ニュース & ブログ- News & Blog -

小学生で不登校になった子の学習支援塾塾。ビーンズのご案内

その他

お子さまが小学校で不登校になると、保護者さまにおいては、

「小学校で通えなくなるなんて……」
「今も将来も心配で仕方ない」
「自分の子育てに自信を失う」

など、色んな心配が押し寄せてくるかと思います。

本記事では、そんな保護者さまのため、当塾ビーンズのカンタンなご案内をさせて頂ければと思います。(もし、深くお悩みのことございましたら、無料相談も実施していますので、いつでもお気軽にご連絡ください。)

小学生で不登校になるケース

ビーンズの今までの経験ですと、小学校で学校に行けなくなる主な理由は、下記の通りです。

安らげる場所がない
⇒学校で居心地が悪く、塾や習い事で詰め込みの指導を受けて、家でも宿題などを詰められて、どこにも落ち着ける場所がない子。

勉強がイヤになる
⇒主に、進学塾の猛勉強などで疲れてしまった子。

人間関係に悩む
⇒学校での色んな関係性でうまくいってない子。

小学生の不登校が長引いてしまう大きな原因は「安心できる場所がない時」と、ビーンズでは考えています。

不登校を改善するためのキッカケ、準備

家での居心地・受容体験があれば小学生は頑張れることが多い

小学生で不登校になると、保護者さまがとても心配になり、また、焦りの気持ちもあって、お子さまへ強く当たってしまうことがあります。

しかし、小学生の子においては、とにかく家(自宅)での受容体験があれば、復学にしても勉強にしても、けっこう頑張れることが多いです。受容体験とは、「自分が受け入れられている」ということで、この場合、「自宅でのびのびと過ごせる」ということを意味します。

仮に不登校の状態であっても、保護者さまがどっしりと構えていると、お子さまの不安も少し和らぎます。逆に、保護者さまがピリピリ神経質になっていると、お子さまは敏感にその様子を察知して、心が疲弊してしまい、うまく行動を起こせなくなってしまうこともありますので、なるべく家ではゆっくりとリラックスした気持ちで(お互いに)過ごして頂ければと思います。

できれば自宅以外にもう一つ受容体験の場を増やす

お子さまが自宅でだんだんと調子を戻してきたら、もう一つ、受容体験の場を増やすことをオススメします。とくに、競争する塾や習い事に入って、普段の日常においてピリピリした雰囲気に触れることの多いお子さまは、どこかで受容体験の担保できる場所(環境・コミュニティ)があると、それだけでも、不登校になる可能性はかなり下がります。

たとえば、ゆるやかなエンジョイ目的でやっている子ども向けのスポーツクラブやカルチャー的な習いごとなど、とにかく競争のない場が望ましいです。こういった場所で、同学年の友達や、年上の先生やセンパイたちとの関わりを持つようになると、それだけでもお子さまの心はずいぶんと前向きに働きます。

もし、お子さまが「いや、ぼく(わたし)は、競争する習い事一つだけでいい!」と言っても、それで不登校になったり調子を崩しているようであれば、自宅はもちろんのこと、受容体験のできる場所(息抜きできるコミュニティ)にセットで所属をさせてみてください。

ビーンズの指導法と指導実績

ビーンズでは、教室自体がそのまま生徒にとって受容体験の場となります。普段マンツーマンで授業をする講師はもちろんのこと、色んな社会人の外部パートナーと話すこともありますし、グループワークや集団授業などに参加した際は、中学生・高校生などの先輩とも触れ合う機会があります。(また、みんな同じような経験を持っているため、優しく関係を持つことができます。)

指導の流れ

授業では、ただの座学をするのではなく、まずは講師とマンツーマンで話していき、信頼関係を築きながらの心のケアから始めます。

それから本人の趣味や嗜好をワークなどで見定めていって、その"本人が好きと思っていること"の同心円状に、これから学んでいくことや、今後の将来のことを考えていって、楽しく勉強に取り組んでいってもらいます。(生徒一人一人に合った指導方針を一緒に作っていきます。)

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、ご覧ください。

学習支援塾ビーンズ 『学び治しの授業』の詳しい流れについて

レクリエーションも充実!

教室では、生徒の第三の居場所として、普段からぷらっと遊びに来ていただいたり、好きに本を読んだり、自習をして頂くことなどが可能です。また、小学生のように幼い生徒にはレクリエーションなども重視していて、合同の誕生日会などのイベントも企画しています。

お誕生日会を開催して、生徒のお祝いをしました!

【2016年8月開催】 講師と生徒で一緒にお誕生日のお祝いをしました!

指導実績

個人情報の都合もあり、要点だけの書き方になってしまいますが、以下のような実績があります。

Sくん(仮名)の場合
【入塾前】
・人間関係や勉強嫌いが原因で、不登校になっている
・机に向かっての勉強が苦手(じっとしていられない)

【入塾後】
・元気になっていって、たまに休むこともあるけど学校にも行けるようになった
・苦手な科目の勉強もするようになったし、一番の苦手だった「考える問題(作文、発表など)」も取り組んでいって、徐々にできるようになった

Wさん(仮名)の場合
【入塾前】
・小学校受験をしていて学校の雰囲気もあって偏差値至上主義になっていた
・テストの点数が悪くて落ち込み、自信を失い、勉強へのやる気も失っていた

【入塾後】
・好きな科目を中心に勉強に取り組んでいって、徐々に自信を獲得していった
・だんだんと勉強への耐性も強まって、志望する中学受験もうまくいった
・ポイントは、「他の習いごとをしていて褒められる環境を持っていた」という点(ビーンズ以外の受容体験の場を持ってくれていたので、ビーンズで勉強を強めに指導することもできた。)

生徒の状況改善に全力で取り組むビーンズの講師陣

ビーンズの先生たちは、過去に挫折しながらも克服してきた経験を持つ先生や、色んな学び方をしてきたセンパイたちが講師として活躍しています。

ただ問題の解き方を教えるのではなく、日々、先生同士で教え方を話し合って、「苦手科目としている子どもたちにどのように教えれば分かりやすく勉強してもらえるか」などを検討しています。たとえば英語では、小学生にもワークやゲーム形式で楽しく勉強のキッカケを掴んでもらえるように色んな授業を準備しています。

※講師同士の定例会の様子。日々、生徒たちの教育について話し合っています。

▼講師の紹介ページはこちら
https://study-support-beans.com/teachers/

小学生の中学受験について

最後に一点、補足させて頂きますと、ビーンズでは、基本的には中学受験について、あまり賛成の考えを持っていません。なぜなら、進学塾や偏差値の高い中学などに進学すると、お子さまが「偏差値=人生の価値観」という誤った認識をしやすく、一度でも点数の波から外れるようなことがあると、自尊心を強く棄損してしまい、なかなか立ち直れなくなるケースが目立つためです。

もし、どうしても中学受験をする場合は、お子さまともよく話し合い、また前述の通り、受容体験の場(リラックスできる居場所)を担保として持っておくことが大事です。(それがムリなら、最低限、自宅だけはリラックスできる環境にしておくことが大事です。)

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

小学生で不登校になった子の学習支援塾塾。ビーンズのご案内

ページ上部へ戻る