ニュース & ブログ- News & Blog -

不登校・勉強嫌いな子どもたちが進路を考えるには「楽しく職業観」を育てよう!

教育アドバイス

こんにちは! 学習支援塾ビーンズです。

今回の記事では、不登校・勉強嫌いな子どもたちが進路を考えていくためには「ご家庭で職業観を(楽しく!)育むことが大事」という内容で塾長の塚﨑から、お話させて頂きます。

(この記事の続きはこちらの記事です!)

子どもたちに職業観育成が必要な理由

親が子どもの進路を規定することが、不登校・勉強嫌いのキッカケに

わたし(塚﨑)がビーンズを立ち上げる以前の、家庭教師をやっていた頃から、たまに、こういう保護者さまがいました。

「うちの子は、〇〇学校に行って、〇〇になることを自分自身で望んでいます。だから、そのための勉強をビシバシやってください

というものです。

こんな時、私は恐縮なのですが、保護者さまの言葉を鵜呑みにはしません。
まずは一切の先入観を抜き、子どもからしっかり話を聞いてみて判断するようにしています。

なぜなら、こういった保護者さまは自分の希望を子どもへ無意識に押しつけている場合が多く、また子どものほうも親の期待に応えようと自分の気持ちを隠していて、無意識に親の言う通りにしようと思っている可能性があるからです。

これは、そのまま順調に進学していき、子どもが悩みなく人生を歩めれば問題ありません。しかし、子どもが途中でつまずいたりした場合、不登校・ひきこもり・勉強嫌いになってしまう危険性が高くなってしまうのです。

なぜかというと、子どもたちは、自分が親の希望を実現できないことで、「自分はダメなやつ=何をやってもムダだ」と、自身の進路について一種の諦めを抱いてしまうからです。

不登校の子どもが進路に絶望しやすい理由

一度、不登校・ひきこもりになってしまうと、その絶望感は徐々に大きくなります。

なぜかといえば、親の期待に応えられない劣等感に加えて、「皆は普通に学校に行って勉強している=それができない自分に明るい将来はない。お先は真っ暗なだけだ」というように悲観的に塞ぎ込んでしまうからです。

小中高程度の子どもたちにとって、社会についての情報源は「親と学校」です。
そのため、親も学校も、「普通に学校に行って!」「ビシビシ勉強して!」「このくらいのレベルの進学先には行って!」と主張すればするほど、子どもたちは追い詰められ、家にも学校にも居場所がなくなってしまいます。

そうして、子どもが保護者さまからの情報を受け入れなくなると、子どもは将来のことを考えるキッカケを得ることができなくなってしまいます。

多くの子どもたちは「進路のことを考えるのが不安」

不登校であるかどうかにかかわらず、多く子どもたちは「進路のことを考えると不安になります」です。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ・一般社団法人全国高等学校PTA連合会合同調査「第8回高校生と保護者の進路に関する意識調査2017年報告書」
によると、70%を越える高校生が進路を考えると不安・ひるがえって進路を考えると楽しいと答えた割合は約20%でした。

保護者さまのなかには「若者が将来のことを考えるのはいつの時代だって不安じゃないか」と思われる方もいらっしゃると思います。
私が高校生だった2003年の調査(「高校生と保護者の 進路に関する意識調査」)では、進路を考えると不安が44%、進路を考えると楽しいが34.5%とほぼ均衡していることが分かります。

<昔の若者像をあてはめないで>

同じ「高校生」でも、保護者さまが高校生だったころと、今の高校生は、進路や、職業観へのマインドは大きく変化している。
保護者さまが「自分が高校生だったころ」を思い返して当てはめようとしてはダメ

●なりたい職業がある
2003年の調査「約70%がある」 

2017年の調査「55%」(なお男子は50%を切ってる)    

●進路を考えると不安
2003年の調査「約44%」

2017年の調査「72%」(約1.6倍)    

●進路を考えると楽しい
2003年の調査「約34.5%」

2017年の調査「23%」(約4割減

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ・一般社団法人全国高等学校PTA連合会合同調査
「高校生と保護者の 進路に関する意識調査」 (2003)
「第8回高校生と保護者の進路に関する意識調査2017年報告書」より作成

つまり、私たちが10代のころに比べ、明らかに現在の子どもたちの方が進路のことを考えることについての不安感が増しているのです。

学校教育では社会を知る機会が少ない

「うちの子は、学校へ通っているから大丈夫」「学校で職業観の授業があるから大丈夫」と思っている保護者さまもいらっしゃるかもしれません。

残念ですが、それは違います。

●公立中学では98%の学校で職場体験が実施されているが、その実施日は3日までが80%を越えている。

●公立普通科高校の約80%が職場体験を実施しているが、生徒の参加率は20%

参照:国立教育政策研究所「平成29年度職場体験・インターンシップ実施状況等結果(概要)

わずか3日の職業体験、これが多くの子どもたちに与えられた「職業観を育む時間」です。

また、その職場体験の内容についても、はたしてこれで子どもたちの職業観が育つのか疑わしいものも多いのが現状です。

<公立中学校での職場体験 ビーンズの子どもたちの実例>

●「スーパーマーケットの総菜コーナーで弁当をひたすら並べる単純作業を続けた」

●「区役所に赴き、放置自転車を回収する班に配属され、二日連続で放置自転車の回収

●運送会社で軽作業を行う職場体験の例。最終日に生徒がどのようなスキルを身につけたら昇給するか総務部長に質問したところ、後に中学校教諭から「なぜあの場で昇給(お金にまつわること)について質問したのか」と詰問される

ですので、学校に通っているとしても、そもそも子どもたちが「社会を知り、職業観を育てる機会は圧倒的に不足」しているのです。
さきほど「小中高程度の子どもたちにとって社会についての情報源は「親と学校です」と申し上げましたが、
実質「多くの子どもたちにとって社会を知り、職業観を育成できる場所として、既存の学校教育は役不足」と言い切ってしまってもいいと思います。
つまり、お子さまの職業観を育成するのはご家庭での取り組みが非常に大切になってくるのです。

子どもは社会の行く末を暗く考えている場合が多い

子どもたちは 「社会」を 知らない。知っているのは、ゴシップやネガティブな情報ばかり 「仕事の楽しさ」「やりがい」「目を瞠るスキル」「いつも頼りにしてる、気持ちのよい仕事仲間」  こういう情報こそ、伝えよう
子どもたちは、不登校であるなしに関わらず、社会の明るい面ではなく、暗い面を多く見ています。

さっき「社会への情報が足りないって言ったじゃないか!矛盾している!」と思われる保護者さまもいらっしゃるかもしれませんが、子どもたちは「社会の暗い側面の情報」は意外と見ています。

私は、子どもたちが「実際に社会に出て苦労している大人よりも社会に対して暗い見通しを持っている場合がある」と考えています。

私はこの現象を保護者さまへ説明する時「すりガラス越しの暗闇を見る」と申し上げています。
(「すりガラス越しの暗闇を見る」については詳細を書くと長くなるので、こちらの記事もご覧ください。)

当たり前ですが、不登校経験者であっても、社会の中で活躍している人は少なくありません。
不登校に限らず、「何らかの挫折」まで広げれば、世の中で活躍している殆どの人が、なんらかの挫折を経験しているはずです。

ただ、子どもたちにはそういった人たちの経験や苦労からの挽回というのは、なかなか情報として入ってこないものです。

保護者が子どもの職業観を育てるコツ

子どもたちがそもそも「社会の行く末が真っ暗だ」と思っているうちは、「子どもが自分の進路を自分で考えていくこと」はスタートすることができません。

子どもたちが自分の進路のことを考え、その進路に向けて準備をしだすのは、「社会には楽しいことが待っている」「面白いことが社会にはある」と信じられるからです。

そのことを踏まえず、将来のことを考えるが不安になっている子どもへ「社会に出ると厳しいんだぞ!」とか「もうすぐシンギュラリティがくるんだぞ!」と脅しても効果はないどころか、ますます子どもたちは進路のことを考えることに憶病になってしまいます。

保護者が子どもに職業の魅力をプレゼンテーションをする

保護者さまが子どもに公務員になって欲しいと思っていた場合を想定した場合を考えてみましょう。
「将来、社会は不安定になるんだから、公務員になりなさい!」というような一文だけで伝えても、子どもの心が動くことはありません。

そして、子どもの心が動かなければ、行動は変わりません。

子どもは「公務員の魅力的なイメージ」を具体的に想像できません。私はこのことを「僕ら人間は見たものしか信じられないから」と保護者さまへ伝えています。
「見たこともない職業をイメージさせ、実際にその職業に就くためのモチベーションをつけ、準備させる」・・・そもそも無理なことをやらせてますよね。

色んな職種の人に、「なぜ今の仕事を選んだのか」と聞いてみると、小さい頃の体験が動機になっていることは少なくありません。

▼「具体的なシーン」を見て、仕事を選んだ時の動機の例
・好きな先生がいたから学校の先生に目指した
・大工さんに憧れたから大工を目指した
・カッコイイ建物に憧れたから建築の設計を目指した
・車が好きだからメーカーを目指した
・グローバルに働きたいから通訳を目指した
・素敵なケーキに憧れてパティシエを目指した
・動物が好きだから獣医を目指した など

それぞれ動機はさまざまで、ゴールの形も多種多様ですが、見逃せない共通点は、「皆、過去になにかしらのシーンを実際に見て、体験していて、興味・関心を抱いていた」という点です。

ただ、いきなり我が子を市役所や霞ヶ関へ引きずっていくのは、子どもが抵抗しますし、仮に行ったとしても子どもは上の空でしょう。

ですので、保護者さまが(仮に)お子さまに公務員になってほしいとするのならば、まずは「どうして公務員が良い職業なのか」という具体的なプレゼンテーションをして、その魅力を伝えるようにしましょう。

ここで間違ってほしくないのが「説明ではなくプレゼンテーション」だということです。相手の心を動かし、相手が行動を変え、相手が公務員へ向けて準備をしたくなるようなプレゼンテーションをする必要があります。

そしていいプレゼンテーションには手間ひまがかかります。

「学校に行って勉強しろ!」
「この職業を目指せ!」

そのように言葉だけで伝えても、子どもたちが心を動かすことは難しいです。
もし、子どもにやって欲しい職種などがあるなら、まずはその業界の魅力を十分に伝えてあげてください。

続きの記事で保護者さまから「どのようにお子さまへ伝えればいいか」具体的なコツをお伝えしています。こちらもぜひご覧ください。

まとめ

不登校・勉強嫌いを改善するためには、保護者さまが「社会の魅力・面白さ」を子どもたちに楽しく伝えることが大事です。将来に希望を持つことで、子どもたちは状況を改善しようとするエネルギーを得て、自分の進路を自主的に考え始めまることができます。

「そんなこといっても、親の言うことに、子どもがちっとも耳を貸してくれない・・・」という場合は、一度学習支援塾ビーンズにご相談ください。
(こちらの記事も参考になるかもしれません

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

不登校・勉強嫌いな子どもたちが進路を考えるには「楽しく職業観」を育てよう!

子どもたちは 「社会」を 知らない。知っているのは、ゴシップやネガティブな情報ばかり 「仕事の楽しさ」「やりがい」「目を瞠るスキル」「いつも頼りにしてる、気持ちのよい仕事仲間」 こういう情報こそ、伝えよう

ページ上部へ戻る