ニュース & ブログ- News & Blog -

大学生のみなさんへ ビーンズのインターンはキャリアも青春も、真剣です!

採用

大学生のみなさんへ ビーンズのインターンはキャリアも青春も、真剣です!

大学生のみなさんへ ビーンズのインターンはキャリアも青春も、真剣です!

コロナの影響もあって、大学生のうちにキャリアをどう作るか。端的に「ガクチカ(「学生時代に力を入れたこと」の略)を作らなきゃ……!」と悩む人、多いですよね。

この記事は、ビーンズのインターンに参加するかどうか関係なくキャリアやガクチカに悩む方へ向けて書きました
キャリアとガクチカを真剣に考えるあなたに読んで欲しいです。

「ガクチカ3条件」(TSM)

ビーンズでは、大学生のみなさんのキャリアを考える際『キャリアコンピテンスピラミッド』(CCP)という考え方をお伝えしています。

キャリアコンピテンスピラミッド CCP 学習支援塾ビーンズ)

このCCPは、ビーンズの生徒向けの自己分析メソッドを応用したもので、みなさんが自分のキャリアを考える際や就活を準備するときにベースとなる概念です。
CCPの中で、特に重視しているのが、二段目のTSM「ガクチカ3条件」です。TSMとは「Team&Training」「System」「Money」の頭文字です。
このTSMが、あなたが組織(会社、行政、非営利組織などあらゆる集団)に参画(就活)しようとする際、組織側があなたを評価する項目となります。

  • Team&Trainingとは、チームメンバーを育成し、チームをつくる経験です
  • Systemとは、活動の仕組みを理解し、仕組みを作る経験を積むことです
  • Moneyとは、チームの収支を意識しながら、チームで活動することです

TSMのどの内容も、あるチームに深くコミットすることで得ることができます。具体的に言うとリーダーとしてチームで活動することです。
チームへ深くコミットし、リーダーとしてチーム全体を見渡すと、そのチームについて深く理解できます。
そのチームへの深い理解が、チームの活動の仕組みをつくったり、チームのお金について考えたりする機会に自然とつながっていきます。
(ビーンズのインターンも、このTSMが自然に揃うように設計しています)

行動力のある人が陥るバッドサイクル

この記事をご覧になっている方は、きっと「少しでも社会に貢献したい」と思っている方で、行動力もある方…… ではないでしょうか。
この記事をご覧になっている時点で、複数の団体に所属している方もいるかもしれません。
そんな方々に向けておせっかいとは思いますが、ガクチカを作る㊙テクニックをお伝えします!
まずは、避けたい「バッドサイクル」から。

やりたいことがしっかりある人で、かつ行動力がある大学生のハマりやすいバッドサイクル。
それは、TSMを得るまでのタイムラグに耐えられず、違うチームに次々コミットしてしまうことです。

詳しく説明します。
どんな組織やチームであっても、業務に慣れ、業務全体を見通すのには時間がかかります。
そのタイムラグに耐えられず、違うチームに参加すると、当然ですが違うチームでも業務に慣れ、業務全体を見通すのにはやっぱり時間がかかります。
ここで「このチームも本当に自分に合っているかどうか分からないから、とりあえず浅くコミットしておこう(他のチームにもコミットする余力を残そう)」と思ってしまうと、どうなるか。

あなたが浅くコミットしている組織やチームが増えれば増えるほど、一つ一つのチームへのコミット量は物理的に減っていきます。
経験値の総量自体は増えますが、TSMは揃いません
そしてTSMが揃わないことでさらに焦り、また新しいチームにコミットしてしまう……。そして所属するチームが増えれば増えるほど時間がなくなり、一つ一つのチームへのコミット量はさらに減っていく…… これが行動力がある人が陥りやすいバッドサイクルです。

チームに深くコミットしてTSMを得る

ビーンズでインターンの皆さんにお伝えしている「ガクチカ」獲得までの流れをお伝えします。

一言でいうと、「ここだ」と決めたチームに最低6ヶ月の間フルコミットする。そしてTSMを獲得を目指す。です。

これは、ビーンズだけではなく、他のインターン、学生団体、サークル、アルバイトであっても、ガクチカ(TSM)を得るために共通する内容です。

STEP1:そのチームが自分の適性と合っているか、TSMを得られるかを見極める

まず、あなたが新しい団体(ビーンズのインターンも含めて)に参加する際、最初の1ヶ月でその団体を見極めます。

このタイミングで「このチームは合わないな」「このチームだと自分はTSMを獲得できないな」と直感が働いたら、すぐ撤退することをお勧めします。

ビーンズのインターンでは、参加1ヵ月後に「コミットメントセッション」と呼ばれる面談をおこない、インターンの進路の方向性や、キャリアについて相談する時間を設けています。

STEP2:自分がイキイキと活動できる団体1つにフルコミットする

そして、イケると思ったら半年間フルコミットします。

TSMを得るには(一つの目安として週10~19hのコミット量)約6ヶ月かかります。

ですから、半年間はフルコミットする。すると先ほどのバッドサイクルとは逆の現象が起きます。(下図を拡大して見てみてください)

ガクチカ グッドバッドサイクル

あなたとキャリアについて話したい

キャリアスケジュール(学習支援塾ビーンズ)

この図は、ビーンズ内で「キャリアスケジュール」、略して「キャリスケ」と呼ばれている、4年卒で日系大手を目指すの場合のスケジュール表です

ビーンズは、インターンに参加する方のキャリアにも真剣です。
その姿勢はインターン面接の時から一貫しています。
キャリスケを念頭に、今あなたが本当にビーンズのインターンに参加すべきなのか……? 他にベターな選択肢はないか……?
ということまでとことんお話しをします。

実はビーンズ、中学生・高校生の自己分析を極めた結果、大学生~社会人に対するキャリア相談の経験も豊富です!
その経験を活かし、インターンに応募してきた皆さんにも、出来る限りキャリアについて深いお話ができればと思っています。

とはいえ、青春したい!

さて、ここまでキャリアやガクチカについて書いてきましたが、この記事を読んでいる方の中には(コロナの影響もあり)青春をやりきれていなーい!っていう人もいらっしゃると思います。(というか、当然多いと思います)

ビーンズのインターンではガクチカを目いっぱい得るためには、目いっぱい青春する必要があると真剣に考えており、「癒しと、遊びと、熱い青春を水平線に並べる」を合言葉に日々、活動しています。

学習支援塾ビーンズ インターン 食事会

ビーンズのインターンをもっと知りたい

そもそもビーンズって何を目指しているチームなの?という方は……

ビーンズのインターンについてもっと知りたい!という方は……

もし、ビーンズの中の人と直接話してみたい!という方は、ビーンズのインターン・プロボノの応募はこちらからご応募ください。

選抜のある面接という形式にはなりますが、ビーンズの自己分析スタイルに則ったフォームへの入力、そして面接でお話しをする中で、皆さんご自身のキャリアの方向性が少し見えるかもしれません。
(皆さんスッキリして帰られます 笑)もちろん、あなたがビーンズのチーム文化とフィットすれば、インターンとして活躍してもらうのも歓迎です!

ここまで、お付き合いいただきありがとうございました。コロナの影響で思い描いていた学生生活や活動ができず、悩んでいる大学生も多いと思います。
あなたがキャリアを考える際、この記事が思考の補助線の一つになってくれれば嬉しいです!

余談 ビーンズメソッドの学びは就活につながる

余談ですが、ビーンズメソッドの学びは就活にも使えます。
というのも、ビーンズメソッドは自己分析ESの書き方まで網羅されているからです!

学習支援塾ビーンズ 自己分析 マインドマップこういうマインドマップを書く……のは、ビーンズの自己分析の一端に過ぎません。このネタを出していくまでのマインドセットこそ本質です!

ビーンズメソッドってなに?という方は…
講談社FRaUさんで、ビーンズメソッドの内容が前後編で詳しく掲載されています。

10代の心をフリーズさせるもの…不登校専門塾が教える「大人がやってはいけない」こと

生きる重荷を軽くしたい…不登校専門塾が提案する“子どもを幸せにするための法則”

10代の心をフリーズさせるもの…不登校専門塾が教える「大人がやってはいけない」こと

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

大学生のみなさんへ ビーンズのインターンはキャリアも青春も、真剣です!

大学生のみなさんへ ビーンズのインターンはキャリアも青春も、真剣です!

ページ上部へ戻る