ニュース & ブログ- News & Blog -

教育アドバイス

不登校になって昼夜逆転した子どもを健康的な生活に戻して元気になってもらう方法とは

こんにちは! 学習支援塾ビーンズです。

不登校になった子どもの保護者様から受ける相談の多くに、「子どもの昼夜逆転」という問題が共通して見受けられます。

そこで今回の記事では、不登校になった子どもが昼夜逆転して、夜型の生活になって朝が弱くなってしまった場合に、保護者さまが取るべき対策について、話をさせて頂きます。

不登校になって昼夜逆転した子どもを健康的な生活に戻して元気になってもらう方法

まずは子どもの状態を見極めよう!

子どもが昼夜逆転してしまった時は、まずは子どもの状態を正しく見極めるようにしましょう。

朝が弱くなってしまった子どもの特徴は、大きく2種類に分かれます。

朝が弱い子どもの状態は大きく2種類!

1.好きなイベントの時は、朝きちんと起きられる状態

2.好きなイベントの時でも、どうしても起きられない状態

好きなイベントとは、たとえば買い物やお出かけなど、外でのアクティビティのことです。

学校に行くことは難しくても、友達と遊びに行く予定だったり、家族で旅行をしたり、そんな楽しい予定の時にきちんと起きられる子どもの場合、ちゃんと手順を追った対応をすれば、生活リズムも改善していきます。

ただし、好きなイベントがあっても、どうしても起きられないという子どもに対しては、無理に改善しようとなさらないでください。この場合、スリープクリニック(睡眠外来)など、医学的な相談も視野に入れていいかもしれません。

まずは子どもがどちらのタイプなのか、慎重に見極めるようにしてください。

生活改善はステップバイステップで段階を踏むこと!

楽しい予定の時は、朝が早くても起きられる子どもたち。

そんな彼らが、いざ学校があると起きられなくなってしまう理由は、ほとんどの場合、ストレスが大元の原因となっています。

「学校に行かないといけない」
「学校で勉強をしないといけない」
「みんなと同じように学校へ行かないといけない」

そういった考えが悩みとなって頭の中で大きくなってしまい、体と心のバランスを崩してしまって、朝に起きることができなくなってしまいます。やがて昼に起きて、夜に眠れなくなり・・・と、悪循環に陥ってしまいます。

そんな時、どのように改善していけばいいかというと、以下の2点がポイントになります。

生活改善をするための2ステップ

1.子どもたちのストレスを減らす
子どもたちは自分自身でも「学校へ行かないといけない」と強く思っています。そこへ保護者様も一緒になって「みんなと同じように学校へ行かないと将来真っ暗だよ!」といった追い打ちのような言葉を投げかけてしまうと、子どもはさらにストレスを感じてしまい、心に負担がかかってしまいます。そのようなことにならないよう、保護者様は学校へ行くことを強要するのでなく、「明日は昼に出かけてみようか」など、いっそ子どもの楽しみになるような外出イベントを親公認で予定に入れたりして、まずは生活リズムを直すところからスタートしましょう。

2.生活の改善は少しずつやっていく
「明日から毎日7時起き!」といったように、高い目標を掲げると、子どもは長続きしません。それどころかストレスを感じてしまい、余計に起きれなくなってしまうかもしれません。また、親の言う通りにできない自分自身にストレスを感じて、「どうせ自分はダメ人間だ」というように、さらに自己否定感を強めてしまい、悪循環になってしまいます。遅寝遅起を改善する際は、「昼起きを少しがんばって10時起きにしよう!」など、ちょっとずつ進めるようにしましょう。

不登校になった子どもたちにとって、早寝早起の大きな障害は、「通学しなくてはいけない」という、脅迫観念です。

「学校に行きたくないな・・・」と思って夜に寝られず、「学校に起きないといけない・・・」とストレスに感じるから朝に起きられません。

まずは子どものストレスを緩和し、不登校という問題を横に置いて、健康面を最優先して、早寝早起という生活リズムを戻すところに注力して改善するようにしてください。

生活リズムが戻ってきたら自尊心を回復させよう!

不登校になって、「学校に行けなくなってしまった自分はなんて情けないやつだろう・・・」と、自尊心や自己肯定感の少なくなってしまった子どもにとって、昼間に起きているのは相当につらいことです。

なぜなら、皆が通学している学校生活を送っているとき、自分だけ仲間はずれになっているような疎外感を強く持ってしまうためです。これは性格が真面目な生徒ほど、よけいにショックを受けやすいです。

こんな時、どうすればいいかというと、まずは子どもたちに自尊心を回復してもらって、「今は学校に行くことが難しい状態だし、通学してもいいし、しなくてもいい。それより、学校に行かない時間を使って、体力をつけたり、自分の好きなことをやるようにしよう」と思わせたほうが、昼間にきちんと活動できるようになっていきます。

また、この自尊心をうまく回復していくと、生活リズムの改善だけでなく、「不登校」という問題自体の改善にもつながることは、ビーンズの授業カリキュラムで説明している通りです。

▼不登校・ひきこもりを改善するために必要な第一歩は「生徒の自尊心を回復すること」!
https://study-support-beans.com/blog/self-esteem/

▼学習支援塾ビーンズの授業紹介 ~ 生徒の自尊心を回復するワーク~
https://study-support-beans.com/blog/studycare_11/

生活リズムの改善には夜にきちんと寝る努力が大事!

子どものストレスに感じる心をほぐす方法は前述の通りですが、しかし、生活リズムを改善するためには、結局のところ「早寝」ができないといけません。

子どもに限らず、大人だって、朝方まで活動したら、翌日に早く起きることは難しく、健康も崩してしまうからです。

一説には、22時~午前2時が眠りのゴールデンタイムと呼ばれて、この時間に寝ると、成長ホルモンが出て、体力の回復ともに、心理的ストレスも緩和されやすいとされています。

このゴールデンタイムに睡眠をしっかりとるためには、それまでの間に、きちんと疲労して、眠るための工夫をしておくことが重要となります。

ゴールデンタイムに寝るためのコツ

1.頭を使う
20時くらいまでに、読書をしたり、ちょっと問題を解いてみたり、「考える」という行動をしてみましょう。

2.体を使う
夕方~夜の間に20~30分ほど散歩で良いので、近所を歩くように促してみてください。身体を疲れさせて、体温を上げる時間を持つことは睡眠において重要となります。

3.風呂で休まる
一日のリズムを整える上で、風呂は欠かせません。睡眠の2時間前までに、湯船に浸かって、しっかり暖まって体温を上げて、その後、体温が下がったところで布団に入るようにしましょう。

注記としては、夜の22時以降、子どもたちにパソコンやスマホに触れさせないようにすることも重要です。ブルーライトは目から脳を刺激して、睡眠の妨げとなってしまうからです。

「スマホをやりたいなら、明日にしなさい!」と、夜の間だけ徹底することも大事です。(この時、取り上げたまま翌日も返さないような一方的な行為をすると、子どものストレスが膨らんで状況が悪化してしまう可能性もありますので、きちんと生活リズムを戻すためだと伝えて、夜の間だけ没収という約束をきちんと交わすようにしましょう。)

まとめ:生活リズムの状況改善の流れ

まとめると、ビーンズの考える状況改善の流れと保護者様のやるべきことは、以下の通りです。

状況改善の流れ
・子どもが昼間に楽しく活動できるように働きかける
・状況改善のために活動できる時間を物理的に増やす
・健康的な生活と、抑圧しない環境を作り、子どもの自尊心を回復させていく
・自尊心が回復すると「これからどうしようかな」と進路を考えるようになる
・子どもが自分のことを改善したいというサインが出てきたら、保護者も一緒になって、進路を考えていくようにする。(この時、復学できそうなら復学でも良いですが、また揺り返す危険もありますので、ビーンズとしては、このタイミングで塾へ来て頂けると、より改善が進みやすくなります。)

昼夜逆転改善のために親がすべきこと
・子どものストレスを減らすべく「学校は行ってもいい、行かなくてもいい」と繰り返し伝える
・昼間に子どもが起きる「動機」を提案する(ランチ、映画、野外でのアクティビティなど)
・子どもの自尊心をゆっくり取り戻させていく
・生活リズムが改善して、子どもが「なにかしなくちゃ」と考え出すサインを見極める
・今後どうするかを一緒に考えていく。

子どもの進路が心配なあまり、「学校へ行きなさい!」、「みんなと同じようにしなさい!」、「将来どうするの!」、「このままじゃ将来真っ暗だぞ!」と感情的になってしまう保護者様の気持ちも分かりますが、しかし、そのように追い詰めても、状況は改善しません。

生活リズムや不登校の問題は、ステップバイステップで着実に進めていくことが効果的であって、急かし過ぎても逆効果になってしまうことがほとんどです。まずは子どもの体調・自尊心を回復することが優先ですので、気持ちを大きく持って、一緒に改善していくようにしましょう。

進路の話は、子どもが元気になった後に切り出すようにしてください。

▼不登校改善についてもっと知りたい方はこちら

新学年・新学期、子どもが不登校になって学校に行かなくなった時の3つの対策

まとめ

生活リズムの乱れと、不登校の問題は、密接な関係にあります。

ただ、ほとんどの場合、どちらの改善方法も同じことです。ステップバイステップで接していって、まずは子どもの自尊心の回復をしていくように気をつけましょう!

✔ ビーンズへ相談したい方はコチラ

TEL : 03-6380-2705 (11時~21時/日曜は定休日)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付中)


授業・料金のご案内はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る