ニュース & ブログ- News & Blog -

学び治しの授業

学習支援塾ビーンズの授業紹介 ~ 生徒の「普通」への先入観を外すワーク ~

こんにちは! 学習支援塾ビーンズです。

今日は学習支援塾ビーンズが取り組んでいる授業コンテンツの一つ「生徒の「普通」への先入観を外すワーク」について紹介したいと思います。

生徒の「普通」への先入観を外すワーク

「普通」への先入観とは

「普通」への先入観とは、「その生徒が抱いている人生の先入観」ということです。

たとえば不登校・ひきこもりなどの悩みを持つ生徒に多くみられるのが、「人生=ストレートでなければならない」という考えです。これはいわゆる「ストレートな進学⇒ストレートに企業就職⇒定年退職までホワイト勤務⇒年金生活」というようなものです。そして、彼らはそんな「人生=ストレート」を信じているからこそ、「レールから外れた自分=もう未来はない」という人生に対してマイナスな先入観を抱いてしまい、なにも行動する気がなくなってしまっているケースが多いのです。

※多くの生徒が思っている「普通」の具体例
・小中高は普通に通学して問題なく卒業しないとダメと思っている
・大学には浪人なしでストレート合格しないとダメと思っている
・難関校意識の高い生徒は有名大学(最低GMARCH以上)以外、ダメと思っている
・就職は、少なくとも上場企業(の総合職)もしくは公務員以外、ダメと思っている
・これらストレートのレールから外れたら生きる術はなく、未来は餓死するしかないと思っている

「普通」への先入観を外さなくてはいけない理由

なぜ「普通」への先入観を外さなくてはいけないかといえば、前述の通り、生徒たちが「普通から外れた=自分は何をやってもムダ」と、頑なに信じ込んでしまい、行動を起こさなくなっているからです。

いわゆる「普通」を信じすぎている生徒は、往々にして、「普通の子どもたちは普通に学校へ通っているのに、自分は普通に学校に通うことすらできない、普通ではない存在」と考えてしまいます。そして、「自分は普通のレールから外れてしまった、ダメな人間・無能な人間・無価値な人間である。だから、これから先、自分は何を頑張っても、もう普通にはなれないし、うまくいきっこない」といったマイナス思考・自己卑下の極みに至り、結果として、将来のことを何も考えられなくなり、行動を起こすこともできず、なにも改善できない状況がずるずる続いてしまうのです。

しかし、そもそも、今の社会に生きる大人たちは、果たしてたった一度の挫折もすることなく、誰とも揉めることなく、ほんの一つの障害もない進路をただ真っ直ぐと進んでこれたのでしょうか。その答えが「ノー」であることは、ほとんどの大人たち自身が頷ける話だと思います。

そのため、学習支援塾ビーンズの『学び治し』の授業では、まずは生徒の誤った思い込みを外し、柔軟な考え方ができるように生徒の社会常識を広げてあげることを重要視しています。

生徒の「普通」への先入観を外すワークとは

生徒の「普通」への先入観を外すワークでは、生徒の誤った思い込みを解きほぐすため、色んな話題をテーマにして、とにかく生徒と話し合っていきます。具体的には、生徒が「普通」だと思っていることを話してもらって、それを一つ一つ、「実際はそうでもないよ」と、社会で起きている現実と突き合わせていって、丁寧に解きほぐしていきます。

futu

ワークシートには、各行ごとにテーマを定めて、矢印の下側に生徒が「常識だと思っていること」や「ネガティブに思っていること」を書き出していきます。そして、矢印の上側には、講師が「こんな考え方もあるよ」、「それだけが正解ではないよ」というように、生徒の常識を否定する意見を書き出していきます。

ワークシートに一通り書き出した後は、生徒の考えを一つずつ確かめていき、「ネガティブに思い込んでいたことについて、今はどのように思っている?」と尋ねていきます。これにより、生徒の「普通」への先入観を外し、認識を少しずつ変えていくことができるようになります。

例)ストレートな人生を思い込んでいる生徒に多い「思い込み」
生徒 現実
普通は高校卒業したら大学へ行く 高校卒業後の大学進学者は約50%
普通は大学を卒業する 大学へ入学しても中退者は約2~4割もいる
普通は定年まで同じ会社で働く 大卒者が入社後、3年以内に離職する確率は30%前後と多い
大学へ受験合格できない=何もできないダメ人間である 将来を考えて、受験ではなく、高卒後、専門学校や社会で働く道を選ぶ人は多い
公務員なら一生、安泰だ! 公務員でも退職する人はいる(激務で倒れるような職場もある。)
一度でも挫折したら人生は終わりだ 挫折を克服して人生を充実させている人はたくさんいる。
ろくな高校・大学にも進学できない自分に未来なんかない ろくな高校・大学でなくても社会で活躍している人はたくさんいる。
自分は今後、挫折・失敗しかしない じつは大人だって挫折・失敗は繰り返している
▼離職率の参考データ
厚生労働省「新規学卒者の離職状況」
▼大学進学率の参考データ
文部科学省「平成27年度学校基本調査(確定値)の公表について」

まとめ

生徒に柔軟な考え方を身につけてもらうため、学習支援塾ビーンズでは今回のようにマンツーマン形式のワーク以外にも、実際に色々な職種・生き方をしている現役社会人の話を聞いてもらう「センパイインタビュー」の授業や、生徒同士で話し合う「グループワーク」の授業もしています。

自分で考え、色んな人と意見交換をして、より多くの情報に触れることで、ようやく生徒は「自分の考えが狭いものだったのかもしれない・・・」と気がついて、いわゆる「普通」の考え方がすべてではないことを意識するようになってくれます。これが、不登校・引きこもりの改善において、とても大事な一歩になります。

参考

授業で使った生徒たちのワークシートです。

futu2

✔ ビーンズへ相談したい方はコチラ

TEL : 03-6380-2705 (11時~21時/日曜は定休日)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付中)


授業・料金のご案内はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る