ニュース & ブログ- News & Blog -

学び治しの授業

学習支援塾ビーンズが取り組むチャレンジスクール対策について 第2回「チャレンジスクールの入試内容とは」

  • チャレンジスクール

こんにちは! 学習支援塾ビーンズです。

学習支援塾ビーンズでは、進学対策の一つとして「チャレンジスクール」の指導に取り組んでいます。詳しくは、全3回にわたって連載する記事「学習支援塾ビーンズが取り組むチャレンジスクール対策について」で、ご案内しています。

第2回目となる本記事では、チャレンジスクールの試験内容について具体的に紹介させて頂きます。

▼前回記事はこちら 第1回「チャレンジスクールとは」
https://study-support-beans.com/blog/challenge_school1/

学習支援塾ビーンズが取り組むチャレンジスクール対策について 第2回「チャレンジスクールの入試内容とは」

チャレンジスクールの試験内容の概要

challenge2-0

チャレンジスクールの入試では、いわゆる一般的な科目授業のテストは実施されず、「志願申告書・面接・作文」の三項目で採点がされます。

▼東京都立大江戸高等学校の場合
・志願申告書250点
・面接600点
・作文400点
計 1250点

▼東京都立八王子拓真高等学校の場合
・志願申告書100点
・面接500点
・作文500点
計 1100点

▼参考URL
http://www.hachioji-takushin-h.metro.tokyo.jp/pc/pdf/entrance_outline1.pdf

学校によって、配点の割合には多少の違いがありますが、いずれの学校でも「面接と作文が重要」ということは共通しています。

では、チャレンジスクールの入試において、志願申告書、面接、作文が、どのような内容になっているのか、順番に説明していきたいと思います。

チャレンジスクールの入試内容1:志願申告書について

志願申告書の概要

チャレンジスクールの入試は、まず志願申告書を作成して、出願時に願書と一緒に提出するところからスタートします。志願申告書で記入する項目は5点あります。

challenge2-1

▼志願申告書の記入事項
1.入学を希望する理由
2.将来の夢・希望
3.高校入学後、科目授業の学習面で頑張りたいこと
4.高校入学後、科目授業以外で頑張りたいこと(部活・生徒会・ボランティアなど)
5.自己PR(入学を希望するにあたって特にPRしたいこと)

※実際の志願申告書の電子データはこちら
http://www.hachioji-takushin-h.metro.tokyo.jp/pc/pdf/entrance_challenge.pdf

書面を見ると分かりますが、志願申告書では、とても自由度の高い質問がされています。生徒が主体的な意志や想像力を持っていないと、回答することはとても難しい内容になっています。

チャレンジスクールが求めるのは「自主性を持つ生徒」

志願申告書の内容を確認すると、チャレンジスクールは自主性を持っている生徒を求めていることが分かります。もう少し具体的にいえば、過去に色々な挫折経験を持っていても、高校生活・高校卒業後の進路を真剣に想像して考えて、自分の将来に向かって、きちんと進もうとしている生徒を求めています。

チャレンジスクールの入試内容2:面接について

面接の概要

challenge2-2

志願申告書を提出したら、次は面接と作文による選考が実施されます。チャレンジスクールにおいて、面接はとても重要視されていて、配点も高く設定されています。合否を決める上で、絶対に欠かせない項目となっていますので、面接対策は必須といえるでしょう。

面接の形式

面接の形式は、たとえば以下のようになっています。

▼都立世田谷泉高校の場合
・面接官2人と受検生1人で面接

▼都立大江戸高校の場合
・面接官2人と受験生1人で面接

▼都立六本木高校の場合
・面接官2人~3名と受験生1人で面接

▼参考
http://www.setagayaizumi-h.metro.tokyo.jp/cms/html/entry/42/9.html

面接時間は、いずれの学校も大体15~30分で実施され、場合によっては延長もあるそうです。限られた短い時間の中で、受験生は面接官に対し、「チャレンジスクールに入学したい!」という熱意をうまくアピールしないといけないわけです。

学校側(面接官)が面接でチェックしていること

チャレンジスクールの面接官がチェックしていることは、主に下記の通りです。

・きちんと通学を継続できそうな生徒かどうか
・自分の高校生活について希望や期待を持っているかどうか
・自分の将来についてきちんと考えているかどうか
・自分の長所・短所を、把握し、短所については改善しようとしているかどうか

チャレンジスクールは倍率が高く、三人もしくは二人に一人が不合格となります。そのため、面接官は入学後もしっかり通学してくれて、自分の将来を本気で考えて頑張ろうとしている生徒を厳選して入学させたいと思っています。

チャレンジスクールの入試内容3:作文について

作文の概要

challenge2-3

チャレンジスクールの作文テストでは、たとえば下記のような出題がされます。

▼都立大江戸高校の過去問

「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」この文章を読んで、あなたが考えることを書きなさい。その上で、自分自身の夢を実現するために、あなたはどのような高校生活を過ごしたいかを、「理想」「計画」「実行」の三つの言葉を必ず文中に入れ、大江戸高校の特徴に触れながら、合わせて六〇〇字程度で書きなさい。

※引用
http://oedo-h.metro.tokyo.jp/%E5%85%A5%E8%A9%A6%E3%83%BB%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%85%AC%E9%96%8B/%E5%85%A5%E8%A9%A6%E6%83%85%E5%A0%B1

 

▼桐ヶ丘高校の過去問
「あなたの「十年後」はどのようになっていると思いますか。また、それに向けてあなたは桐ヶ丘高校でどのような生活を送ろうとしていますか。550字から600字以内で述べなさい」

※引用
http://www.kirigaoka-h.metro.tokyo.jp/cms/html/entry/10/6.html

問題を読むと分かりますが、「あなたは、どのような高校生活を送りたいか」、「あなたは、きちんと将来のことを考えているか」というように、生徒が自主性をきちんと持っていて、その受け答えをちゃんとできるかどうか、問いかけられる傾向が強いです。

「志願申告書・面接・作文」からわかるチャレンジスクールが求める人物像

繰り返しになりますが、チャレンジスクールが求めているのは、高校生活・高校卒業後の進路を真剣に考えて、自分の将来に向かって真摯に取り組もうとしている生徒です。

よく世間一般に誤解されているのですが、チャレンジスクールは単に「今まで不登校だった生徒を受け入れるだけの学校」というわけではありません。正しくは、「挫折経験があるけど、その上で頑張りたいと思っている生徒を受け入れて、育てるための学校」なのです。

確かにチャレンジスクールでは入試の際、科目授業の成績の出来不出来について問われませんが、これまでに紹介してきたように、志願申告書・面接・作文などの試験は自由度が高く想像力や自主性を必要としますので、場合によっては、通常の科目授業の成績を上げるほうがラクかもしれません。(単純に問題を解くだけのテストはできても、想像力や自由度を求められる作文・面接が苦手という生徒は、現代社会において数多い傾向にあります。)

また、チャレンジスクールは倍率も高いので、都立高校のなかでは、じつは狭き門ともいえるでしょう。

▼参考URL
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2016/pr160216a/28senmon.pdf

学習支援塾ビーンズが実施するチャレンジスクールの対策とは・・・?

そんなチャレンジスクールの入試に対し、学習支援塾ビーンズでは、いったいどのような対策をするのか。それは次回のブログで紹介したいと思います!

▼第3回「学習支援塾ビーンズが取り組む指導・対策について」
https://study-support-beans.com/blog/challenge_school3/

✔ ビーンズへ相談したい方はコチラ

TEL : 03-6380-2705 (11時~21時)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)


授業・料金のご案内はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る