ニュース & ブログ- News & Blog -

学習支援塾ビーンズの授業紹介 ~ 「合格ストーリーシート」で受験を振り返る ~

学び治しの授業

こんにちは! 学習支援塾ビーンズです。

ビーンズでは、さまざまな種類のワークシートを使って、生徒たちが自分自身の気持ちや考えに向き合える機会を作っています。

今回は、その中の1つ「合格ストーリーシート」についてご紹介します。

合格ストーリーシートとは

合格ストーリーシートは、受験を始めた時から合格するまでにあった出来事を並べ、自分の感情の変化を細かく書き起こすことで、自分自身のこれまでの気持ちの変化や成長のポイントなどを振り返るためのワークシートです。

使い方

まず、受験するまでにあった出来事ごとにタイトルをつけていきます。そして、その時の気持ちについて、上がり下がりの変化を「-5」から「+5」までの数値で評価・記述していきます。

例えば…

「チャレンジスクールを受験すると決めた。やる気が出てきた」⇒+2
「志願書をどう書いていいか分からず、途方にくれる」⇒-5
「ビーンズに通い始めた」⇒+1

このように、「自分はどんなとき、どういう状況で、心の状態がどうなっていたか(上がっていたか、下がっていたか)」を細かく書いていきます。

さらに…

自分が直面していた逆境は何だったのか?

それを、具体的にどのような努力をして克服したのか?

その結果は?

それを受けて、今はどのような気持ちか?

などの詳細についても、生徒自身の言葉にして書いてもらいます。

実際に生徒にやってもらった!

今年、都立チャレンジスクールに合格した生徒Aさんに、実際に合格ストーリーシートを記入してもらいました。

合格ストーリーシートは書くタイミングが重要です。そのため合格発表の直後、すぐに書いてもらうことにしました。

学習支援塾ビーンズ 合格ストーリーシート

Aさんの場合、受験前は不安や心配事がたくさんあり、保護者様も心をいためていました。

合格ストーリーシートを書く中で、自分の心の上がり下がりや、保護者様からかけていただいた言葉、不安や心配をどう乗り越えていったのかをひとつひとつ思い出し、自身の成長も感じられたようです。

合格ストーリーシートを書くことで得られる効果

合格ストーリーシートを書くことで、生徒たちは自分自身の達成感をあらためて認識して、記憶しておくことができます。

そうすることで、

・自分の気持ちの上がり下がりを客観的に捉えることができる。

・将来、同じように何かにチャレンジする時、「受験のときも大変だったけど、乗り越えられたじゃん!」と思えるようになる。

・「あのときと同じように、具体的な方法でステップを積み上げていけば、逆境を乗り越えられるはず」と自分を信じられる。

といったように、今後、また新しいチャレンジをすることになった際、とても大事な原動力となってくれます。

志望校に合格したことは、子どもたちにとっての大きな成功体験となりますが、成功したという結果だけが大切なのではありません。そこに至るまでの紆余曲折の道のりを認識し、きちんと努力の過程・気持ちの揺れ動きもセットにして記憶しておくことで、今後の彼らの大きな糧になると、ビーンズでは考えています。

まとめ

今年の受験では、都立チャレンジスクール全員合格、生徒主体のお祝い会など、嬉しいことが続きました。

2018年度 ビーンズの都立チャレンジスクール受験生が全員合格しました!

生徒たち主導で準備をしてもらいながら、ビーンズ受験お疲れ様パーティーを開催しました!

お祝いムードの中で、生徒たちに忘れてほしくないのが今回の合格は運や偶然では決してなく、自分で引き寄せたものだという感覚です。「今回の受験には、さまざまな困難があったこと、困難から逃げたり、情けない瞬間もあったけど、その困難に一つ一つ向き合ったからこそ合格できたこと」を覚えておいてほしいと思います。

将来、子どもたちが大きなチャレンジをすることになった時、「あのときも、ちゃんと努力できたし乗り越えられた。だから今回も頑張ろう!」という気持ちになってほしいと願っています。

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

学習支援塾ビーンズの授業紹介 ~ 「合格ストーリーシート」で受験を振り返る ~

ページ上部へ戻る