持っている」と思っています。
なぜなら、その人の教育における価値観は、その人が生きてきた経験や受けた教育によって形成される、と考えているからです。

時に、自分が持っている教育の価値観が、一緒に活動している仲間、あるいは目の前の生徒たちと合わないこともあります。
そんな時には、自分が持っている教育観を一旦、相対化できるかどうかを大切にしたいです
相手の価値観は自分のそれと、どこかどう違うかを冷静に見つめられることが非常に大事だな、と思っています。

「組織も個人も変化していく文化をつくりたい」

ビーンズは小さいチームですので、毎日が変化の連続です。
2020年から2021年の1年だけを切り取っても、大きな変化が立て続けにおきました。

開塾当初のビーンズは不登校の生徒たちをメインとし、個別指導と学習支援を軸に活動していました。
​しかし、塾へ来る生徒たちの層が変化するのにともない、僕たちの対応も変化していきました。
最近では、グループ授業が盛んになり、また居場所の実施にともない、生徒たちが主催する塾内イベントが次々に立ち上がりました。

新型コロナウイルスの影響でオンライン授業に移行せざるをえなくなったのも大きな変化でした。
確かに一時的に生徒たちとの接触頻度やコミュケーションの濃密さは落ち込みましたが、生徒たち自身がオンラインに慣れてくれたおかげで、個別指導もグループ授業も、そして「居場所」もオンラインで運営されるようになりました。生徒たちがオンライン上で集まって、企画案を練ったり、何かを一緒に作ったりしているのは、そばで見ていて大変心強いと思っています。

このように、たった1年でも様々な変化がビーンズにはありました。
こういった日々の変化を楽しめる方に、ぜひビーンズの仲間になってほしいです。

「生徒たちがタフな状況にあっても、安定してドライに笑顔で対応できる人」
「自分と違う意見に接しても「こういう意見もあるんだなぁ」と思って聞ける人」
「チームと一緒に自身が変化し続けることを楽しめる人」

僕は、こういう方がビーンズに向いていると思いますし、このような方と一緒に活動したいと思っています。

学習支援塾ビーンズのインターンだからこそ経験できることがあります

圧倒的意識の高さ、圧倒的成長

文章だけでは伝えきれないことも多いのですが「ビーンズでの活動って、おもしろそうだな!」と思われましたら、まず、こちらの記事をご覧ください!

あなたのご応募、お待ちしています!!

今回の記事は参考になりましたか?

【採用】学習支援塾ビーンズの未来の仲間へ。採用について最初に読んでもらいたい記事はこちら

【採用】ビーンズのスタッフになりたい方へ

ページ上部へ戻る