ニュース & ブログ- News & Blog -

不登校 大学生のサポート塾。復学~就活支援まで【ビーンズのアドバイスと指導法】

その他

不登校になる学生は、小中高だけでなく、大学でも増えています。

本記事では、そんな大学での不登校に関するお悩みを持つ方のため、当塾ビーンズより、カンタンなご案内をさせて頂ければと思います。

(ビーンズでは、受け入れ人数に制限がありますが、不登校の大学生への指導もしていますので、本記事が状況改善のきっかけになれば幸いです!)

大学生で不登校になるケースとは

大学で不登校になる原因には、以下のようなケースがあります。

・単位の選び方がうまくできない
・大学での勉強方法に慣れない(論文や調べものなど自由性が高くて難しい)
・大学での人間関係がうまくできない

高校までの間、真面目だったり、ちょっと内罰的だった学生は、大学における「自主性を求められる勉強・活動」にうまく馴染めず、だんだんと通学意欲をなくしてしまうことがあります。

また、その際、大学に行かず、ネットやゲームなどの趣味に依存すると、そのことで時間を浪費して、さらに不登校が長引いてしまうことにもなります。

状況改善をするための準備(心構え)

これから復学、就活などを考えるにあたって、大事なことの一つが「完璧を求め過ぎない」ということです。

先ほどの不登校になる原因を振り返った時、それらはいずれも「理想に到達できない自分への責め」という気持ちが根幹にあります。

・きちんと通学しなきゃ、という理想
⇒不登校になって自分を責めている学生の多くは、「大学に行く以上、ちゃんと毎回出席して、授業内容を高校同様、理解しなければならないのに……」という強迫観念を持っていることが多いです。そして、それができないから、へこむケースが多いです。(高校時代まではちゃんとできていたのに……などの気持ちも含まれます。)

・人間関係をうまくしなきゃ、という理想
⇒そつなく、できればみんなと仲良くなりたいという願望を持っており、そのギャップで苦しむことが多いです。(とくに、高校までは友達がたくさんいたのに、大学に入って、あまり仲の良い友達ができなかったり、ノリが違い過ぎたり……でショックを受けていることがあります。)

しかしながら、大学生活において、こういった「完璧を求める考え」はあんまり重要ではありません。それよりも、少し割り切った気持ちを持ってラクに考えた方が、それからの状況改善もしやすくなります。

▼大学生活では「割り切り」が大事
・授業の内容が完璧にわからなくてもいいや
・単位取得ギリギリでも、単位取得(卒業)できればいいや
・人間関係も仲良くできる子と仲良くできればいいや

このように割り切りの気持ちを持つと、だんだんと「大学へ行きたいのに行けない」といった悩みが減っていきます。(行きたい時に行って、最低限、単位さえ取れればいいやと、思い切って割り切ってしまう。)

ビーンズの指導法とアドバイス

大学への復学支援では、以下のように指導をしています。

・ビーンズのワークで、本人の趣味や方向性をチェック

・本人の興味ある分野に関連する学外活動などに参加してもらう

・色んな情報や人間関係などを得てもらって、そこから動機を得てもらう

・「自分のやりたいこと」の方向性が見えてきたところで、今後の進路を決めていく

・単位はじめ、大学のスケジュールを決めて、復学していってもらう
(要望があれば、論文やレポートの書き方指導なども実施)

就活支援においても、上記とほぼ同じ流れです。詳しくは、以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

自分のやりたいことや就活の準備方法が分からない大学生へ伝えたいアドバイスまとめ

大事なことは「情報収集」!

おそらく、大学で不登校になっている学生の多くは、「自分のやりたいこと」がまだ見つかっていない状態だと思います。

この時に大事なことは「情報収集」です。とにかく行動をして、色んな資料を集めて読んだり、色んな場所に出向いたり、色んな人に会って、これからの情報を集めて、自分のやりたいことを見定めていくことが欠かせません。(実際に現場へ行ったり、情報を集めもしないで、動機も何も生まれないからです。)

マイナス思考はしない!

「学校にも行ってないのに、学外活動なんて……」
「どうせやってもムダだし……」

などの考えは、そこで状況改善をストップさせてしまいます。まず、大学生は、学校に行かず学外の活動をしていても、とくにヘンな目で見られることはありませんし、取り組みが無駄になるかどうかは、それこそやってみないと分かりません。

学外活動は、情報も集まるし、精神的にもタフになれる!

なぜ学外活動を薦めるかというと、(大小ありつつ)何かしらの知識や経験を得られることが多いからです。

その中で、あらためて、自分のやりたい学問や、やりたいことについて考える機会を得られるかもしれませんし、また学外活動で人間関係を構築することによって、コミュニケーションの自信を獲得し、復学した際、タフにもなれます。(いちいち大学の人間関係程度のことに気を取られなくなります。)

就活でも「行動力」が大事となる

大学生の就活支援でも、ビーンズが必ず指導することは、「現場へ行ってこよう!」ということです。展示会や国際フォーラムの就活イベントはもちろんのこと、受けたい業種があるなら、その関連店舗へ、実際に足を運び、現場の雰囲気、働いている人の雰囲気などを必ず見るように指導します。そして、できれば、実際にそこの環境で働いている人とラフな話題も交えて会話ができるとベストです。

参考:センパイの体験談

以前、ビーンズの講師たちにアンケートを取って、大学時代にやりたいことを見つけた経験などを書いて頂きましたので、どうしても自分のやりたいことが見つからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

「大学の楽しさと大学で勉強する意味とは?」 ビーンズ講師・白倉先生に聞いてみました!

自分のやりたいことを見つけた瞬間! ビーンズ講師・白倉先生の体験談!

「大学の楽しさと大学で勉強する意味とは?」 ビーンズ講師・西田先生に聞いてみました!

自分のやりたいことを見つけた瞬間! ビーンズ講師・西田先生の体験談!

また、中央大学の学生さんに、これから大学に進む後輩たちへ特別授業をして頂いたこともあり、その時のテーマは、「大学生活においては色んなことにチャレンジする姿勢が大事」というものでした。こちらも参考になれば幸いです。

中央大学・学生さん企画の特別授業! 「大学入学前のみなさんに伝えたいこと」

指導実績

ビーンズでは、色んな経験をしてきた先生たちに加えて、色んな業界で活躍する社会人の方とも関わりを持っており、生徒の状況に応じて、じかに会って話したり、インタビューしたりする特別授業も実施しています。

過去、復学や就職をした学生の実績(体験談)について、以下に紹介いたしますので、参考にして頂ければ幸いです。

「なぜか大学に通えない」 大学で急に不登校になった生徒を『学び治し』の授業で、無事に復学!

「就活どうすればいいのかわからない…」 ⇒金融機関へ内定!将来に悩んだ大学4年生の体験談

メッセージ

現在、大学生の方へ

大学では、学生ならではの自由性を活かしてほしいと思います。

中学・高校に比べて、大学では、自分に使える時間を自由に設定できます。大学に限らず、サークル、学外活動、インターン、ボランティアなどに参加したり、または、それらを組み合わせたりして参加して、日々の時間における「費用対充実度」を上げていくようにしましょう。

大事なことは、

・今、自分の好きなものと向き合うこと
・今、自分の好きなものを軸にして、外の環境に飛び込む勇気を持つこと

です。とにかく行動をして、色んな経験を積んでいってもらえればと思います。

保護者さまへ

大学生の子が不登校になり、ひきこもるケースの一つとして、ゲーム依存などがあります。

学校にも行かず、働かず、ずっと遊び続けている。こういう状況がずっと続く時は、きちんと自立の心を持ってもらえるように、甘やかしすぎないように気をつけましょう。

・依存がひどい時は親が干渉する
⇒お小遣いカット(趣味のお金は自己負担にさせる)
⇒酷い時は、回線を切るなど、親が制限できる力を持っておく
⇒学校に行かないなら最低限、家の手伝いはさせる
⇒何もしない時は、ご飯を出さないなどの制限も大事

・もし暴力を振るわれたら
⇒徹底して、子どもと距離を取る。
⇒お金に余裕があれば、家を離れて暮らす。
⇒一番いけないのは殴り返すこと。また、そのまま甘やかしている状態を続けること(親子が悪い方向に共依存になってしまうため。)

本来、生活は、生活費や電気代などのお金が必要なことです。これを、親が上げ膳据え膳やってしまうと、お子さまはいつまでたっても自立の機会を得ません。あまりに依存が酷い時などは、徐々に制限をかけたりして、生活維持するためにはどうすればいいのか、具体的に考えることを本人に考えさせるようにしていきましょう。(大学は義務教育ではありませんし、18歳は、もう社会で働いても良い年齢です。色んな社会の常識を伝えていって、そのことを自覚させることが大事です。)

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

不登校 大学生のサポート塾。復学~就活支援まで【ビーンズのアドバイスと指導法】

ページ上部へ戻る