ニュース & ブログ- News & Blog -

就職面接のコツ
面接直前の準備について詳しくお伝えします!

教育アドバイス

こんにちは。ビーンズ塾長の塚﨑です。今回の記事は「就職活動の面接」がテーマです。 
就職活動では必ず面接が実施されます。

「人前で話すことが苦手…」
「緊張する…」
「何を話せばいいのか分からない…」
「いきなり質問されると頭が真っ白になる…」

こんな学生さんのために、本記事ではビーンズが大学生の就活サポートの中で指導している「面接のコツ」についてお伝えします。

今回の記事の「面接の直前にやってほしいことのリスト」は、総合型選抜(旧AO入試)都立高校チャレンジスクール入試の面接にも通じるコツですので、就活生に限らず、面接を控えている方へ読んで欲しいです。

ビーンズが教える面接のコツ!

なぜ、僕(塚﨑)から面接について、お話しするかというと、「僕が面接される側と同時に採用する側も両方やっているから」です。
会社のトップとして「面接する側」として、そして一参加者としてビジネスコンテストやアクセレータープログラムの面接(プレゼン)に挑戦する場合も多いです。


(ビジネスコンテスト・アクセレータープログラムの面接に挑戦する こんな感じです…)
そして、面接・プレゼンでは、めちゃ突っ込まれるという(イメージはこの記事をご覧ください)
この両面どちらも経験し続けているからこそ、皆さんへ伝えられることがあると思います。

【ポイント1】
面接官と仲良くなることをイメージする!

面接の大事なポイントは、「面接官と仲良くなること」です。

面接官が見ているのは、
「長く会社で働いてくれるか・すぐに辞めないか」
「今いる会社のメンバーと上手くやれるか・仲良くしてくれるか」

一言でいえば面接官に「こいつと一緒に働きたいな」と思ってもらえれば、面接は突破できます!
(大学や高校入試で面接がある人は「この子を学校に入れたら、学校が面白くなるな!」と面接官に思ってもらえれば勝ちだと思ってください)

面接官から「こいつと一緒に働きたいな」と思ってもらうためには・・・

「なんとなくだけど、こいつ、良さそうなやつだな」
「職場にいると真面目で明るそうだし良いかもな」
「根性ありそうだし、がんばってくれそうだな」

こんな風に思ってもらえたら、その面接は良い評価を得られます。逆に、「こいつとは一緒に働きたくない」と思われたら、不採用となってしまいます。

面接官と話す時は「相手と打ち解けたい」という気持ちを持って接することが大事です。
たとえ質疑応答メインの会話であっても「なんで、こんなに質問されるんだろう。私、信用されていないのかな?」などと思う必要はありません。

その理由を説明しますね。
まず、就職活動の面接が大学入試や高校入試の面接と違うのは、面接へ行く瞬間に「既にあなたは書類選考は受かっている」と言う事実があります。
面接官は基本的に会社の中でも重要なポジションの人(偉くて、仕事ができる)が担当します。つまり超忙しい人です。
その超忙しい人が「書類だけだけど、この人(あなたですよ!)、一緒に働いたら楽しそうだな!」と、あなたのことを期待して面接に臨んでいるのです。

すごく大切なことなので念を押して伝えたいのですが、超忙しい人である面接官は無駄な時間を過ごしたくありません。

面接だけで最低でも30分。前後の準備やメールも含めれば優に2時間以上は、すでに面接官はあなたために使っています。
そして、もし、あなたを採用しない場合、その時間は無駄になってしまいます・・・

だから面接官は、あなたが「一緒に働きたいなと思える人であってほしい」と願っています。できれば不採用なんてしたくありません。
面接で色々なことをあなたに聞くのは、確証がほしいだけなんです(なんだか恋愛みたいになってきましたね・・・)。
圧迫面接は、あなたの「ストレス耐性」を面接官にチェックされているという、別の心構えをしておく必要がありますが、本質は同じです。

「東大生の就職難」という問題

その昔、バブルの頃は「有名大学にさえ入学しておけば就職は引く手あまた」という時代もありましたが、今は「東大生の就職難」というニュースがあるくらい、常識が違います。たとえ、有名大学に所属していても、会社から「元気ないし暗そう」、「うちの職場(会社)には合っていない」などのように判断されたら、それだけで不採用になってしまいます。

このように、今の就職活動は、「人間性」が大きく評価される一面がありますので、「大学に行って勉強さえしておけば大丈夫だろう」と考えている方は、すぐに認識を改めるようにして欲しいと思います。納得しがたい人もいるかと思いますが、たとえ学校の成績が悪くても、採用試験の一本勝負で内定が決まる人も少なくありません。それくらい「人間性」は就職活動ないしは、社会において大切なことなのです。

【ポイント2】
面接は「相性」だと割り切ること!

就職活動において、「すべての会社から内定をもらえる人」というのは、ほぼいません。
たとえば同じ業界の会社をたくさん受けていても、「ここには受かったけど、他は落ちた」というケースは珍しくありません。

先ほど面接官は「今いる会社のメンバーと上手くやれるか・仲良くしてくれるか」を重視していると言いました。
僕(塚﨑)も経営者として採用・不採用を決めることがあります。そのとき、最後に決断するときは、その人の能力よりも(ましてや学歴よりも)「今いる会社のメンバーと上手くやれるか・仲良くしてくれるか」といった「会社との相性」の部分だったりします。

つまり、面接の心構えとしては、一度失敗したからといって「私の能力が足りないからだ」とか「学歴が・・・」など過度に悲観的になる必要はありません。

「この会社とは相性が悪かったんだな」と淡々と捉え、その上で「今回の面接では何がダメだったんだろう?」と、次の面接に向けた自分自身のフィードバックについて、建設的に考えていくことが大切なのです。

<面接の心構えのポイント>
・すべての会社に合格する人間はいない
・失敗しても「その会社との相性が悪かっただけ」と考えて、落ち込まない
・もしダメ出しがもらえたら、それは(めちゃ)貴重なアドバイスなので、次に活かす
・圧迫面接は、面接官が志願者のストレスに強いかどうかを測るためにわざとやってる。こちらは「フーン」と真にうけない

【ポイント3】
面接の練習は「動画撮影して何度も見る!」


(写真のWEBカメラは高級品です。もっと安いカメラでも大丈夫!)

ビーンズでお伝えしている面接の練習方法に「動画撮影」があります。
できれば最初の面接をする前に、必ずやってみて欲しいことの一つです。なぜかというと、ほとんどの学生が「自分って、こんなに印象悪いんですか・・・?」と、ショックを受けるからです。

<面接練習を動画撮影して分かること>
・自分では愛想良くしているつもりが、とても無愛想
・自分ではしっかり話しているつもりが、声に覇気がない
・自分ではちゃんとした姿勢のつもりが、猫背
・話している途中で視線が泳いでいる
・突然の質問で困った時の動揺がすごい
・全体的に自信がなさそう

動画を一回見るだけでも、面接における問題点や修正点が明らかになります。

今はパソコンでもスマホでも、お手軽に動画撮影することができますので、家族や友人などに面接官をやってもらうよう協力をお願いして、ぜひ自分自身の面接の様子を映像化してみましょう。

・・・と言っても、皆、やらないんですよねぇ・・・「自分が一生懸命喋っているところを動画を撮って後で見る」ということの恥ずかしさは100%理解するのですが、僕(塚﨑)は「自分自身が他人からどう見られているかを知らないまま」暮らしていくほうが恥ずかしいと思うんですけど・・・

ですので、面接練習をする人へ練習の様子を動画で撮ることをお勧めするときは「自分自身が他人からどう見えるかを知って、もし他人から見える自分の姿が、自分が表現したい自分らしさとズレていた場合、そのズレをなおせるので、よくないですか?」と伝えています。

他にもいろいろなコツが、こちらの記事で紹介しています。都立高校受験での面接のコツとなっていますが、就活の面接でも大事なポイントばかりなので、ぜひ!

【ポイント4】
面接直前準備 鬼十条!

面接前日~当日の心得を十箇条にまとめました。

<ビーンズ面接直前準備 鬼十条!>
一 前日までに会場までの行き方を調べ、なんなら会場へ実際に行く
二 財布には1万円(現金1万円の安心感が大事)
参 スマホはフル充電。予備バッテリーも持つ
四 印刷した地図も携行する(当日のスマホ忘れ、紛失用)
伍 緊急時の面接相手の連絡先を控えておく(遅刻した時のため)
六 面接会場には、1時間前につくよう予定する
七 タクシーを使うことを躊躇しない。タクシーの中なら練習もできる
八 会場に到着したら近くを散歩し、喫茶店へ。気持ちを落ち着けておく
九 もし会場に入れるなら、会場でトイレをする。アウェイ感が減り、落ち着ける
十 面接開始までの待ち時間は、話す内容やプレゼンの暗唱をして待つ。面接直前が一番伸びる!

【ポイント5】
遅刻しそうになったら?

面接の日は、絶対に遅刻をしないよう、きちんと一時間前行動を心がけて行動するようにしましょう。

とはいえ、実際に就職活動をしてみると分かりますが、面接当日、時間ギリギリにダッシュで会場へ向かうような学生も、じつは少なくありません。
ただ、こうなってしまうと、焦りや不安で、実力を発揮できない可能性があります。面接の際はきちんと早め早めの行動をするようにしましょう。

無断で遅刻は一番ダメ!です。
遅刻しそうになったら、どうするかのコツをまとめました。

①「時間ヤバいな…」と思った時は、迷わず連絡する

②遅刻せざるを得ない状況になってしまったら、最初は必ず電話連絡
 そして、潔く「遅れそうだ」という事実を伝えましょう。

③電話がダメならメールかチャットの順です。
(当日になって「先方の連絡先が分からない!」なんてことがないように、窓口の連絡先を事前にメモしておくことが大事です)

【ポイント6】
遅刻はチャンス?

事前連絡をしてからの遅刻であれば、チャンスは残っています。
貴重な面接の練習として割り切ることもできますし、絶対に諦めないようにしましょう。

上記したように面接官は今まであなたへかけた時間を無駄にしたくない=本当は入社させたいのです。

たいてい「それなら到着時間はどれくらいになりますか」、「別の日に再度お願いします」など、リスケ対応してくれることが多いです。

面接官によっては、「遅れてきた学生が面接に来るなら、より詳しく人間性をチェックできるな」と(内心)意気込んで面接することすらあります。
なぜなら志望者が遅刻することで、面接官は以下のような志望者の本質を見るチャンスを得るからです

・志願者が仕事で失敗したとき諦めないか

・志願者が失敗を素直を認め謝罪できるか

・志願者が失敗したときに、ストレスに強いか

上記はどれも社会人としてとても大事な要素です。
社会人になると、遅刻や失敗をすることはたくさんあります。
大事なことは、そこでストレスに負けて立ち止まらず、どう対応をして挽回するかです。
遅刻をしたら、あなたのその部分を見られていると覚悟して臨んでください!

大丈夫。まだチャンスはありますよ!

まとめ 面接へ向けたあなたへ

面接で大事なことは、「相手と打ち解けたい」と思う気持ちです。

が、それは思っているだけではダメです。

本当に相手と打ち解けたいと思いなら、身だしなみ、質問への受け答え、ちょっとした仕草、表情、話し方など、色んな場面で発揮される総合的な対話能力を磨く努力が必要です。(社会人は、具体的な努力ができる人を好みます。)

面接は最初こそ緊張するものですが、自分自身で改善していく意識を持ちながら練習を繰り返すことで、絶対に慣れていきます。
「ここはどうしても入社したい!」と考えている本命の会社があれば、その日に向けた面接スケジュールを組んで、より本番に近い環境でシミュレーションおよび練習しましょう。

繰り返しになりますが、面接は相性です

たとえ失敗しても、「私は面接が苦手」、「何回やっても上手くいかない・・・」と落ち込む前に、まずは自分の練習風景を動画撮影をしてみて、面接をしている時の自分自身の様子について見つめ直すことからスタートしましょう。

もし、自分では改善方法が分からないという方は、ビーンズにご相談頂ければと思います!

書いた人:塚﨑

今回の記事は参考になりましたか?

就職面接のコツ
面接直前の準備について詳しくお伝えします!

ページ上部へ戻る