ニュース & ブログ- News & Blog -

チャレンジスクール 面接試験対策 コツとポイント

学び治しの授業

チャレンジスクールの面接試験対策では、自己分析などの準備に始まり、面接試験のシミュレーション・自己PR内容の論理的な組み立て・きちんとした受け答えの練習などが必要となります。

本記事では、その詳しいコツやポイントなどをまとめていますので、これから受験を検討されている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

チャレンジスクール受験 面接試験対策のコツとポイント!

チャレンジスクールの面接対策

【ポイント その1】
自己分析とチャレンジスクールの特徴を知る

まず最初にやるべきことは、志願申告書を記述する際に実施した「自己分析・学校調査」について、さらに詳しく準備しておくことです。

自己分析しておくこと
・自分が将来やりたいこと
・自分が高校生活でやりたいこと
・自分の強みと弱み
・自分が不登校などになった理由、原因の分析
・今の悩みを克服するために考えている方法 など

チャレンジスクールの特徴を知る
・単位制、三部制などチャレンジスクール関連の用語を理解しておくこと
・受験する学校の理念、特徴を理解しておくこと
・どんな授業があるのか、どんな課外活動があるのか理解しておくこと

これらの情報整理をきちんとしておかないと、いざ面接で、「きみはうちの高校に入学して何を頑張りたいの?」、「うちの高校のどういうところに惹かれて受験したの?」と聞かれた時、うまく答えることができません。
コツとしては、各学校のWEBサイトを見て、上記のチャレンジスクール関連の用語、学校の仕組みを理解するところから始めます。
引用:東京都立稔ヶ丘高等学校 学校紹介 稔ヶ丘の特色

【ポイント その2】
シミュレーションは徹底してやる

面接のゴールとは、相手の気持ちを掴んで、「そうだよなぁ」と納得させて、頷かせることです。

そのためには、まずは面接官どういったことを考えているのか、事前に想像しておく必要があります。とくにポイントになるのが、以下の二点です。

1.面接官が質問する"意図"を考えておく
2.面接官が求める"理想像"を考えておく

解説1:質問の"意図"が分からないと空回りの危険がある

面接が苦手な生徒の特徴として、「自分の準備した答えだけ話すことに意識が集中しがち」といったケースが挙げられます。このように、「質問を想定する」というと、「文章を丸暗記すること」みたいに認識してします生徒も少なくないのですが、これは誤りです。ただ暗記だけしても、面接の力は身につきません。

「質問を想定する」ということは、正しくいうと、「面接官がどういう答えを求めているかシミュレーションしておくこと」です。過去の質問事例や受験日に聞かれそうな質問などは、ただ丸暗記するのではなく、「どうして面接官はこういう質問をするのだろう?」という点まで含めて考えることが必要です。なぜなら、こうすることで、「面接官が欲しい答えはどんなことか」と、だんだんイメージできるようになり、より適切な質疑応答ができるようになっていくためです。

解説2:相手の求める生徒の理想像とは

「面接官は、いったいどんな生徒を入学させたいと考えているのか」

これはチャレンジスクールに限らず、面接をする前に、必ず考えて欲しいことです。なぜかというと、このシミュレーションをしないことには、自分をどのようにアピールすればいいのか、方向性が掴めないからです。

チャレンジスクールの面接官が入学させたいと考えている生徒像は、ざっくりまとめると、以下のようになると、ビーンズでは考えています。

1.自分の進路を真剣に考える生徒
自分の進路をちゃんと考えていて、自分の将来に必要となる学校の授業(単位)をきちんと受けてくれそうな生徒

2.新しいことにチャレンジする生徒
単位制、総合学科という環境を活かし、新しいことに積極的に挑戦したいと思っている生徒

3.きちんと卒業してくれる生徒
中学の基礎から勉強しなおして、きちんと通学して卒業してくれる生徒

たとえば、明るく前向きな生徒を求めている面接官に対して、「この学校しか受けられそうなところがなかったから」など消極的な理由を述べたら、どうなるでしょう。当たり前ですが、相手の心には響かず、評価にも繋がりにくいでしょう。

このように、面接では、相手を知らないことには、その気持ちを掴むことができません。しっかり相手のことをシミュレーションして、相手の心に響くプレゼン内容を考えていくようにしましょう。

【ポイント その3】
相手に伝えたいことをまとめる

自己分析、学校調査、面接官のシミュレーションが十分にできたら、いよいよ自分のことをアピールするための"面接台本"を作っていきます。

チャレンジスクールの面接官にアピールしたいポイントは、だいたい以下の通りです。

面接官に伝えたいこと
・私は貴校が大好きで、いっぱい調べました!
・私が貴校に入学できたら、その特徴・特色を生かして、将来のために頑張ります!
・私が貴校に入学できたら、委員会・文化祭を盛り上げたり各種活動を頑張ります!
・私が貴校に入学できたら、何かしら(スポーツ・部活・勉強で)実績を残します!

この時、ロジカルシンキングで情報をまとめていくと、より具体的な内容となり、相手の心に響きやすいフレーズになります。

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは「たくさんある情報を整理して、結論までの道筋をシンプルにまとめる」ということを意味する言葉です。

面接練習を始めると、子どもたちの中に「自分が伝えたい気持ちや、思い出」がたくさんあって、ぐちゃぐちゃになることも少なくありません。

ロジカルシンキングの力があると、必要な情報を抜き出して、自分が伝えたいことを相手に分かりやすく伝えられるようになります。

ロジカルシンキング…ちょっと難しそうな響きですが、ビーンズでは楽しく学んでいます!


【ポイント その4】
面接台本は筋肉で覚える!

これはビーンズの経験則から断言できるのですが、「面接が苦手な生徒の多くは練習が足りないだけ」です。

たとえ、どんなに分かりやすい面接台本ができたとしても、それを相手にきちんと伝えるためには、喉や口を動かして、表情や仕草を織り交ぜながら、きちんと言葉を発しないといけません。

そして、こういったプレゼン力を上達させるための合言葉は、
「台本は顔の筋肉で覚える」です。
思い出そうとしなくても面接台本の内容が自然と口から出てくるように、声を出して練習することが大切です。

ビーンズの場合、講師が面接官役となって、以下のような流れで面接練習を繰り返していきます。

ビーンズ秘伝!面接がうまくなる練習方法

▼第一ステップ
⇒生徒が自身の作った台本を読みながら、講師は台本の順番通りに質問をしていく

▼第二ステップ
⇒生徒が台本を見ながら講師が台本以外の質問をしていく
⇒さらに講師が気になることが出てくれば深掘りした質問をしていく
⇒もし質問に答えられなかった場合、その返答について一緒に考える
(講師は、その内容を適宜メモする)

▼第三ステップ
⇒生徒が台本を見ないで面接の受け答えをするようにしていく
⇒生徒慣れてきたら、最後は本番を想定して、さまざまな負荷をかけていく
(初対面の講師が面接したり、講師があえて目線を外したり、講師二人がスーツ姿で面接したり、その時の生徒の状況に応じて、負荷をかけた練習をしていきます)

ちなみに上記の練習は、講師でなくても、保護者様や信頼できる人がいれば可能です。面接官役をお願いできる人がいれば、ぜひパートナーになってもらって、たくさん練習して欲しいと思います。

なお、ビーンズで練習するメリットとしては、色んな講師が面接官を演じたり、各チャレンジスクール校で実際にされた過去の質問集を準備していますので、より本番に近い練習をすることができます。

面接を前に緊張してしまう君へ。

「明るく熱意を持つ」だけでいい

面接で大事なことは、言葉だけに限らず、表情や雰囲気なども非常に重要です。

極端な話、たとえ質疑応答を少しトチってしまっても、その生徒の雰囲気が明るく、元気や熱意があれば、高評価に繋がるケースも十分にあります。

もし、これを読んでくれているのが受験生だとしたら、そして緊張のあまり練習がすすまないのなら、上に書いたコツは一旦全部忘れてもらって大丈夫です。
緊張して汗が出るのも、言い間違いが多いのも、台本を忘れてしまうのも、声が小さいのも、全部気にしなくて大丈夫です。
面接台本の内容は全部忘れてもらって大丈夫なので、「自分はとにかく高校生活からがんばりたい!やってやる!」という熱意を面接官へ伝えることだけ考えてください。

そして、ちょっと余裕がでたら、下の内容も読んでみてください。
もしかしたら緊張を解くヒントになるかもしれません。

「面接の失敗ってなんだろう?」を考えてみる

面接練習で緊張してしまう子どもの中には、潜在意識の中で「面接官の前でミスをすれば、それで不合格になってしまう」という不安と戦っている子どもが多くいます。
このとき大事なのは、「面接というのは、あくまで試験項目の一つであって、最終的には、受験生全員の結果を並べて、その総合点で合否が判断される。面接でミスを一つでもしたから不合格ということはなく、もしかしたら自分よりも大きい失敗をしている受験生がいる可能性だって十分にありえる…」などと、大人が言葉で伝えて納得できる子どもはあまり多くないということです。

大事なのは、子どもたちが「自分が面接官だったら受験生のどんなところをチェックするだろうか」と体感してみることです。

このワークを通して、子どもたちは「ちょっとした言い間違えなどは、面接官はあんまり覚えてないし、気にもしていない」ということを体感で納得してくれます。
ちょっとミスをしたとしても「大事なのは、慌てないこと」。このことをチャレンジスクール受験前に繰り返し伝えていきます。

自分の将来について考えると辛くなってしまう場合は、早めにビーンズへ!

チャレンジスクールの面接では、高校生活や、その先の将来についても、質問されます。
作文課題も、高校生活をどう過ごすか、将来自分はどんな人間になりたいかを尋ねられる課題が多いです。

不登校や様々な原因で落ち込んでいる子どもにとって、自分の将来を一人で考えることは難しいです。
このような場合、ビーンズの指導方針として、まず「心のケア・自尊心の回復」をして、自分の将来について前向きに考えることができる状態まで状況改善をすることを先決としてます。
(次に「不登校という経験に本人なりの意味を持ってもらう」そして「本人がこれから自分のやりたいことを前向きに考えていくことができる状態になる」の流れです)

詳しい授業内容は以下の記事をご覧ください。

ビーンズが「チャレンジスクールの対策はなるべく早めに」と申し上げている理由は、ここにあります。
必ずしも対策をするのはビーンズでなくとも結構ですので、ぜひ早めの対策スタートをお願いします。

まとめ

チャレンジスクールの受験では「志願申告書・作文・面接」の総合点で合否が決まり、そのうち面接の配点割合は高く、とても大事な試験となります。

そして面接では、質問内容を丸暗記して、自分の言いたいことだけ伝えればOKというものではなくて、きちんと相手(面接官)のことを想像して、その心に響かせるアピール内容を考えることが重要です。しっかりと考えて、入念なシミュレーションをするようにしましょう。

どれだけ完璧な台本・カンペを作っても、当日は自分の身体を使って、すべてを表現しなくてはいけません。きちんと顔や身体や口を動かして、当日を想定した面接の練習をすることが大事です。 (ぶっつけ本番では、自分の欠点を見直す時間がないため、そのまま失敗に繋がる可能性が高まってしまいます!)

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

チャレンジスクール 面接試験対策 コツとポイント

ページ上部へ戻る