ニュース & ブログ- News & Blog -

学び治しの授業

ビーンズ×日本財団CANPANのコラボによる特別エンカレ! 「寄付ってなに?」

  • 土曜エンカレ

先日、ビーンズと日本財団CANPANでコラボして、「寄付」をテーマにした特別エンカレを開催いたしました。

コラボにあたっては、日本財団CANPANの藤川さんとビーンズの白倉先生が中心となってプログラムを準備し、当日も講師となって、生徒たちへ授業をしてくれました。

▼日本財団CANPAN 公式サイト
http://fields.canpan.info/

「寄付」を学ぶ!

学習支援塾ビーンズ 日本財団CANPAN コラボ 寄付

実施日:2017年12月9日(土)
正式名:学習支援塾ビーンズ×日本財団CANPANプロジェクト「寄付ってなに?」

授業の目的

本エンカレの目的は、寄付に関する正しい知識を身につけることで、自分自身の進学や、その後の様々な活動に役立ててもらうことです。

講義で学んだこと

学習支援塾ビーンズ 日本財団CANPAN コラボ 寄付

寄付というと、一般には募金のようなイメージが先行しますが、寄付本来の意味は、それだけに留まりません。講義の時間では、藤川さんより、「寄付とは何か」、「寄付と募金の違い」、「どんなNPO団体があるのか」、「寄付の使われ方」など、寄付に関する様々な知識について教えて頂きました。

▼寄付の概要
・寄付とは、NPOの活動に必要な金銭などの支援のこと
・NPOとは、社会が抱える課題に取り組む非営利組織のこと
・NPOに寄付することは、社会への投資につながる など

その後、塚﨑が少し時間を頂いて、寄付と教育との関連や、奨学金などについて話をさせて頂きました。

▼教育格差と寄付について
・塾に行けない子どもたちの存在がある
・大学進学、受験、授業料、一人暮らしなどには、すごくお金が必要
・寄付は学生にとっても他人事ではない
・寄付により、教育のチャンスを得られる子もいる など

グループワークで実施したこと

学習支援塾ビーンズ 日本財団CANPAN コラボ 寄付

今回は、三つのワークを実施しました。まずは講師と生徒が打ち解けるためのカンタンなワーク。それから寄付と教育の関連を知るための大学進学費用のシミュレーション。そして、学生ができる寄付について考えるための「お年玉の使い道ワーク」です。

アイスブレイク!
授業冒頭、生徒たちにとっては新しい大人と出会うときの恒例となっている、他己紹介ワークとセンパイインタビューを実施しました。生徒たちのことを先生に知ってもらい、また、先生のことを生徒たちに楽しく知ってもらうためのワークです。

大学進学費用のシミュレーション!
大学進学には、どれくらいのお金がかかるのか予想しました。その結果、想像以上の金額が算出されて、生徒たちはびっくりしていたようです。現在、奨学金を借りて大学に通う学生は約6割ですが、その多くは、利息のつく返済型です。寄付文化のない日本では、寄付によって成り立つ給付型の運営が難しいのです。誰もが等しく教育を受けるためには、寄付が大切となります。

寄付ってどうしたらできるの?「お年玉の使い道ワーク!」
寄付は、なにもお金だけではありません。ボランティア活動だったり、献血なども寄付の一つです。まずは身近なところで寄付を始める第一歩として、お年玉の使い道を考えるワークを行いました。その中で、生徒一人がどれくらいのお金なら寄付に使えるか、試しにシミュレーションしてみました。

寄付つきお菓子の紹介

休憩時間、藤川さんより、寄付つきお菓子についてご紹介を頂きました。(写真のお菓子はすべて寄付つき商品です。)

学習支援塾ビーンズ 日本財団CANPAN コラボ 寄付

他にも様々な種類があるそうなのですが、今回は、スーパーやコンビニなど、身近なところで購入できるお菓子をピックアップして頂きました。一つ一つのお菓子を見ながら、そのお金がどこに寄付されたり、どこに寄付つきを示すマークがあるのかなど、生徒たちにとって、とてもタメになることを教えて頂きました。

生徒たちの様子

授業冒頭において、生徒たちは、「意味がなさそう」、「お金がかかりそう」など、寄付に対して、たくさんのマイナスイメージがありました。しかし、「寄付が自分たちにも関わること」だと知ると、表情は一変。ワークを通して、身近なところからスタートできる寄付について、真剣に考えてくれました。

また、ビーンズでは、政治経済を学んでいる高校生も多いのですが、「NPOの定義」など、教科書からは得られない様々な情報を知ることができて、生徒たちも喜んでいたように感じます。

塾長・塚﨑から一言

知っているようで知らない「寄付」のこと。

それが実は、自分たちの学びや進学にも関係している事実を知り、生徒たちはこれまで無関係だと思っていたこともあって、大きな衝撃を受けていたように思います。寄付についての価値観を変えることができた今回の授業は、彼らにとってよい刺激となったように感じます。

感謝のメッセージ

今回、コラボして頂いた日本財団CANPANの藤川さん、また、ビーンズとCANPANの間に立って、今回のコラボ企画を主体的に進めてくれた白倉先生、本当にありがとうございました。

なお、当日の様子は、日本財団CANPANさんのブログ記事からもお読み頂けます。(本記事より、さらに詳しく書いて頂いておりますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。)

▼【開催報告】学習支援塾ビーンズ×日本財団CANPANプロジェクト「寄付ってなに?」
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1110

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る