ニュース & ブログ- News & Blog -

ビーンズの美談ではないリアルな大学受験物語 「挑戦」「合格」編

合格実績

ビーンズの美談ではないリアルな大学受験物語 「挑戦」「合格」編

前回の記事では、「惟光」「柏木」「夕霧」の不登校経験のある3人の大学受験生が、受験期初期の「勉強のやる気が出ない」様子を語ってくれました。

《3人のプロフィール》
惟光(仮名):高卒認定を取得した後、1年間浪人。GMARCHに合格するも、美術系の大学に進学することに。
柏木(仮名):通信制高校出身。公募推薦/総合型選抜で受験。GMARCHの文学部に進学。
夕霧(もちろん仮名):高卒認定を取得した後、1年間浪人。理工系の大学に合格。

みんな、受験生なのに勉強に本腰を入れられないどころか、

模試を受けられない。
塾に来ない

この状態、本当にビーンズに来る生徒のあるあるなのです。

今回の記事では、そんな3人がどのようにして、受験勉強をスタートし、志望校に合格することができたのか…… について深堀していきます!

そこには

「受験は個人戦」
「学習支援塾ビーンズは個別指導塾」

という、受験勉強やビーンズそのものの大前提をゆるがす事件がおきていたのです!!

※インタビュー内容はコロナ流行以前のものです。2021年5月現在、ビーンズでは主にオンライン授業で受験に立ち向かう子どもたちを応援しております!

大学受験を一緒に乗り切る仲間が欲しかった

長澤:司会は引き続き 長澤が務めます。

さあ、後半戦。

ビーンズでいうところの「信頼関係構築期」が終わり、「安定期」に入った君たちが、次に「挑戦期」に入っていきます。

「信頼関係構築期」……って?知りたい方は
こちら「ビーンズに通う生徒はどのようなプロセスで成長していくのですか?」をご覧ください!

皆、意外と心は安定しているんだけど、肝心の大学受験勉強という面ではボロボロという……。

そこから、どういうことをしてきたのかという話を聞きたいね。まず、「塾に来ない」ってところからスタートですからね。

「ちなみにどのくらいビーンズさぼってたの?」「それはもう、顔見ないくらいだね」

柏木:うーん。何から話していこうか。
受験勉強を進めていく中で、ビーンズ上層部内でも激しい自己批判があったらしい

惟光:上層部って具体的に誰だよ(笑)

柏木:塾長に決まってるじゃん! まあ、反省点をまとめると、
受験生は結局一人で受験に立ち向かうしかないと。

ただ、それはあまりに辛そうだった。これが1点目。

それと、もう1点が惟光氏問題なんだよね

惟光:え? なんなのそれ?

大学受験生が模試行かない問題

柏木
柏木:いや、惟光くん筆頭に大学受験生が模試行かないって話だよ! 
惟光くんがどうすれば喜び勇んで戦地に赴くかというのかというのが上層部の悩みのタネだったわけだ

夕霧:戦地って模試ね(笑)

長澤:皆、行かんかったなー。気持ちはわかる。
“偏差値”という数字を突き付けられると怖くなるよね。しかも、どうもその数字が自分の進路や人生に関わっていると…… まあ、本当は半分くらい誤解なんだが。

ビーンズの生徒は、みんな意外と根が真面目。

だから模試の結果を深刻に受け止めすぎて…… 最悪勉強そのものが止まってしまうのよね。

大人だって健康診断の結果の数値を受け止めて、明日から行動改善しろ! って言われても、やりたくないもんなあ。

(お子さんが勉強面で落ち込んでいる…… そんなときはこちらのブログもご覧ください)

柏木:そうそう。そんな中、誰も模試なんかに行くわけがない!

そこで、某日、僕は、塾長へ提案をおこなった。

「受験勉強をやるのであれば、塾全体に“受験戦時体制”を確立すべきである!」
「模試へ行くのであれば、みんなで万歳三唱して、楽しく戦地へ送り出されたい!」
「受験勉強で生まれる一体感を楽しみたい!」 
「模試の戦果(結果)も皆で受け止めたい!」 
「それがないと、我々は模試に行こうとも思わないのである!」

というものだ!

一人で受験勉強をやっていくのはが本当にきついなあと思ってて、大学受験を一緒に乗り切る仲間が欲しかった

※“大学受験”大本営の様子

長澤:ちなみに、そのためになんかしたことってあるんすか?

柏木:それこそ平成の御代に結成された、ビーンズ “大学受験”大本営じゃあないですか!

長澤惟光夕霧が苦笑いしてるじゃん(笑)

夕霧:ちょうど自分がビーンズへ入塾したときだったね。

惟光夕霧が入ってくる前に、なんか、柏木から誘われたなあ。

いきなり、「万歳三唱で模試に行くのとかどうよ?」とか聞かれてビビったなあ。
面白そうだったから、乗ったけど。

夕霧:そうか、それで万歳三唱で模試という戦地に赴いたわけか(笑)

柏木:ちょうど、入塾の面談に来ていたのが夕霧だったよね。

夕霧:そう、なんか挨拶したなあ。でも、最初は関わらないでおこうって思ったんだよね(笑)

柏木:でも、だんだん毒されてきたでしょ?

夕霧:そうそうそう(笑)

柏木:それがねえ、全体主義のねえ、快感なわけだ!

一同:(苦笑)

長澤:ブログ的に、ダメだろ(笑) でも、なんで快感を感じるようになったんですか? なぜ、あなたは悪の道に……

夕霧:当時、一人で受験勉強をやっていくのはが本当にきついなあと思ってて、大学受験を一緒に乗り切る仲間が欲しかったんだよね

長澤:でも、先生側から「受験は団体戦! みんな一緒に協力しよう!」なんて、言われてたらダメだったよね。たぶん。

一同:うんうんうん(笑)

長澤:生徒の柏木があのタイミングであえて、イデオロギー的にきわどいギャグにふったからこその団結だったよね。

柏木:まさに、まさに“下からの全体主義”だね。
逆に、上(先生たち)は困惑してたからねえ。
塾長の腹は読めないけど、多分ほとんどの先生たちは、困ってたんじゃないかなあ。

当初は、惟光は大本営にどんな関わりかたしてたんだっけ?

惟光:当初はゆるく関わっていたんじゃなかったかな……

柏木:そう。ゆるかったね。というか、“大学受験”大本営そのものは当初はファッションだったからね。結局、あの「ビーンズニュース」さえできればそれでよかったんだよね。

※「ビーンズニュース」の一幕

惟光:そうね、第一回にして目的を達成しているという
要するに「やってる感」をみんなに勘違いながらも感じてもらうという。
「一体感(嘘)」みたいな(笑)

長澤:嘘なんじゃん(笑)

柏木:嘘だよ。嘘にきまってんじゃん。
大学受験が団体戦なわけねえだろ!  ひとりひとり志望校も違うわけだしさあ。

長澤:まあ、ビーンズであったとしても(大学)受験は究極的には個人戦であることは間違いない。

でも、ゴリゴリに個人戦だと、受験は寂しいし、ツラくなる

その受験の寂しさやツラさを、嘘であろうと一体感で乗り切ろう! …… というのが“大学受験”大本営の意義があったのだね。

「模試の結果を皆で弔う」という話

長澤:さんざんの結果だった模試の結果を弔うために、葬式をやってたよね。
あれなんか絶対他の塾じゃできない。ていうか、あれは写真出せない。どこからお叱りをうけるかわからん。

柏木:そうそうそう。神道風のお葬式ね。言っとくけど、葬式の作法は、資料に基づいていてかなり正確だからね。
やはり遊びにこそ真面目にリアリティをもってやらないと。

長澤:「かしこみー かしこみー」って、皆の模試の結果を供養する絵がシュールすぎて、中学生たちが訳も分からず参加してきて、大盛り上がりでしたなあ。

進路相談会の話

柏木:なんだかんだで生徒同士が盛り上がっていったよね。
そしてそれが色んなものに受け継がれていったんだよね。“漢塾”とか

ビーンズ「漢塾」! 受験はみんなで乗り切る

※2021年5月現在、「進路相談会」と名称変更し、オンラインで実施しています

惟光:そうだね。進路とか皆で考えたりするのは、楽しかったな。
あと、「あえて机を直線に並べて、大手進学塾ぶる」とかやってたね。

夕霧:漢塾の仲間で、単語を覚えるとかやってたね。

惟光:古文単語と、英単語を覚えられなかったら、スクワットみたいな(笑)
高校2年生も「楽しそう」って参加してくれるようになったね!

※古文単語と、英単語を覚えられなかったら、スクワットの様子

柏木:素面で単語なんて覚えられるわけがない。けど「打ちして止まん」のノリで、勉強すると意外と楽しいと。
結局「楽しそう!」ってところに人は集まるってことですな。

惟光:そこがいい感じの山場になって、下々の者の結束力が高まっていったんだよねぇ。

柏木:そうそう。ようやっと下々も理解してきたと。

みんなの大学受験エピソード

柏木くんの受験の話

長澤柏木は合格に至るまで、色々あったね。

柏木:第二志望、第一志望の順で合格発表があるという。
でも、その第二志望、不合格だった(笑)
試験自体は全部終わっていたから、落ち込んでもノーダメージだったんだけど。

長澤:で、第一志望の合格発表はビーンズPCで見たんだよね。あれ、何したんだっけ?

惟光:万歳三唱だね!

柏木:そのあとどうしたんだっけ?

惟光:そのあとは普通に祝ってた。

でも、合格発表を見る前に、落ちた時のプランを事前に考えてて、それが面白かったよね

柏木:あー! そうか。それ考えてたんだ! 「長澤プラン!」

※長澤プラン

惟光:落ちたら近くにある神社に参拝し……(笑)

柏木:しかるのち、皇居遥拝! 「大罪を謝す!」と。
(政治的発言を極端に嫌う塾長が、子どもの発言を検閲しました)

……っていうプランを事前にホワイトボードに詳細に書いてたんだよね。

落ちた!って瞬間に、そのホワイトボードに書いてある内容通りに、悩まずに行動しようと。歩いて皇居まで行くんだと。

合格決まった瞬間、長澤先生がその「長澤プラン」を書いたホワイトボードを「こんなもんいらん!」とバッと投げて。
そこからその場にいたみんなで万歳三唱するんだ。

一同:その動画を見て爆笑

※柏木氏、合格万歳三唱の様子

夕霧:おれ、その日多分ね、石垣島にいる笑

一同:なにやってんだよ!

夕霧:受験前に、いとこの結婚式があって、11月くらい……

柏木こういうところに大本営の結束のゆるさが見て取れるんだよなぁ。 夕霧氏は心が痛まなかったんですか?(笑)

夕霧:うーん。別に(笑)

長澤:『未完のファシズム』だなぁ(笑)

惟光くんの受験の話

長澤惟光くんはさ、目の前で柏木が大学合格を決めたのがギアが入るきっかけになったんだよね。

一緒に万歳三唱したわけだし。

柏木:ここから惟光くんの快進撃が。
前進、前進、また前進。いつだっけあれは、11月?

柏木:そうそう。

長澤:間近で盟友、柏木氏の合格を目にし。
あの頃から、ギアが入ったなと。
そう考えると、人との出会いで救われることってやっぱ多いのかもね。

惟光:その頃ちょうど個人的な部分でも、柏木氏とだんだん仲良くなってきて。

柏木:一緒に空港行ったのっていつだっけ?

惟光:10月だっけ?

柏木:とにかく受験がつらすぎて。みんなで語り合いたいと。
できれば夜まで。かつお金をかけずに、ムードもある場所…
それはどこだ? 成田空港である。

で、行ってみるかって、惟光くんと行った。
2人ともスーツで行って出張を控えて、打ち合わせをしているというサラリーマンというテイで。

長澤:なに話したの?

柏木:いろいろ話したんだよな……。

長澤:それで、仲良くなった柏木が受かって……。

惟光:仲良くなった柏木が受かったから、僕も負けてられないなって。
はじめて“大学受験”大本営が意味を持ったかなって。

長澤:参考書に向き合う姿勢が変わったなって思った。
ここから、がっとギアを入れたよね。

惟光:参考書を読むとか、勉強する意味合いが自分の中で違ってきた。

柏木:他人の合格というものの重みは出た?

惟光:ビーンズ全体で出している勢い? みたいなものを大事にしたかった。

柏木:なるほど。その流れを止めるな、と。

惟光:大本営、楽しむだけじゃなくて、やっと大本営やるかって。
全員で勝ちに行くならギアを入れるのは、ここだなって。

惟光くんの「偏差値信仰」が崩れた話

長澤:GMARCHを中心に受けて、結果として受かったわけだが…… 

惟光:GMARCH某大学・某学部を蹴って美大。

長澤:まさに前半の「やりたいことがなかったから、偏差値でしか大学の良さを図れなかった」からの変化よね。
分かりやすい学歴・偏差値信仰から何が変化をもたらしたのだろうかと。

惟光:うーん。

学歴関係なく、すごい人をいっぱい見てきたから。
あんま、こだわる必要ないかな
って。

あと、どうせ、大学行かせてもらえるなら、自分の好きなことやろうって。

長澤:すごい人って、だれとか?

惟光:いろいろ。生徒たちの方が多かったかな。

ビーンズ、いい意味で自分の好きなものがはっきりしてるオタクが多くて。

そういう人と交わっていると、学歴って「持ってるだけじゃ意味ないな」ってことを感じるようになって。

長澤:学歴へのこだわりみたいなものは薄まったの?

惟光:学歴へのこだわり自体は、今もあるかもなんだけど。
柏木と一緒に美大の卒展に行ったとき、「あ、自分もこういうの作りたいなー」って。素直に思った。

柏木:って、最終的な決定は惟光氏自身だよ。
僕が、美大の作品を紹介して、それをいいなと思えるだけの土壌が惟光氏にあった
ということですよ。

惟光:元々カメラとか好きだったし。
思えば、そういう方向に向かいつつあったのかもしれない。

長澤:そういえば、受験のまっただなかカメラ買ってたな(笑)
あれもしかしたら、つながってたかもね。

惟光:当時は全然そんなことも思っていなかったけどね。
つながってたかもしれない。

長澤:普通だったらね、受験期にカメラなんて……って。
普通の親とか、先生だったらぶち切れ案件よ。
でも、進路を考えるきっかけって、こういう何気ない“好き”とか“興味”でいいと僕は思う。

カメラは買って正解だったな。

柏木:こうして惟光氏は、創作の快感を覚えてしまったわけだ。

夕霧くんの受験の話

長澤:ここで一同夕霧に視線を……。
夕霧は、受験へ向かうムーブメントは何かあったんですか?

惟光:あのさ、拇印押したヤツ。

夕霧:「盟約書」ね。

長澤:ああ、盟約書か。
盟約書ってなにかってこと、ちょっと説明して。

柏木:「盟約書」「毎日塾の一限から自習に来る」っていう約束のこと。ビーンズの生徒にとって一限(11:10-12:40)って早朝だから“夜襲”とか言われてたよね。

長澤:もはや朝ですらなく、夜じゃん。
夕霧はどれくらい来たの?

惟光:受験までの二週間。という設定でしたな。

夕霧:僕、朝弱いんだけど、短期間なら早起き&自習続けられるだろうって。
受験直前期の今なら「皆でやるぞー」って精神?を続けられるって、先生たちが言うから。

惟光:って思ってスタートしたら、初日は夕霧の成人式。
次の日は写真撮りに行ったじゃん。そのまま体制崩壊。

柏木上からの押しつけによる戦意高揚はだめって典型ですな。
下からのパトリがないと、ヤル気は出ない!

長澤:まぁ、上からの押し付けは大抵ダメよね(笑)

で、夕霧が受かったとき、僕ら何したっけ?

柏木:わりとカジュアルに伝えられたよね。

長澤:そうだっけ? あ、そっか。
第二志望が受かってて、残り全部の合格発表が一緒で。

夕霧ブラックジャックやってた。

長澤:午前中に有名デジタル系大学の合格が出て、夕霧が余裕シャキシャキで塾に来て。
他のメンバーとブラックジャックやっててな。

それで、合格発表が17時なのにブラックジャックが楽しいからスルーしてて。たしか18時とかにようやっと見て。

柏木:そのときさ、テニサー入るって。

長澤:言ってたよね。

惟光:言ってた(笑)

「受験本番にビビるみたいなのはなかった?」

夕霧くんの場合「誰よりも早くページをめくった」

長澤:そういや、夕霧は受験本番にビビるみたいなのはなかった?

夕霧:ビビるとかはなかったかな? むしろ、周りを威嚇してた(笑)
最初の数学とかで、誰よりも早くページをめくったり。

柏木:それ、快感やん。

長澤:いるよな、そういうやつ。

夕霧:速く解きすぎて、めっちゃ(鉛筆が)カリカリしてた。(笑)
この音で、周りの人、ビビるやろうなーと。
その状態を楽しめるくらいには、緊張しなかった。

長澤:それをやれる程度には、図太くなったと。

柏木:心臓に毛が。

夕霧:こうやって横に3つ席があって、真ん中の席って荷物置くのとか気を遣うじゃないですか、で、僕、来て速攻でどんって荷物置いて。

柏木:ここは僕の陣地だと。

夕霧:威嚇してた(笑)

長澤夕霧の横の人、まあまあ不幸よね。荷物置けないわ、カリカリうるさいわで。

柏木くんの場合「小論・面接練習は長澤のしごきに耐えた」

長澤柏木はどうだったの?
第二志望→第一志望の順で受験し……

柏木:受けて受けて、落ちて受かった。

第二志望受験のときは、受験で緊張するとかは全然なかったんだけど。
小論文のあと、面接まで2時間ぐらい控室で無言で待たなければなかないっていう拷問があったんで。面接のときに緊張するとかじゃないんですよ。とにかく疲れたと。

柏木:その第二志望が落ちた。第二志望だったし、さすがに焦った。
焦った挙句、瞬間的にビーンズに行けなくなったり(笑)

長澤:まぁ、もう慣れっこなので、何も言わなかったけどな。
でも、回復も早かったよね。そこからは怒涛に小論文・面接の練習してたし。

柏木:推薦入試・総合選抜の小論・面接練習は長澤のしごきに耐えたので。
やることはやったなーって感じ。
でも、自分の書いた文章を他人に添削されるって、ほんとむかつくよね。長澤、指摘が細かいし。

長澤:呼び捨て 呼び捨て(笑)

(ビーンズの推薦・総合選抜受験対策はこちらのブログをご覧ください)

惟光くんの場合「受験の前はサイコパスに」

さて。惟光くんの受験本番は?

惟光:自分も夕霧みたいに、受験間近はサイコパスになってた。
みんなもなるよね? 受験の前はサイコパスに。

夕霧:なるなるなる。

長澤:迷惑かけられるだけ、かけとけみたいな。

惟光:自然とかけちゃう。僕の方がすげーぜ。って。
実際は、マウントの取り方間違えているんだけど。

柏木:ビーンズ、モンスターが多いな。

今後の“大学受験大本営”について

長澤:ちなみにさ、君たちは受かったけどさ。まあ来年も大学受験はあるわけで。

柏木:海行かば~

長澤:来年の受験組は、どんな感じなんですかね。彼らはいま、元気じゃん?
毎週の“大学受験大本営”は残っているわけで、いま、みんなで何やってんの?

柏木:わりと結束力が続いてるよね。ふつうに浪人生たちの相談のったり、勉強したり。
もう1年やってもよかったかなって思ったぐらいには結束が強い。

惟光:そうね。

長澤:毎週、浪人生・後輩たちのプランを考えたりとか、すごいなと。

柏木:すでに、焼け跡からの復興計画は煮詰まってるので、大丈夫。

で、最後に、みんなで暗がりで塾で塾から配給されたピザをつつくという。……まさに闇市!

長澤:そして来年3月には、ついにみんな旅立っていく……! 
そんな美しい絵を描いていきたいね。

今後の“大学受験大本営”について

後日談となりますが…… 2021年の大学受験も終わりました。

途中コロナの大波に洗われ、“大学受験大本営”も惜しまれながら解体。
また途中“大学受験大本営”を知らない世代も参加しましたが、長く“結束”は残り続けました。結果、浪人生は全員、合格。

このブログ公開時もまだコロナの猛威は続いています。

子どもたちが集まって受験勉強をするという機会を次にいつ作れるかは分かりません。

しかし、学習支援塾ビーンズでは、子どもたちが“楽しく”進路や受験に立ち向かうよう最大限で努力したいと思います。

今後の大学生活の話

長澤:最後に一人ひとり、こんなふうに大学生活を送りたいという宣言を聞こうか。

学究の徒になるもよし、サークルに入って散々遊ぶも、意識高い長期インターンへ勤労奉仕するもよし!

こんなふうな大学生活を送りたいなっていうのを思い付いた人から、挙手!

柏木:いまのまま、変わらない。やるべきことをやっていく。英語との腐れ縁も続くし。やることをやっていく、何も変わらない。

以上、終了。

惟光:自分はもう、受験勉強という強制される勉強からの開放されたので、楽しく、クリエイティブをしていきたいなと

長澤:「クリエイティブ」って言うと一気に意識高い感じになるな(笑)
惟光は、何をクリエイトしたいの?

惟光:イノベーティブなものをクリエイトしたい(笑)

長澤:「イノベーティブ」と「クリエイト」という言葉のコロケーションが強すぎる(笑)そこいくと、夕霧は、こんな浮ついたことは言わないよね? 1年目から、はんだづけだよね?

夕霧:僕もやっぱ作りたい。柏木とか見てて、自分で何か作品を作りたいなって。

長澤:何を?

夕霧:イノベーティブなものをクリエイトしたい(笑)

ちゃんと言うと、ウェブでもいいし、ゲームソフトも作れたらいいなー。

長澤:なるほどね。

みんな夢が広がるね。
とりあえず、惟光は、いったんビーンズは「ゆるやか旅立ち」かな?
柏木は、英語との腐れ縁があるので、ビーンズは、ほどほどに。
夕霧は、ゲームのお兄さんとして。

惟光:僕は自分の「イノベーティブなクリエイト」を披露しに、ビーンズには時々里帰りしようかなと。

長澤:君たちのビーンズでの腐れ縁は続くのか……!
と言う感じで夜も更けたので、みなさんお疲れさまでした!

おわりに

いかがだったでしょうか?

ビーンズにやって来る受験生の多くはいきなり本腰を入れて勉強できるわけではありません。

今回の記事で紹介した3人もそうでした。

ビーンズでは

「勉強しないといけないけど勉強できない」という課題を抱える受験生に、勉強を無理強いすることはありません。

まずは、受験生が自由で安心できる環境を用意し、受験生が勉強に向き合える準備をしていきます。

※(ここまでご覧になっている方はお分かりだと思いいますが。念のため)今回の記事で紹介した3人は自由過ぎて不穏な表現に走りましたが、他の生徒に悪影響がない限り、黙認しておきました。ビーンズとして、あのような表現を公認したり、勧めたりしてはいないのでご安心ください……!

また、個別指導、講師と二人三脚で合格を勝ち取った生徒もいます。

ビーンズでは受験生ひとりひとりに合った環境を提供します。

ビーンズにおける受験生たちの変化や授業の方針については、以下の記事もご覧ください

今回の記事をご覧になった方には、ビーンズが受験生にとって「自由で居心地の良い環境」を大事にしていること。

色々な課題を抱えていたた受験生たちが変化していったこと。これらをお伝えできていたら嬉しいです!

ここでは語りつくせない、ビーンズでの大学受験のことや、生徒たちの頑張りのエピソード。
受験勉強方法について知りたい方は是非ビーンズの無料相談をご利用ください!

【ビーンズからのお願い】
現在、新型コロナウイルス対策で、リモートワークを推進しており、電話対応が難しい状況にあります。
弊社の都合で誠に申し訳ございませんが、可能な限り「お問い合わせフォーム」から、ご相談・お問い合わせいただけますよう、よろしくお願いいたします。

《学習支援塾ビーンズ・お問い合わせフォーム》
無料相談フォーム

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

ビーンズの美談ではないリアルな大学受験物語 「挑戦」「合格」編

ページ上部へ戻る