ニュース & ブログ- News & Blog -

【ビーンズ流】ご家庭でできる、子どもが楽しく進路を考えるためのコツ!

教育アドバイス

こんにちは! 学習支援塾ビーンズです。

今回の記事では、子どもが自分の進路を考えられない、考えると不安になってしまうとき「親がどんなことに気をつけて、どんな行動をすれば良いか」という内容で、塾長の塚﨑から、お話させて頂きます。

前回の記事では、子どもたちが進路を考える機会が不足していること、また現在の子どもたちが、保護者さまの世代よりも将来のことを考えるのが不安になっていたり、悲観的になってしまっているというお話しをさせていただきました。

大人は、社会に出て「進路を考える大切さ」も、「社会のなんたるか」も身をもって知っています。

しかし、そんな大人でも「これからの少子高齢化社会の中で、自分のライフプランどうするつもり?」といきなり聞かれても、すぐに答えられる人は少ないでしょう。
なぜでしょうか。

<大人が自分のこれからを考えられない理由>

●「これからの社会の課題」について情報が足りない

●「これからの社会の課題」について向き合うのが怖い

この二点が主な理由だと思います。
子どもたちが進路を考えられない理由も同じです。

子どもたちに話を戻すと、子どもたちが中学校や普通高校で習っていることは「科目の勉強」です。
学校では、「問題の解き方・テストや成績の価値観・偏差値に応じた進路」などのことは教えられますが、それ以外のことになると、基本的には教えてくれません。
つまり情報が足りないのです。

そして、多くの子どもたちは自分の将来のこと考えるのに不安な気持ちがまさっています

「情報が足りない」「将来のことを考えるのが怖い」・・・
大人が自身の将来を考えられない全く同じ構造が子どもにも存在するのです。
にもかかわらず、いきなり「将来や進路について考えて、決めろ」「そして決めた進路に向けて本気になって行動しろ!」といわれても、これは「無茶ぶり」といわれても仕方ないと思います。

長くなりましたが、子どもたちへ「いきなり自分の進路を考えさせることはダメだ」ということはご理解いただけたと思います。

では、保護者はどうすればいいのか?
今回の記事では、ご家庭で子どもが進路を楽しく考えるために必要なコツについて具体的にお伝えしたいと思います。

ビーンズ流!ご家庭でできる、子どもが楽しく進路を考えるためのコツ

①子どもへ伝えるのは、仕事の「楽しさ」から

子どもも、大人も将来のことを考える際にネックになるのは、「将来・社会への情報不足」と「将来のことを考えるのが怖い」の二点です。

ですので、保護者さまがご家庭でやっていただきたいのは、

・「社会の情報」を子どもへ伝える
かつ
・「社会や将来を考えることの楽しさ」を伝える

この二点となります。

この時、注意していただければ、お話しする内容は、お子さまが「楽しんで聞いてくる内容」に絞って下さい。

難しい話ではなく「仕事でやりがいを感じた瞬間」「仕事仲間との楽しいひと時」「お客様から評価されたとき」などから、子どもが内容を理解し、笑ってくれるだろう「鉄板ネタ」を厳選してお話しすると良いと思います。

子どもに話しを理解してもらうために、少し話のスジを変えたり、補足をいれると、さらに子どもに楽しんでもらえます。

私はよく「仕事仲間と乾杯した一番おいしいビール」を飲んだ時のエピソードをお話しくださいと伝えています。

目指すべきは、保護者さまの話を聞いて、子どもから「ヤバイ」と言ってくれるかどうかです。

お子さまが、保護者さまの話を聞いて、「それ、ヤバ」って言ってくれることを目標に何を話すかを決めてください。

よくある間違いとして、保護者さまがお子さまへご自身のお仕事の話をする際、ついつい社会の厳しさを伝えてしまう場合があります。お子さま思いの保護者さまほど、ついお子さまへのありがちなので、ご注意ください!

<お子さま思いの保護者さまにありがち、ダメ事例>

●ダメな内容

「履歴書を即シュレッダーにされるような人間にはなるな」
 
「仕事ってのは、苦労が絶対ある。その苦労を乗り越えてこそ他人はついてくる!」

「うちでも、AI導入が本格化してきた。
シンギュラリティがくると、AIに仕事とられてしまう!
(だから、今のうちに、しっかり自分の得意分野を磨いて、AIに負けないようになれ!)

●ダメな理由

 

子どもは、怖い話は聞きたくないから。
お子さま想いの保護者さま(と進学塾)ほど「良い成績を取って、良い学校に行けば、良い会社に勤められる」というニュアンスのことを、社会の常識のようにお子さまへ伝えてしあまっています。これは、確かに一つの真実ではあるのですが、だからといって、それが社会のすべてというわけではありません。

しかし、子どもたちは、そんな一本筋のストーリーを、けっこう深刻なくらい真に受けてしまいます。

「今の学校に適応できていない」
「勉強が苦手」
「成績が悪い」

もし、こういった状況に陥った子どもたちの多くは、自分の進路に不安を感じながらも、その話題については口を閉ざしがちになってしまいます。

なぜかといえば、親や先生が提示する模範例から外れている自分のことを認めたくない気持ちがあるのと、仮に進路の話をしても、どうせ「勉強しろ」といわれるだけだろうと分かっていて、話し合うだけムダだと感じているからです。

まして、不登校の状態にある子どもへ「将来、社会に出ると、すごく戦わないといけない」という情報を伝えても、子どもはおびえてしまうだけです。

こういうネガティブなことを言って、子どもは「よし、頑張ろう!」と発奮して、行動を変えることは、ほぼないと断言します。
「あ、説教きた」と耳をふさいでしまうでしょうし、そもそも社会や働くことへネガティブな思いが強い子どもだと、より進路の話から遠ざかってしまいます。

極論、ご家庭で職業観や進路について話すときは、ネガティブな内容はなくてよいと思います。
そんなことよりも、「仲間と乾杯した一番おいしいビール」の話をして、子どもたちから「ヤバ!」「楽しそう!」の声を引き出すことのみに注力してみてください。

②子どもからみて「遠い先の未来」のことから話してみる

子どもたちは「社会に対して情報不足であり、進路考えることについて不安を抱いています」ので、子ども自身の進路について、いきなり話し始めるようなことはしません。

最初は雑談量を増やし子どもとの間に信頼関係を築いていきます。

ご家庭で準備してあげて欲しいのが、子どもが「自分の弱さと向き合って本心を話せる環境づくり」です。

両者の間に、自由な会話の成り立つ下地ができて、環境が整えることが第一段階です。

それから、雑談の延長で、子どもたちと「遠い先の未来」について話し始めます。

この時のポイントは、「雑談の延長」であることと、

「子どもに自分の将来を考えさせない あくまで他人ごとの話題」で子どもたちが気楽で自由に話し続けられる話題であることです。

先ほど出たシンギュラリティも、上のコツさえ守ってくれれば、子どもたちが身を乗り出して話してくれる内容です。

ビーンズですと、イベントとして、子どもたちとワイワイやりながら、
社会の色々な現状を子どもたちと考えていっています。

③将来は、子どもにとって「自分ごと」ではなく「他人ごと」から考える

さて、家庭内で雑談量も増え、時々、「遠い先の未来」の社会について話すのも当たり前になってきたら、ここでようやっと子どもと一緒に進路について考えるタイミングです。

この時、大切なのは、子どもたちへ「大学に入ることがゴールではない」ということを強調して伝えるということです。

ビーンズに相談にくる子どもたちの多くが進学塾へ行き、そこで「昭和的な学歴主義」を信じ切った状態でやってきます。

とにかく「学歴が大事」「偏差値の高い学校が偉い」

しかし、「大学で勉強することは考えたこともないし」「大学の楽しさもしらない」
むろん、「将来なにをしたいかなんかない!」という状態です。

ですので、ご家庭では以下のような話題をできるだけカジュアルに話し合ってほしいと思います。

子どもと一緒に考えること

・学校で話題になる偏差値とは何?
・普通高校へ進学する意味とは?
・大学生活とは?
・大学進学するメリットとリスクとは?
・東大に行くといいこととは?
・東大に行っても特に変わらないこととは?
etc...

この時、大事なポイントが二つあります。

一つは「楽しく」話すということです。
繰り返しになりますが、子どもたちは「将来のことを考えること自体が不安」という場合も多いです。

お子さま想いの保護者さまほど、こういう不安をもってしまいます。

<お子さま想いの保護者さまあるあるの不安>
大学や社会が求める人物像は常に変化しているし、若者に求められるスキルも変化している…受験も2020年以降には、大学入試の内容そのものが変わっていく…
つまり、既存の学校教育ができても、「それで人生すべてOKではない」…
ゆえに、我が子には科目勉強をやるだけでなく、意識の高い社会課題解決の意欲とか、起業家精神をもってもらわないと

こんな保護者さまの不安を子どもたちへ直接ぶつけてしまうと、子どもたちは「えー・・・。なんだか大変そう」と。逃げてしまいます。

それゆえ、保護者さまの不安ではなく、あくまで楽しさをベースに子どもへ話してあげてください。

社会の厳しさを伝えるのなら、徹底的にネタに走る
それでも、「どうしても社会の厳しさを伝えたい!」ことがあるのであれば、「子どもが明らかにネタだと分かる」くらい完全にネタにはしってください。
シリアスで暗い雰囲気で話すのはダメです。

二つ目は「自分ごとではなく他人ごと」で進路を考えるということです。
大人だって自分ごとの進路を考えるのは大変です。

ですので、子どもにとっての他人、例えばご兄弟や、保護者さま、ご親戚、テレビの向こうの有名人などなど・・・他人の進路をネタにして考えていくと良いと思います。

ビーンズでも子どもたち同士でグループ作って、他人の進路について考えたり、

ゲストできた大学生の進路について聞いたり、相談(?)にのったりしています。

自分の進路については考えるのをいやがっても、他人ごとになると、打って変わって多弁になる子どもも多いです。

保護者様へメッセージ

自分がどの進路を選ぶと楽しめるのか。

このことが進路について本当に考える意味なのだと、ビーンズでは考えています。

そして、自分自身の「楽しさ」を求めるためには、自分自身の長所や短所を素直に受け入れ、本心を言葉にすることができるようになって、それから自分の将来に関連する、社会や将来に関する情報を吸収していく必要があります。

しかし、多くの子どもたちが「本心を言葉にできる場所もなく」「社会や将来に関する情報も不足してる中」で3年生の時期が来るなり、急に「自分の進路を決めろ」と言われます。

再三繰り返してきた通り、子どもたちといきなり進路の話はできません。ステップバイステップを踏んで、初めて進路について話し合う環境をつくることができます。

ビーンズへ相談に来られる保護者さまの中にも、お子さまの進路を心配するあまり、気づかぬうちに自分が希望する進路を子どもへ押しつけてしまう方がいらっしゃいます。その結果、親の希望が重荷になってしまい、子どもが塞ぎ込む理由になっているケースも珍しくありません。

こういう時、保護者さまに気をつけて欲しいことが、「子どもたちの進路を言葉だけで制限・誘導しようとしてもうまくいかない」ということです。

「親の言う通りにしておけば、それが一番幸せな道なんだ!大人の言う通りにしろ!」といった押しつけや、「東大に行けば間違いない」、「MARCH以上に受かれ!」など、一方的な進路選びも効果はありません。

まずは子どもとご家庭での雑談量を確保し、お子さまが進路に対する本音を話せるような環境づくりをしてください。

それから子どもが社会に興味を持つ「楽しい」情報を伝えて、お子さまが進路を考える際の不安を取り除き、子どもたちが気軽に、カジュアルに社会や進路について話せるようにしてあげてください。

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

【ビーンズ流】ご家庭でできる、子どもが楽しく進路を考えるためのコツ!

社会の厳しさを伝えるのなら、徹底的にネタに走る

ページ上部へ戻る