ニュース & ブログ- News & Blog -

受験直前の子どもが「今年は辞めたい・浪人したい」と言ってきた時に家族の接するべき態度

教育アドバイス

受験直前の学生は色んなストレス・悩みに直面しますので、「今年の受験を辞めたい」、「浪人したい」と言うことも日常茶飯事です。

この時に大事なことは、保護者さまがすぐに慌てたり、頭ごなしに叱ったりせず、まずは子どものストレスを吐き出させてあげる環境づくりを心がけることです。以下、詳しくアドバイスさせて頂きます。

実際にあった保護者さまからの相談内容

当塾では、実際に保護者さまから、以下のような相談がありました。

受験半年前になって、子どもが「今年の受験を諦めて浪人して来年受験にしたい」と言ってきました。聞けば、理由は「自分は今、数学をやっていないが、自分の入りたい経済学部では、数学が必要になるから準備したい」とのことです。確かに数学の必要性は理解しますが、受験まで半年を切っていて、これまで勉強していない数学をいきなりスタート(チャレンジ)する考えは無謀ではないでしょうか。

受験生は試験が近づくほどに不安になるもの

まず、保護者の皆様に知っておいて欲しいことは、「受験生が突然に進路転換するような話を言い出すことは受験生あるある」ということです。

受験の時期は、勉強もハードですし、模試の結果も複数回返却されて現実の結果を突きつけられたりして、子どもの心がどっぷりストレスに晒されている時期です。そのため、苦手科目から逃げたいということで、

「受験、来年に伸ばせないかな…」
「(社会や古典などの暗記が苦手だから)やっぱり数学やりたい」

というような考え、発言をすることがあります。

この時、家族が接するべき対応は、「話をしっかり聞いて、まずは発言の真意が本気かどうか見定める」ということです。

家族は頭ごなしに叱らず話を聞くことが大事

受験生が、「やっぱり●●にしようかな……」という発言をした時、その真意は大きく分けて2パターンです。

・逃げの気持ちがある
・勉強していく中で本当にそうしたほうが良いと思うようになった(が、自信はまだない)

この時、家族はまず暖かい目で、しっかり話を聞くようにしてください。

仮に、子どもが逃げの気持ちであったとしても、その場合は、「我が子が恥を忍んで自分の弱みについて親である自分に相談してくれている」と前向きに捉えることが大事です。(そもそもの話、親子に信頼関係がないと、子どもは親にそういったことを相談しません。)

一方で、「経済学部へ行くから数学が必要」という話には、一定の真実味もあります。たとえ、受験勉強が辛いから、今年の受験から逃げたいという気持ちがメインだとしても、「経済学部に入って、数学を使いたい」という気持ちも、丸っきしウソではないのかもしれません。

子どもは自分自身でさえ、その考えが本気のものか、まだ分かっていないのです。なので、彼らにもっと考えさせるためにも、大人は頭ごなしに叱って断定したりせず、その思考力をもっと育ませるように、しっかりと話を聞いてあげるようにしてください。

その結果、十分に話して、本気で浪人を目指す意気込みを感じたなら、その意気込みを継続させるためのスケジュール、塾選びなどをしておいて、きちんと有言実行してもらうようにサポートをしましょう。もし、本気でなくて、愚痴で言ってるだけと判断したなら、十分にマイナスの気持ちを吐き出させてあげて、勉強に集中できるようにさせてあげてください。

頭ごなしに叱る、ということをすると、このどちらにも転ぶことができず、子どもはさらにストレスを抱えてしまうだけで、何も良いことはありませんので、気をつけて下さい。

自宅では子どものリラックスできる環境づくりが大事

受験生にとって、自宅がリラックスできるかどうか、というのは、勉強を継続する上で、とても大事なことです。

受験ともなると、学校や塾、また友達と集まった時なども、四六時中、受験の話題となります。また、受験に伴って、部活や習い事を一旦休止している学生がほとんどだと思います。そうなると、子どもにとってリラックスできる場所というのは、もう自宅しか残っていません。

それなのに、自宅で親が四六時中、

「テストはどうだった」
「勉強はしているのか」
「もっと努力しろ」

など、プレッシャーをかけ続けてしまっては、子どものストレスが発散できる場所がなくなってしまいます。

そのため、ビーンズでは、保護者さまに「自宅ではお子さまが十分にリラックスできるようにしてください」とお伝えしています。ただし、この時に注意点があります。それは「リラックスさせる=野放しにする」ではない、ということです。

自宅でのリラックス=「ネットやゲームを野放しにさせる」ではない

「自宅ではお子さまを十分にリラックスさせてください」

と言うと、多くの保護者さまは、「子どものネットやゲームを野放しにさせる」という行動をしがちです。そして、子どもがネットやゲームにハマっている姿を見ているうちに、だんだんと保護者さまのほうが苛立ってしまい、「もっとヤル気を出せ!真剣になっていない!」と煽ることをしてしまい、子どもの状況がさらに悪化するケースは少なくないです。

ビーンズでは、「子どもにリラックスさせてください」と言っていますが、「子どもにネット・ゲームを自由にやらせて良い」とは絶対に言いません。ネット・ゲームは、きちんと家族間でルールを作り、その範囲でしかやらせてはダメです。

もし、子どもが「ネットやゲームじゃないとリラックスできない、ストレス解消できない」と言ってきた時も、大人は動じず、理詰めで他の息抜きを提案するなどして、ちゃんとルールを作るようにしてください。(1日30分~1時間などのちゃんとした息抜きなら良いが、夜中までやったり、朝が起きるのが遅くなったり、目が疲れたり。これはリラックスではないよね?と子どもに正しく突きつけることが大事。)

子どもの意欲を見極めて、時には大学受験以外の進路を提案することも大事

受験勉強が本当につらくて、子どもが何も手につかなくなる時もあります。こういう時は、まずは受験勉強のことはさておいて、フラットな視点で、子どもの進路について一緒に考えていって欲しいと思います。

大学進学にこだわる保護者さまにお尋ねしたいことは、将来的に一番困ることは何か、という点です。それは、何も興味関心がなくなり、家でずっと塞ぎ込むようになる(いわゆる無職ひきこもりになる)ことが一番の困る点だと思います。

また、多くの保護者さまには、お子さまを何度も大学や専門学校へ行かせる学費はないはずです。我が子にいったい何を学んでほしいか。将来の就職を目的としたとき、必ずしも現役合格にこだわらないといけないわけではありませんし、そもそも大学に行くことが本当に子どものためになるかもわかりません。かけがえのない、一回分の学費をどういうタイミングで使うべきかというと、お子さまが勉強に対して好奇を見せている時です。いやいや大学へ行かせてしまっては、無駄な投資に終わってしまうかもしれません。

ですので、時には、大学進学を一旦保留として、社会へ働きに出すことなども大事な選択肢です。大学に通ったからといって、必ず就職に繋がるわけではありませんし、社会に触れるきっかけ、仕事について考える経験は、その後の進路選択にも大きく役立ちます。

フリーターが続いたらどうするの! と思う保護者さまもいるかもしれませんが、フリーターがなんとなくだらだら続いてしまう子というのは、そもそも大学に通っていたとしても、うまくやれたかどうかは分かりません。(大学は自主性なく、なんとなくダラダラした気持ちだけで通っていると、普通に留年しますし、卒業も難しいです。)

また、働く以外にも、専門学校に通って就職を目指す道などもありますので、受験勉強は子どもに合わない時は一緒に色んな選択肢を考えていくことも大事です。(むりやり大学受験を押しつけて挫折してしまい、ずっと家にひきこもってしまっては、親子どちらも困ってしまいます。)

まとめ

受験生は、シーズンが近づくにつれて、「毎日のプレッシャーから逃げたい!」という気持ちも増していきます。とくに、受験半年前からがプレッシャーの山場で、ストレスに繊細な子で、夏の8月には焦りや緊張が生まれてきますし、のんびり屋さんや現実を見たくない子どもでも、10月・11月にはものすごく不安な気持ちになってきます。

当塾でも、生徒によっては身体にストレスが出たり、悲嘆にくれて自宅で涙したり、ご自宅で暴れたり、という話は毎年のように伺います。(ビーンズの講師たちが過去、他の塾で教えてきた生徒たちにおいても同様で、色んなエピソードがありました。)

ですので、自宅だけは、お子さまにとって、愚痴を言えて、リラックスできる環境になるよう、ご家族で協力して、サポートして頂ければと思います。(ただし、リラックス=ネットやゲームの甘やかし、野放しではないので注意してください。)

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

受験直前の子どもが「今年は辞めたい・浪人したい」と言ってきた時に家族の接するべき態度

ページ上部へ戻る