ニュース & ブログ- News & Blog -

「悩める10代」へのサポート方法「ビーンズメソッド」が集英社新書に取り上げられました!

メディア実績

集英社新書『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』(撮影 学習支援塾ビーンズ)

「悩める10代」へのサポート方法、「ビーンズメソッド」が集英社新書に取り上げられました!

不登校・無気力などに悩む10代との対話方法から受験指導方法をまとめたビーンズメソッド集英社新書不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたときにて取り上げられました。

同時に、学習支援塾ビーンズ初となるプレスリリースを出しました。
【不登校】「悩める10代」へのサポート方法、「ビーンズメソッド」が集英社新書に取り上げられました!【新刊】

本の著者、おおたとしまささんについて

教育ジャーナリスト。著書は『ルポ名門校』『ルポ塾歴社会』『ルポ教育虐待』『中学受験「必笑法」』『ルポ父親たちの葛藤』など70冊以上。
著書一覧:https://amzn.to/2QyqXdk
対談等の動画:
おおたとしまさ氏☓高濱 正伸「家でダラダラしていてやる気がありません。(中学生男子)」【子育て1問1答】
「子どもが身につけるべきスキルとは?」りゅうちぇる氏、育児・教育ジャーナリスト おおたとしまさ氏らが徹底討論!

取材は、オンラインでのインタビューと学習支援塾ビーンズの教室でのインタビューの二回おこなわれました。
教室でのインタビューでは当初の予定時間を大幅に超えて、丁寧にスタッフの話を聞いてくださりました。
また、おおたさんの雰囲気に惹かれ、生徒たちも気づけば会話の輪に参加していました。
集英社新書『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』著者 おおたとしまさ さん 学習支援塾ビーンズ

『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』の内容

『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』の第2章 居場所・塾・ホームスクールにて、悩める10代を傷つけることなく、無理なくサポートできるビーンズメソッドの内容を端的にかつ、分かりやすく説明していただいています。

ビーンズメソッドについて本書の中で

子どもたちの内面をよく観察し、分析していますし、そこに対する手当てを、いちいち 具体的な例を挙げて説明してあります。その中身は、私の取材経験や心理カウンセラーと しての知識と照らし合わせても、「そうそう!こういうことを、子どもたちに関わる大 人たちには知っておいてほしいのよ!」とひざを打ちたくなるものでした。いわば「一〇 代のトリセツ」です。よくぞここまで精緻に言語化したなと、私は思わず感嘆の息をもらしました。しかも、 借り物の理論を下地にしてアレンジしたのではなく、自分たちで試行錯誤を重ねて得た知 見を一つ一つ積み上げてこれをつくりあげたというのですから、驚きです。
引用:2022年 集英社新書 おおたとしまさ『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』第2章 居場所・塾・ホームスクール 117P

と褒めていただいたのは、本当に嬉しいです!

また、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」への出演経験もあるカリスマ数学教師・井本陽久さんが主宰される「いもいも 森の教室」など、学校以外の先進的な学びの場や、不登校の中学生・高校生の葛藤を受け止め、生徒ひとりひとりを大切にするフリースクールや学校の様子も多数紹介されています。しかも、どの団体・学校さんも単に学校情報だけが羅列されている……ではなく、どんな先生方が、どんな想いで運営しているか、どんな言葉を語っているか。なによりそこに居る子どもたちの様子はどうかが分かります。
「ああ、この現場に遊びに行きたいなぁ」
「ここの先生方と朝まで語りたいなぁ」
と感じました。

とはいえ、これだけたくさんの素敵な団体・学校さんがあって(かつ少子化が進んでいるにもかかわらず)「悩める10代」の課題は解決に至っていないということも、また大切なポイントだと感じています。

『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』の内容を知りたい方へ

『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』の内容は、WEBメディアでも取り上げられています!

東洋経済オンライン不登校を救う「学校だけに頼らない」学びの環境』では、ビーンズが考える”自立の意味”が掲載されています。

講談社FRaUでは、ビーンズメソッドの内容について前後編で掲載されています。
10代の心をフリーズさせるもの…不登校専門塾が教える「大人がやってはいけない」こと
生きる重荷を軽くしたい…不登校専門塾が提案する“子どもを幸せにするための法則”

ビーンズのチャレンジ「ビーンズメソッド」を広める

先日ビーンズもついに7歳(創業から7年)になりました。とはいえ、まだまだ7歳の子どもです。ここから大きくなって、「悩める10代100万人」をサポートできるような立派な大人になるまでには、チャレンジを続けていく必要があります。

ビーンズの次のチャレンジは、「ビーンズメソッドを全国に広げる」ことです。

増え続ける「悩める10代」の対応に、保護者も教育関係者も困惑しています。

以下はビーンズの生徒の特徴なのですが……
近年注目を浴び、普及しつつある「アクティブラーニング」や「アントレプレナーシップ教育」。しかし、悩める10代にとって、このような先進的な教育カリキュラムは、「(いきなり)主体性を求められすぎてキツい……」と感じてしまうことが多いです。
※もちろん、元気になった中学生・高校生にはフィットする場合もあります……!

また、カウンセリングや療育といったサポートも、「自分が落ちこぼれ扱いされている感じがする……」と利用を敬遠してしまうケースも多いです。
※もちろん、カウンセリングや療育の手法が絶対に必要になるタイミングもあります!

このようなビーンズの生徒の特徴は、全国の悩める10代に広くあてはまるのではないかと考えています。
彼らには、既存の画一的な教育スタイルはもちろん、アクティブラーニングも、カウンセリングや療育もフィットしないことが多いのです。

そこで、メディアの皆さま(もしかしたら保護者さま)のお力を借りて、「ビーンズメソッド」を、悩める10代への対応に悩む、全国の保護者・教育関係者に紹介・提案していく活動を開始します!

引き続き、ビーンズは取材や講演のご依頼を積極的に承っております。ご依頼やご相談はコチラのフォームからお気軽にお問い合わせください。
(過去の取材の実績はコチラ

不登校・無気力・勉強嫌い・親子間トラブルなどなど……私たちがお伝えできることはたくさんあります!
「ビーンズメソッドで捉えた悩める10代の特徴」「悩める10代をサポートするために、明日から役立つ考え方・言葉がけ」など、内容も濃いものをお届けします。
ぜひご期待ください!

今回の記事は参考になりましたか?

「悩める10代」へのサポート方法「ビーンズメソッド」が集英社新書に取り上げられました!

集英社新書『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』

ページ上部へ戻る