ニュース & ブログ- News & Blog -

不登校・勉強嫌いもAO入試/推薦入試は目指せる②
「最初の準備は好きをコトバに」

学び治しの授業

学習支援塾ビーンズのAO入試/推薦入試対策②「すき」をコトバにする

こんにちは。学習支援塾ビーンズ副代表長澤です!

この記事では、近年、人気上昇・募集人数も増えている総合型選抜(旧AO入試)/推薦入試の対策についてご紹介します!

(この記事内では「総合型選抜」を旧来の「AO入試」と呼びます)

前回は、AO入試/推薦入試を目指すお子さまの保護者さまへむけ、保護者さまへどんな準備をしていってほしいか、お伝えしました。

今回はお子さまが最初にAO入試/推薦入試の対策としてどんな準備をすればいいかについてお話しします。

ビーンズに相談したい方はこちらから。

不登校・勉強嫌いでもAO入試/推薦入試はチャレンジできる

まず、結論から。

「不登校、勉強嫌いでもAO入試/推薦入試は挑戦できます」

確かにAO入試/推薦入試には評定や学力検査がある場合もあります。

それでもはじめから選択肢から外すのは早すぎます。

不登校や勉強嫌いな生徒が、好きなこと一本で勝負できるのは魅力的な選択肢です。

AO入試を選ぶ理由が、科目勉強したくないという理由だと厳しい…

とはいえ、ここから厳しいことを言います・・・

不登校・勉強嫌いの子どもでもAO入試/推薦入試は挑戦できます!と言いましたが、

「科目勉強したくないからAO入試で…」という動機ではAO入試/推薦入試は難しいです

お子さんが「AO入試対策、なんとかしないとなー」と、ぼんやりと悩んでいる時点で、相当追い込まれている状態です。

なぜかというと、AO入試/推薦入試をする側である大学の先生(教授)が持つ受験生への関心は、

その生徒が

これまでどういう興味関心を持っているか

今までどんな取り組みをしてきたか

これから大学でどういうこと(研究)をしたいのか

というところです。

特に文系学部、具体的には最近人気の「人文系」(社会学など)では、

お子さんが自分の学問分野への関心を説明することが必要です。

つまり、本来は、

大学でやりたいこと(大学の場合、研究です)が明確で、その大学に入りたい理由もあり、その手段としてAO入試を使う

という考え方のお子さんがAO入試/推薦入試向きなのです。

AO入試/推薦入試が求める人物像

AO入試/推薦入試で求められている人物像について、もう少し詳しく解説します。

「答えのない課題に積極的に取り組む行動力がある人」です。

〇「答えのない課題」とは・・・・特に社会にある課題のうち、すぐには答えが出ないものです。例えば環境問題だったり、少子高齢化だったりします

〇「積極的に取り組む」とは・・・いままでどれくらいやってきたかの実績。そしてこれからどれくらい本気で取り組むかであろう姿勢

では、「今まで本気で取り組んだものがない人」は、AO入試/推薦入試を諦めるべきなのか

そうではありません。

「今まで本気で取り組んだものがない」(と、自分で思っている)お子さんでも、

大学入学後「答えのない(社会)課題に本気で取り組む」という姿勢を受験時に示すことが大切です

この「本気で取り組む姿勢」を示すにはどうすればいいか?

それは……

 今この瞬間から、「自分がなんの答えのない課題に取り組むのか」を考え

 将来へ向けての計画を立て、「何を、いつまでにするのか」についてスケジュールを大いに語ること

この二点です。

AO入試/推薦入試への準備

「大学」はなにをするところなのかを知ること

そうは言っても……

「ビーンズへすぐ入塾できないし……それまで不安」

「ビーンズへ行くまで、家でできることはないか?」

と思う方もいらっしゃると思います。

まず、ご家庭でやっていただきたいのは「大学はなにをするところなのか?」を理解すること。

これが、ご家庭でできるAO入試突破の第一歩です。

大学は教育機関の側面もありますが、“研究機関”でもあります。

そして、大学の先生は、実は先生ではありません。教授といって“研究者”なのです。

“研究者”ということは、大学の先生自身がすごく好きで、研究してることがあります。

この点、生徒に(主に)科目勉強を教えることが仕事である高校までの教師とは、全然違います

AO入試/推薦入試する人は、そういう大学の先生=教授へ

「私はすごく好きなことがあって、この大学で頑張りたい(研究したい)です

と言えるかどうかが大事になります。

好きなことへの圧倒的な知識

上記を踏まえ、AO入試/推薦入試で必要な力とはなにか。

そして、ご家庭でもできることはなにか。

それはズバリ、

自分の好きなことを言語化すること

自分の好きなことを大学の学びにつなげること

「(大学での学びに繋がる)好きなことへの圧倒的な情報量を持っていること」

です。

ここでいう「圧倒的な情報量」とは・・・

●好きなことについての「固有名と数的情報」を圧倒的に喋れること

・「自分の好きなこと」に関連すること「社会で頑張っている人」の固有名を答えられること

 ⇒ディズニーランドのキャストさんに憧れている...ではなく、「ディズニーランドのキャストの〇〇さんのホスピタリティに憧れている」が正しい

・「自分の好きなこと」や「自分の夢」に関連する先行事例について
  
「数字」を含めて答えられること

 ⇒「地方のインバウンド観光が増加してる」ではなく
  「〇〇県の取り組みでは、インバウンド観光者数が〇年~〇年の間で〇〇人増加した」が評価されます

●好きなことについての一次情報源に圧倒的に触れていること

一次情報とは「省庁の発表や論文」です。ネットのまとめ記事などはNG

●自分の好きなことを大学で学ぶことへ繋げられるとベスト

・自分が好きなことを学べる大学の研究室と教授名を答えられる

です。

「ちょっと興味あるかも・・・」というカジュアルな感じではなく、

マニアックでちょっと偏執的な「好き」や「こだわり」がAO入試/推薦入試のネタになりえるのです!

理想は、「そのことについて気づいたら、夜を徹して関連項目もまとめてWikipediaで調べてた・・・」レベルです。

「自分の好き」なことを言語化できていない場合、何から始めたらいいか?

それでは、

「好きなことはあるけど、人に説明できない」・「色々好きなことがあって、まとまりがつかない」

場合、何から手をつけるか?

まずは、今の自分のレベルをチェックするために、高校入試レベルの志願申告書が書けるかどうか試してみましょう。

▼こちらに高校入試でつかう志願申告書のデータがあります。まずはこのフォーマットを埋められるかどうか、ご家庭で試してみてください。

※使う際は、「高校」というところを「大学」、「教科の学習」を「研究」に脳内変換してみてください。

ここで「全く書けない!」という方。安心してください

志願申告書が書けなくても、今はまだうまく言語化できていないだけなのかもしれません。

そんなときは、好きなことをマインドマップを作っていきます。

ビーンズでは講師と生徒、もしくは生徒同士ペアになって行います。

このマインドマップを書く際のポイントは、子ども自身は記入せず、他人に書いてもらうのがコツです。

書き方のコツは、好きなことをただリストアップするだけではなく、「好きになった理由」「特に好きな部分」を深掘りしていくとよいです。

(ビーンズで使用されるマインドマップお手本)

そうやって書き上げたマインドマップをみながら、自分が大学4年間で、マインドマップに書いてあることを軸に研究(あえて勉強という言葉は使いません)できるかを考えてみるのがよいです。

もし、マインドマップを全く書くことが出来ない場合は、「自分が大学4年で本当に何をしたいのか」「自分が好きなことの軸はなにか?」をもう一度慎重に考えてみましょう。

その際は、お子さまが一人で考え込む時間も大事ですが、誰しも自分の進路を考えるのはツラいもの

多くの中学生・高校生は「進路のことを考えるのが不安」”なのです。

まずはご家庭で保護者様が、お子さまの「壁打ち相手」(子どもへ質問してくれる役割)になっていただけると良いと思います!

そのためには、“ご家庭を「絶対安心の場」にする” ことが大切です。

そして、“お子さんを「恐怖と不安」で駆り立てようとしない”というのも大事です。

特にお子さまの将来へ熱心で、社会への感度が高い保護者さまこそ陥りやすいのが「意識高い保護者さまの落とし穴」です。

とにかく、明るく、楽しく理想の大学生活・研究について話し合っていただきたいと思います。

ビーンズでは担任講師がマンツーマン授業でばっちり伴走しつつ、

受験生みんなで自分たちの進路を楽しく考える機会をつくっています!

進路を考える際のキーワードは「他人事」「無責任に楽しく」です!

ビーンズのAO入試・推薦入試対策に興味のある方は、こちらの記事もご覧ください


【ビーンズ流】総合選抜入試(旧AO入試)/推薦入試の対策について

もし、これを読んでいる受験生で「こんなことできない……」と、悩んでいる人がいたらですが

まず「大丈夫」と伝えたいです。

学習支援塾ビーンズに来るお子さん(先輩たち)は皆、

・好きなことはあるけど、うまく説明できない

・好きなことはあるが、他人からホメられた・なにか受賞した経験はない

・大学でどんな(社会)課題に取り組めばいいのか…… そもそも決まっていない

という状況でした。

この状況から、私たちは先輩たちと伴走して、合格していったので、安心してください。

(この先輩もそうやって合格しました!そして今、ビーンズを手伝ってくれています)

「私、そこまで頑張れるやる気がない……」と思っている方もいらっしゃると思います。

「大丈夫」です。

ビーンズから巣立った先輩たちは、皆最初はやる気がありませんでした。

それどころか、先輩たち全員“ビーンズの授業キャンセルしまくってた”のです(笑)

こちらの記事を読んでもらえれば、ビーンズの受験対策の雰囲気が伝わると思います。

最後に……ビーンズの総合選抜(AO入試)/推薦入試の対策についての他の記事はこちらです!

ご家庭でできる対策もたくさん書いてあるので、ぜひ、読んでみてください。

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

不登校・勉強嫌いもAO入試/推薦入試は目指せる②
「最初の準備は好きをコトバに」

学習支援塾ビーンズのAO入試対策②「すき」をコトバにする

ページ上部へ戻る