ニュース & ブログ- News & Blog -

テストで良い点を取った子どもにゲーム購入はアリ? ナシ?

教育アドバイス

子育てにおいて、「テストで良い点をとったらゲームを買い与えることは教育上どうなんだろう……」と、判断に迷うことはあるかと思います。

本記事では、参考までに、当塾ビーンズでの考え方を紹介させて頂きます。結論は、「努力⇒成功の流れを子どもに教えること(体験させること)は良いこと。しかし、その報酬がゲームとなる場合は、無条件・無造作に買い与えないように要注意(できれば別のプレゼントのほうが良い)」です。

努力⇒成功の流れはヤル気に繋がる!

お子さまの自主性やヤル気を育むため、「努力⇒成功」の体験を得ることはとても良いことです。

なぜなら「次のテストで目標の点数を取ったら、報酬(ご褒美)をもらえる」という仕組みは、社会においても同じだからです。「仕事を頑張った。そして成果も出した。だから、ご褒美が出る(社会人は給与や表彰など)」というのは、大人だって嬉しいことです。

ですので、こういった健全な価値観を知ってもらうことは教育上、大事だと考えています。

ただし、この時の注意点として、ノルマが厳し過ぎるとヤル気を損なうので気をつけて下さい。

無理難題な要求は、ヤル気の低下・信頼低下につながる

保護者さまの中には、「じゃあ学年1位になったら買ってあげる」のように、「(本当は買ってあげたくない気持ちがあるから)無理難題な条件を突きつける」という方がいますが、これはやめたほうが良いです。

まず、買ってあげたくないのであれば、正直にそう伝えるべきです。それなのに、まるで買ってあげるかのように無理難題な条件を突きつけることは、アンフェアです。(少なくとも、誠実ではありません。)

また、無理難題な条件を突きつけることが続くと、やがて子どもは親への信頼感を損なっていき、やる気も損なっていきます。

会社でだって、あんまり無茶苦茶なノルマが続けば、社員はヤル気をなくしますし、またノルマばかりが続いて、報酬(ご褒美)のお預けが続けば、転職しようと退職者も増えていきます。

ですので、「テストの点数で何かを買ってあげる」という教育をする時は、きちんと現実的な目標を設定するようにしましょう。(自分の子どもが頑張れば手の届く、適切な目標にすることが大事です。)

最近のゲームは楽し過ぎるから買う時は制限を必ず設けること

ビーンズでは、「テストで良い点を取ったらご褒美」まではOKと考えていますが、この時に「テストで良い点取ったから、無条件・ルールなしでゲームを買ってあげる」ということにはNOと考えています。

というのも、最近のゲームは面白すぎて、子どもが依存症になってしまう危険性が非常に高いからです。

最近のゲームは面白すぎる!

ビーンズでは、ゲームは依存症を強める危険性の高い遊びと認識していまして、これを買い与えて、依存してから辞めさせることは至難の業です。(ゲーム依存と不登校の問題が絡んでいくと、後からの状況改善が本当に大変ですので、まったくオススメできないのです。)

学校に行かない不登校の子がゲームやスマホ依存になった時のアドバイス

もし、どうしてもゲームを買ってあげるのであれば、保護者さまには、「子どもが依存症になるかも……」という覚悟をして頂いた上で、必ず、書面レベルでの制限・ルールを設けて、また保護者さま自信が最終的にゲームを辞めさせる権力と能力(ゲームの電源の切り方やケーブルの外し方、ネットから外す方法など)を持っておくことを注意喚起しています。

子どもにゲーム・スマホ・パソコン・wifiの制限を約束させる方法

できるなら、ご褒美はゲーム以外のものが望ましい

スポーツをやっている子であれば、新しい道具。なにか新しい習い事をスタートしたい子には、その道具。ファッションが好きな子であれば新しい服など、できることならゲーム以外のもので喜ぶプレゼントがあれば、そのほうが良いです。

まとめ

まとめとしまして、ビーンズでは、

・「テストで良い点=ご褒美」という努力⇒成功の喜びを教えることは賛成
・ご褒美=ゲームは反対(できれば他のプレゼントが良い。もしどうしてもゲームを買うなら必ず制限・ルールを設けること)

という考えです!

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

テストで良い点を取った子どもにゲーム購入はアリ? ナシ?

ページ上部へ戻る