ニュース & ブログ- News & Blog -

講師たち

【学習支援塾ビーンズ・スタッフ紹介】後藤かおり(ごとう かおり)

※本講師は卒業しており、現在は在籍していません。過去の記事となりますので、ご注意ください。

goto1

はじめまして! 学習支援塾ビーンズの講師をしている、後藤かおり(ごとう かおり)です。あらためて自己紹介をさせていただきます。

○プロフィール

誕生日:10月28日
出身地:神奈川県
趣味:ランニング、お散歩、寝ること
大学:明治学院大学 社会学部 社会福祉学科

中学生の頃から今も現役で陸上競技部に所属していて、全国大会の出場経験もあります。走ることが好きで、スポーツジムのトレーナーさんもやっています。

○学習支援塾ビーンズに入ったきっかけ

最初のきっかけは、大学の講義で「不登校・ひきこもりの生徒たちが安心して勉強できていない現状」を知ったことでした。

自分はもともと「困っている人を助けたい」、「人の役に立つことがしたい」と考える性格だったので、授業を受けている中で「自分にもなにかできることはないだろうか」と率直に思いました。それから大学の研修でデンマーク福祉に参加したりすることで、誰かを支援するための活動について、ますます意欲を持つようになりました。

そうして国内に戻り、他にも自分にできることがないだろうかと探している中、出会ったのがビーンズでした。

ビーンズでは、進学塾のように、ただ座学をするのではなく、悩みの整理・将来の夢探しなどを実施し、「自ら目的をたてて、自ら挑戦することができるチカラ」を身につけるという取り組みをしていて、とても魅力を感じました。それから応募をしてみたところ、ご縁を頂くことができましたので、この春より学生講師として参加しています。

○学習支援塾ビーンズでやっていきたいこと

goto2

困っている人を助けたい想いが強いので、やはり最も関わっていきたいと思っているのは、『学び治しの授業』です。

科目指導のほうは、海外で過ごした経験もありますので、英語の指導に注力したいと思っています。また、自分のスポーツ経験が長いことから、ストレッチなどで生徒が勉強に集中できるような楽しいワークづくりなどもやってみたいと思っています。

○これまでに越えた「カベ」やがんばったこと

私が思い出す最初の大きな「カベ」は、高校の陸上部時代のことでした。

中学生だった頃、これから先はもっと陸上を頑張ってみたいと思って、自分のチカラで陸上の強豪校へ進学したのですが、当たり前のことながら周囲は実力者ばかりでした。関東大会・全国大会出場経験者のメンバーが大半という環境の中で、練習についていけず、また大会でも実績が伸びないことから、人生初めての挫折を経験したのです。

その「カベ」を乗り越える転機になったのは「新たな競技種目との出会い」と、「素晴らしい指導者とその仲間との出会い」でした。自分の進む方向を修正して、あらためて練習をコツコツ積み重ねていき、あとはとにかく頑張るだけでした。あきらめず、必死に他の選手に食らいついていき、精神力やメリハリ、そして忍耐力等を鍛えて・・・結果、最終的には、最終学年で全国大会で闘える選手にまで成長していました。

それまでの道のりは決して楽ではなく、むしろ辛いことのほうが多かったかもしれません。それでも自分がやりたいと思ったこと、自分を支えてくれている人のことを思うと、たとえ辛くても頑張り続けることができました。そして、それだけ頑張ったからこそ、最後には大きな達成感を得ることができたのだと思います。

この時に大事だなと思ったことは、挫折していた私の人生を大きく変えるのに、「練習できる十分な環境であったり、自分をサポートしてくれるチカラの存在が必要不可欠だった」ということです。環境に恵まれ、色々なご縁や出会いがなかったら、少なくとも今ほどの努力はできていなかったと思います。なにかをがんばろうと思ったら、最終的には自分の努力が大事なのですが、しかし周囲のサポートを頂くことも欠かせないということは、大きな学びの一つになりました。

○今現在、自分の頑張っていること

私は、今現在、教育をテーマに3つのことを頑張っています。

1.教員免許を習得するために必要な指導力を身につけること
2.インターンシップに参加して、福祉・スポーツ系の知識を深めること
3.想像力豊かな対応力や実践力を持つこと

中でも、とくに頑張りたい思っていることは、「一人一人のニーズを把握できるような想像力豊かな人材になること」です。相手が本当に求めていることを汲み取り、その目標設定と実践するためのチカラをしっかり指導していけるようになりたいと思っています。そのため、色んな現場で指導経験をする機会を増やしていこうと取り組んでいます。

○メッセージ

子どもたちへ

みんなは「苦労」をどう受け止めていますか?

「苦労するものなんて、やりたくない」

そう考えている子も多いと思います。

でも、自分がやりたいことを見つけて、その理想を達成したいと本気で思ったら・・・苦労をしてでも頑張りたいと思えるようになります。

たとえ小さな目標でも、苦労はつきもので面倒に感じてしまいますが、それでも「自分のための苦労」は、最終的には大きな達成感となり、とても楽しく、充実した経験となります。

今現在、勉強が嫌いで全然やりたくないという子は、まだ自分が本当にやりたいことを見つけていないだけですので、まずは自分のやりたいことを見つけるところから始めていくことが大事です。

まずはほんの少しの一歩から・・・みんなも楽しい生活へ歩き出せるよう、一緒にがんばっていきましょう!

保護者の皆様へ

お子さんの将来について、一緒に真摯に向き合っていきたいと思っています。

一人一人のニーズをしっかり把握し、保護者様とお子さんが安心して通学・進学できるように日々精進させて頂きたく思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

✔ ビーンズへ相談したい方はコチラ

TEL : 03-6380-2705 (11時~21時)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)


授業・料金のご案内はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ページ上部へ戻る