ニュース & ブログ- News & Blog -

塾長・塚﨑が日本教育新聞のインタビュー記事に掲載されました!

メディア実績

先日、塾長の塚崎が日本教育新聞社さまより、取材を受けました。

「令和時代の塾と学校」というテーマの連載企画の一つとして、学習塾による不登校の子どもへの学習支援という主題で取り上げていただきました。

インタビューでは、塚崎が塾を立ち上げた経緯、ビーンズの方針、塾生が抱える課題、指導内容に加えて、ビーンズへの通塾が公立学校で出席扱いとなった事例について詳しくお話ししました。

日本教育新聞社のインタビューに答えるビーンズ塾長・塚﨑康弘

▼インタビュー記事
日本教育新聞様のWEBサイトで全文が読めます。
※記事全文を読むには、会員登録が必要です

インタビューの概要

以下、インタビューでお話させて頂いた内容のあらましです。記事内容と併せてご覧くださいませ。

通塾が出席扱いになるには?

ビーンズへの通塾が出席扱いになるかどうかは、各学校の判断にゆだねられます。気になる方は、まずは学校の先生方へご相談してみてください。

通信制高校のイメージの変化

最近の通信制高校のイメージの変化についてもお話ししました。

N高等学校を始めとして通信制高校のイメージが変わったこと、通信制高校の種類が増え、それぞれの高校が特色のある授業を展開していくことで「音楽を作曲したい」、「プログラミングでゲームをつくってみたい」、「高校生で起業したい」といった、「やりたいことはあるが既存の普通科高校では活躍できる機会が少なかった」子どもたちが自身の希望にフィットする高校を選べるようになってきています。

通信制高校につきましては、過去のブログもご覧ください。

ビーンズの変化と居場所について

さらにインタビューでは、ビーンズに通う子どもたちが抱える課題についてお話しし、個別指導や学習支援だけでは、なかなか塾に来るきっかけをつかめない子どものために、塾内に「居場所」が必要になってきた経緯をお話ししました。

ビーンズの「居場所」とは?

子どもたちが集まり、それぞれやりたい企画や活動のアイディアを出し合い、仲間を募って、実行していく場であり、ただ雑談してもいい場であり、カードゲームで遊んでいてもいい場であり、また大人とじっくり話せる場でもあります。

不登校の子どもたちは、学校での部活動や行事に参加する機会も少なく、同世代と意見を出し合い、意見の対立を乗り越え、集団で何かをやり遂げる機会を得ることができません。

ビーンズでは「子どもたちが次のステージに進む前に、塾内で社会性を育んでほしい」。「進路を考えるきっかけを得てほしい」。「同世代との思い出を作ってほしい」。そんな思いで塾内での「居場所」づくりをしていることをお伝えしました。

最後に

日本教育新聞社のご担当者様には、ビーンズ創業から日本の公教育が抱える課題についてまで、(予定の時間を越えて)丁寧にインタビューしていただきました。

あらためて、ありがとうございました!

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

塾長・塚﨑が日本教育新聞のインタビュー記事に掲載されました!

ページ上部へ戻る