ニュース & ブログ- News & Blog -

第1回 ビブリオバトル大会を開催しました!

塾のワンシーン

ビブリオバトル部 第一回大会 風景写真

こんにちは!学習支援塾ビーンズ、教務の小林です。

先日ブログで紹介しました、「ビブリオバトル部」の生徒たち主導のもと、第1回 ビブリオバトル大会を開催しましたので、当日の様子をお伝えしたいと思います!

ビブリオバトルとは?

<ルール>
参加者が、おススメしたい本を持ち寄って、制限時間内に紹介し、全員の発表が終わったところで、一番読みたくなった本を決める、という大会です。

<由来>
2007年に京都大学の研究室で生まれて、今では全国大学大会も行われています。

<前回の記事>
生徒たちが大会の準備でも盛り上がっている時の様子はコチラ!

ビブリオバトル部、塾内大会の準備に盛り上がっています!【ビーンズ部活風景】

ビーンズ・第1回 ビブリオバトル大会の様子

参加者

参加した生徒は、合計10人でした。

・中学生から大学受験生までの生徒 7人
・元ビーンズ生徒の大学生インターン 1人
・講師 2人

生徒の一人は、まさかの飛び入り参加でした! また、大会に参加はしていませんが、タイムキーパー係を引き受けてくれた生徒が一人いました。(ありがとう!)

バトルはポップづくりから始まっている…

ビブリオバトル部 第一回大会 ポップ

今回は、ポップ(書店で見かけるポップ広告)を準備することがルールになっていました。そのため、みんなが大会の準備をしていくと、

「えっ? いったい何の作品を紹介するの?!」

そう思わず聞きたくなるポップが、次々に机の上に現れて……。
緊張半分、ワクワク半分。だんだんと気持ちが高ぶっていきます!

緊張感の漂う中、大会スタート!

いつもは落ち着いた雰囲気の教室に、みんなのそわそわした緊張感が漂う中、ジャンケンで発表順を決めて、いざスタートです。

ビブリオバトル部 第一回大会 風景写真

今回はだれでも参加しやすいように、本だけでなく、漫画、映画も紹介して良いルールにしました。

実際に参加者が選んだ作品は、連続ドラマに小説、映画、漫画、ライトノベルと、バラエティに富んでいました。

ビブリオバトル部 第一回大会 盾の勇者の成り上がり

5分で、何を、どう伝える?

各自の発表時間は5分です。

小林も参加したのですが、この5分が意外と長い! そしてみんな色んな趣向を凝らしていました。

手書きのフリップを使う人あり。
ネットの画像を使う人あり。
BGMをかける人あり。

ビブリオバトル部 第一回大会 藤本有紀

初回の大会ながら、参加者一人一人、それぞれに色んな創意工夫があって、とても聞き応えのあるビブリオバトルでした。

ビブリオバトル部 第一回大会 生徒たち

発表する人は、講師も含めて全員緊張していましたが、自分の番になったら、いま持っているものを総動員して、ただ挑むしかありません!

記念すべき第1回ビブリオバトルの優勝者は…

発表が終わって、質疑応答の済んだ後は、ついに投票です。

審査の基準は、「一番読みたくなった(見たくなった)作品はどれか」、「印象に残った発表者は誰か」の二点。そして、「自分が1位、2位だと思う作品&発表者」を無記名で書いて、投票していきます。

そして、厳正なる集計の結果、優勝に輝いたのは、

「シートン動物記 オオカミ王 ロボ」を紹介してくれた、Tくんでした!

巻き起こる拍手。そして、愛のあるブーイングも 笑

じつは、Tくんは、ビブリオバトル部のリーダーであり、大会の発起人でもあったのです。そのため、「企画者が優勝するなんて(色々と持っていき過ぎ)!」という意味でのブーイングだったのです。

みんなのリアクションがひとしきり落ち着いた後は、表彰です。なにはともあれ、Tくん、おめでとう! 「子どもの頃から何度も読んだ」という、本への愛情が伝わる素晴らしい発表でした!

ビブリオバトル部 第一回大会 結果

大会の後の振り返り

参加したみんなの感想は?

生徒たちからはこんな感想の声が。

「緊張したけど楽しかった」
「準備した通りに話せなかった」
「こういう風に言えばよかった」
「作品の面白さを、もっと伝えたかった」

参加者は、発表後の達成感・高揚感だけで終わらず、「次は、もっとうまくやりたい!」という、次回に向けての意欲・向上心をかきたてられたようです。

講師からの感想

まずは、記念すべき第1回の大会。
子どもたちが中心となって企画をし、大会も盛り上がり、無事に成功できたことに大きな拍手を送りたいです。みんな、本当にお疲れさま!

そして、早くも次をやる気になっている生徒たちには、(無理のない範囲で)今後もぜひ続けていって欲しいと思います。

というのも、ビブリオバトルの公式サイトでは、「とりあえず3回やること」がおすすめされているからです。なぜ3回かというと、回数を重ねていくことで、参加者の「キャラが立ってくる」のだそうです。

また、ビーンズ講師の目から見ても、ビブリオバトルを繰り返していけば、「人前で自分の意見を発表するスキル」が向上していくことは明らかですので、ぜひとも楽しく取り組んでいって欲しいと思います。

第2回大会の開催も楽しみにしてるよ!

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

第1回 ビブリオバトル大会を開催しました!

ページ上部へ戻る