ニュース & ブログ- News & Blog -

卒業インタビュー! 左近さんにビーンズ・インターン活動の感想を伺いました

講師たち

先日、ビーンズのインターンスタッフ・左近さんが卒業されました。アメリカの大学に通っている彼女は、一時帰国中にインターンとして活動してくれました。

今回は、そんな左近さんに、アメリカに旅立つ前に、ビーンズでの活動を振り返ってインタビューに答えていただきました。これからビーンズで活動してみたいなと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

【左近さんのプロフィール概要】

学歴・経歴:Hope College (アメリカ ミシガン州) ・初等教育、スペイン語教育
趣味・特技:映画鑑賞、魚釣り、散歩

左近さんに卒業インタビュー!

ビーンズへ参加したキッカケ

ビーンズへ参加したきっかけは、高校2年生の夏から米国に留学し、米国流の教育システムを実体験したことです。

当時の私は内向的な性格の上に英語でのコミュニケーションがほとんどできず、自分に絶対的な自信があり、自己PRをすることに長けているアメリカ人の中で、彼らのようにPRできるものがなく英語が話せないことが悩みでした。しかし、日本ではコンプレックスだったことが評価されたり、必修科目としてスペイン語を習う過程で、日本語を知っていることがプラスとなったりする経験をして、自分のユニークさが役に立つことに気づき、自信がつきました。

スペイン語を習い、他の外国人と交流する中で日本での「当たり前」や常識が通用しないことを知り、多様性に興味を持ちました。「大学では米国流の教育と福祉を学び、将来は語学を教えることで居場所や価値観が一つではないことを伝えたい」と思い、Hope Collegeへの進学を決めました。

大学に入り、米国での教育学を学んでいく中で、日本の教育の良さと共に問題点を考えることが多くなり、今夏、日本に一時帰国できる機会を使って「居場所支援」を大事にしているビーンズでのインターン活動に参加することにしました。

インターン活動での取り組み

インターン活動では、生徒の話を聞きつつ、私自身の経験や進路、考え方を共有しました。彼らが将来を考える時に、一つでも多くの選択肢や可能性があることを知ってほしいと思ったからです。

生徒たちと関わっていく上で、塾長や講師の方々、他のインターンの方たちとのコミュニケーションや議論はとても役に立ちました。様々な立場からの視点を知ることで生徒との関わり方も豊かになりました。

インターン活動で、特に印象に残っている場面

インターン活動で特に印象に残っているのは、生徒一人一人との時間です。ビーンズには多趣味な生徒が多く、彼らとの時間は学びが多かったです。私自身の世界も広げられました。

例えば、動物が好きなある生徒はチーターとヒョウの見分け方を教えてくれました。音楽が好きな別の生徒は、私の好みも聞きつつ、新しいジャンルの音楽をたくさん紹介してくれました。また、絵の上手い生徒に似顔絵を描いてもらったり、たくさんの生徒たちにあだ名を考えてもらったり、紹介記事「まめたち」(左近さんの「まめたち」にリンク)を書いてくれた生徒と関わる機会を与えられたりと、嬉しいことも多かったです。

インターン活動で超えた「課題・カベ」について

私にとって一番大きな課題は、短い期間でなるべく多くの生徒たちと関わり、信頼関係を築くことでした。

1か月という限られた期間でのインターン活動だったので、最初は生徒たちとどのように関われば良いのかわからず悩みましたが、週末に行われるインターン同士での会議や閉塾後の会話の中でアイディアをもらい、生徒と同じ空間にいることを心がけるようにしました。

これからビーンズはどんな塾・居場所になってほしいか

常に新しいことに挑戦し、前に進んでいるのがビーンズの大きな魅力の一つだと思います。これからのビーンズは多様な生徒の居場所の一つとなってほしいです。また、将来、生徒たちが振り返った時に、ビーンズでの体験が、外での経験と自分とをつなぐ大事な点の一つとなってほしいです。

これからビーンズにくるインターン生に一言

ビーンズのインターン制度は、これからどんどん成長していくと思います。ビーンズの塾長をはじめ、講師、スタッフの方々は、インターン一人一人の考えやアイディアを真剣に聞き受け止めてくれます。また、生徒との時間は、たとえ雑談でも濃く、学びの連続です。私の活動は1か月という短い期間でしたが、最初の頃からは想像できないくらい楽しく、尊い時間を過ごすことができました。

子どもたちへのメッセージ

ビーンズは違いが尊重され、受け入れられる場所です。コンプレックスや短所だと思っていることもプラスになり、コミュニティーの一員として受け入れてくれる場所です。また、居心地の良さの中に、生徒一人一人と本気で向き合ってくれる大人がいます。学年の違う生徒たちの仲もよく、個性を受け入れられるのがビーンズの最大の魅力だと思います。

おまけ

先日、生徒が左近さんにインタビューして、自作の新聞記事でまとめてくれました!

インタビュー企画「まめたち」第三回 ~インターン左近さん~
https://study-support-beans.com/blog/mametachi_3_sakon/

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

卒業インタビュー! 左近さんにビーンズ・インターン活動の感想を伺いました

ページ上部へ戻る