ニュース & ブログ- News & Blog -

”学習支援塾ビーンズ”とは何か。何を目指し、何をしているのか。

学び治しの授業

 

学習支援塾ビーンズ マンション豊友 外観

”学習支援塾ビーンズ”とは何か。何を目指し、何をしているのか。

この記事は、ビーンズに興味を持たれた方へ向けて、ビーンズがどんな場所なのかを紹介する内容です。「ビーンズが何を目指して活動し実際に何をしているか」を塾長の長澤が語ります。

長澤啓(Nagasawa Kei)
学年ビリから二浪し東京大学へ​入学。ビーンズの活動が楽しすぎ、留年。経済学部経営学科卒。
ビーンズが積み上げてきたノウハウを「ビーンズメソッド」として文字化し、より洗練するのがメインのお仕事。さらに、親との衝突が絶えなかった自身の経験を活かし、保護者とのコミュニケーションにも注力。保護者さまと月100件以上やりとりをしながら、ビーンズ流の保護者さまサポートを拡充中。最近は副代表として、講師の採用育成プランの策定・外部協力者との渉外・経営企画までマルチにこなす。趣味はビールを飲みながら出汁巻き卵をつくること。

インタビュー/詳しい自己紹介
学校の勉強についていけなかった僕が東大に合格するまでと親と対立した日々について
勉強へのやる気が出ない中学生を変えるために親ができることを学習支援のプロに聞きました
プロに聞きたい!不登校や勉強嫌いな中学生・高校生が進路を選ぶタイミングで、親に何ができるの?

”ビーンズ”名前の由来

まず、学習支援塾ビーンズの名前の由来から話させてください。

”ビーンズ”とは、文字通り「マメたち」という意味です。

小さなマメがいくつもコロコロ転がっている……というイメージです。
どんな小さなマメ(ビーン)も、ジャックと豆の木のように空へ向けてどんどん伸びていきます。
同じように、どんなに悩んでいる中学生・高校生も変化し、それぞれの空(互いの幸福)へ向かっていくイメージ……。

いったん空に伸びた豆は必ず、今度は横につるを伸ばしお互いを支え合い、さらに空に昇っていきます。これがビーンズが複数形になっている理由です。

生徒たちが教室内で、そして教室の外で、お互いに支え合い、励まし合い、笑い合いながら、ともに空(互いの幸福)へ向かっていってほしい……そういう願いを込めています。

ビーンズのパーパスとミッション

なんだかんだで毎日楽しく生きていける人があふれる社会をつくる

これが学習支援塾ビーンズというチームの存在理由であり、ビーンズを運営していく目的(パーパス)です。

そして、この目的を達成するための中間目標として「悩める10代100万人とその横で泣いている保護者をサポートするというミッションがあります。

今、ビーンズがチャレンジしているのは「悩める10代100万人」課題の解決ため、10代のトリセツ・悩める10代のサポート方法をまとめた『ビーンズメソッド』をさらに洗練させて、世の中に広げることです。

ビーンズメソッドについて知りたい方は…
講談社FRaUさんで、ビーンズメソッドの内容が詳しく掲載されています。
10代の心をフリーズさせるもの…不登校専門塾が教える「大人がやってはいけない」こと
生きる重荷を軽くしたい…不登校専門塾が提案する“子どもを幸せにするための法則”
ビーンズメソッドの内容が端的にまとめられているので、おすすめです!

ビーンズが解決したい「悩める10代100万人」課題

私たちは目の前の生徒と全力で向き合い日々楽しくワイワイと奮闘しています。
しかし、日本全体をみると日本の中学生・高校生に関しての悲観的なデータが並んでいます。

以下は、東京都のデータです。不登校の生徒の数は増加の一途をたどっています。
東京都 不登校児童・生徒数の推移

また不登校の状態から学校への復帰率も近年は3割を超えることがないまま、推移しています。
東京都 不登校児童・生徒の学校復帰率
図の出典は東京都教育庁資料:『令和2年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査』について 

また、そのような状態の子どもと接する保護者さまたちの焦りや不安も大変深刻です。

学校に行かないことは不登校の真の問題ではない

「悩める10代100万人」課題
ビーンズは、子どもが学校に行かないことは、不登校の真の問題ではないと考えています。
言い換えると、「学校に通っていないこと、それ自体には問題はない」と考えています。

同じように
・学校に馴染めないこと
・勉強が嫌いなこと
も、それ自体は問題ではないと考えています。
ビーンズには学校に通っていない中学生・高校生で、楽しく「青春」謳歌している生徒もいます。

学校に行っていなくても、
「自分の好きなことを見つけて、仲間を集めてやってみよう」
「皆へ向けて発表しよう!」
こういったゆるい青春と熱い青春ができる人は後述する「悩める10代」には入らない……  というのがビーンズの考えです。
こういう10代たちは、自分の進路について前向きに考えることができます。
彼らは選択肢ときっかけがあれば、自分のやりたいことへ向かうことができます。
そして社会へ飛び立っていくのです。

ビーンズが考える不登校の真の問題

学習支援塾ビーンズが考える、「不登校の真の問題」とは、不登校をきっかけとして、子どもが不安と孤独になり、子どもが自尊心と自己効力感を失うことです。

詳しくいうと、「不登校」をトリガーとして、
・家庭での親子関係が(急速に)悪化すること
・社会に出ることへの不安が生まれること
・自身の進路について悲観的な考えを持つ状態に陥ること
・自ら社会との接点を閉じていってしまうこと
これらを不登校の問題として捉えています。

この自尊心を失い、社会に出ることに不安を感じ、自身の進路について悲観的な考えを持つプロセス」。これが日本の多くの中学生・高校生の解決すべき問題である。と、ビーンズでは考えています。

悩める10代とは

病気、経済的理由以外の理由で苦しむ10代を「悩める10代」と、ビーンズでは呼称しています。

悩める10代は「透明な存在」です。
学校教育にフィットしないから、学校では、サポートできない。
学校でないなら塾で勉強すればいいといっても、既存の塾もサポートできない。
だからといって、療育や医療のサポート範囲でもない……
つまり、「悩める10代」をサポートするための方法は、既存の学校教育・塾・療育・医療の分野では未だ確立されていないと考えています。

一例だけあげると、近年注目を浴びる「アクティブラーニング」や「アントレプレナーシップ教育」。
こういった生徒に「将来の目標と主体性」を求める教育には、
「(いきなり)将来の事を考えるのってツラい…… 」
「(いきなり)主体性を求められすぎてキツい…… 」
と感じてしまうのが、ビーンズの考える「悩める10代」像です。

国も東京都のデータでも、不登校の原因の約半数は「無気力・不安」となっています。

そして株式会社リクルートマーケティングパートナーズ・一般社団法人全国高等学校PTA連合会合同調査のデータでは「自分の将来を考えるのがキツイ」と思う高校生の増加がみて取れます。

●なりたい職業がある
2003年の調査「約70%がある」

2017年の調査「55%」(男子は50%を切ってる)

●進路を考えると不安
2003年の調査「約44%」

2017年の調査「72%」(約1.6倍)

●進路を考えると楽しい
2003年の調査「約34.5%」

2017年の調査「23%」(約4割減)

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ・一般社団法人全国高等学校PTA連合会合同調査
「高校生と保護者の 進路に関する意識調査」 (2003)
「第8回高校生と保護者の進路に関する意識調査2017年報告書」より作成

そんな無気力で、かつ将来を考えることに不安を感じる”悩める10代”に「何か自分の好きを見つけて、それを皆へ発表しよう」といった将来の目標と主体性をいきなり求めるのは、ハードルが高すぎるとビーンズでは考えています。
”悩める10代”には自己効力感を無理なく上げていく段階が必要で、その段階が社会からぽっかりと抜け落ちている…… これがビーンズの考える現行の「(一部の)アクティブラーニング」や「アントレプレナーシップ教育」への課題感です。

悩める10代100万人

ビーンズでは、10代の概算1000万人の内10%以上が「悩める10代」と推定しています。

不登校傾向の中学生が33万人。
小中高の不登校と高校中退が合わせて27万~30万人。
小学生と高校生で不登校傾向が30万人程度いると推測すると…合計約100万人。

ビーンズは特に”不登校傾向”の10代に注目しています。

”不登校傾向”という考えを示した日本財団の調査結果(外部リンク)では、不登校傾向の生徒は"学校には通っているものの、学校に通うことが苦痛だ、ツラいと感じている"という説明がなされています。「仮面登校」という表現もされています。

ビーンズ的に言い換えると「学校に通学しているが、自尊心と自己効力感を失っている状態の10代」です。

※なお、不登校傾向にある中学生の数は日本財団の調査では全国で約33万人と推測されていますが、NHKとLINEリサーチによる調査では約74万人にのぼるのではないかとされています。

悩める10代100万人 課題を解決する4つのサポート

ビーンズのミッションは「悩める10代100万人」課題を解決することです。

そのために「ビーンズメソッド」に基づきながら、生徒ごとオーダーメイドで個別指導、グループ授業/エンカレ、保護者相談、青春ラボの4つのサポートを提供しています。

個別指導

学習支援塾ビーンズ 個別指導 雑談から心のケア

個別指導は、ビーンズの4つのサポ―トの中心です。
ビーンズには、

「将来が不安……」

「人生が楽しくない……」

「勉強なんてできない……」

「進路なんて考えられない……」

という、”悩める10代”の中学生・高校生が多くやってきます。
そんな”悩める10代”には、まず担任講師が個別サポ―トの時間をとります。
悩みを抱えた生徒に寄り添い、彼らと信頼関係構築を目指します。
その後、生徒から好きや得意を引き出し、目標を見つける手助けをします。
挑戦期に入り、目標に向かって走ろうとする彼らには伴走者となります。
時に保護者さまの代わりに正論を伝えることまで行います。

学習支援塾ビーンズ 個別指導挑戦期に入った生徒との科目勉強は白熱です! 特に国語授業には力を注いでいます

授業について詳しく知りたい人は、以下もご覧ください。
学習支援塾ビーンズ 『学び治しの授業』の流れを詳しく解説します!

グループ授業/エンカレ

学習支援塾ビーンズ グループ授業の様子講師と信頼関係を構築し、ビーンズに慣れてきた生徒は、他の生徒と一緒にグループ授業を実施します。
授業を通して同世代とかかわり、無理なく視野を広げ、”青春経験”を得ることを目的としています。

成績の向上を目指して、一緒に楽しく本気で科目勉強をやったり……
模試の結果を弔ったり……都立チャレンジスクール対策や、推薦入試対策を皆で行ったり……
一人だとツラくなる「進学先選び・進路選び」についてみんなで考えたりしています。

エンカレ」は、ビーンズで不定期に行われている特別グループ授業/イベントの総称です。
学習支援塾ビーンズ オンラインイベント

意識高く社会のことを学んだり、

もちろん、オンラインでも……盛り上がっています!

グループ授業もエンカレも「ビーンズにいる同世代で一緒に何かを成し遂げる楽しさ」を体感してもらう内容となっています。

保護者サポート

ビーンズでは、保護者サポートを生徒サポートと同じくらい力を入れています。
悩める10代の課題を解決するためには、保護者の協力が不可欠だからです。
保護者へ親身(共感とおせっかい)なサポートして、
保護者の不安を解消し、生徒の状況改善のため二人三脚の関係になることを目指しています。

青春ラボ

学習支援塾ビーンズ 青春ラボの様子

インターン生のアイデアで企画する生徒向けイベント(エンカレ)や生徒主催のイベントを通して、インターン生も生徒も青春を創っていきます。

インターン生のアイデアで実現/生徒主催のイベント一覧
・大手外資IT系企業とのワークショップエンカレ
・TRPG大会
名刺づくりエンカレ
ビブリオバトル


BBQ!

BBQで野菜を焼く

ビーンズメソッドの開発と普及活動

繰り返しになりますが、ビーンズのミッションは「悩める10代100万人」課題の解決です。
この課題を解決するためには、「目の前の生徒・保護者の状況改善を達成する」だけでなく、そこから得られた失敗と成功の経験を「ビーンズメソッド」という形で結晶化し、誰でも使える状態にして、全国の保護者さまや学校の教員の皆さんに届ける必要があります。

ビーンズメソッドの開発

学習支援塾ビーンズ 「BMM」
ビーンズメソッド(BM)は、代表の塚﨑がビーンズ創業以来の生徒・保護者サポートの経験の語り部として、私(長澤)が文章化することで開発されました。
内容は、悩める10代との趣味の会話から、グループ授業、国語授業自己分析/進路指導総合選抜入試プレゼン面接対策までカバーし、総文量50万字という膨大なものになりました。

ここからさらにビーンズメソッドを洗練していくためには、開発の馬力をもっと増やしていく必要があります。
塚﨑も長澤も授業・保護者サポートの現場から離れている今、「ビーンズのメンバー全員でビーンズメソッドを開発する」という方向に舵を切ることで「試行」と「思考」の量を担保したいと考えています。
その嚆矢として、BM企画室を立上げ、初代企画室長としてだあき先生が就任しました。
学習支援塾ビーンズ HR企画室長 長野天音

※BM企画室/HR企画室合同ミーティングのようす

ビーンズメソッドの普及活動

ビーンズに協力してくれるプロボノの皆さんとお話したり……

プロボノの皆さんと、ビーンズメソッドをイラストにしたり……

企業様へ講演したり……

インタビューをお受けしたり……

おおたとしまさんの本にビーンズメソッドを取り上げていただいたり……
集英社新書『不登校でも学べるー学校に行きたくないと言えたとき』著者 おおたとしまさ さん 学習支援塾ビーンズ

その内、インターン課程を修了した人の中から、「ビーンズメソッドを日本全体へ発信する」仲間も出てくるのかも……と期待しています(笑)

まとめ・その他のビーンズの情報

ここまで学習支援塾ビーンズが考える社会課題「悩める10代100万人課題」。
そして、その課題を解決する「4つのサポート」とビーンズメソッドの開発とPR活動についてお話ししてまいりました。

他にも、まだまだビーンズがどんな塾、チームなのかは詳しく知りたいという方は、以下の記事もご覧になってください。

ビーンズがどんな方々に応援してもらってるかを知りたい

ビーンズメソッドについて概要を知りたい


ビーンズの生徒像について知りたい


今回の記事は参考になりましたか?

”学習支援塾ビーンズ”とは何か。何を目指し、何をしているのか。

学習支援塾ビーンズ マンション豊友 外観

ページ上部へ戻る