ニュース & ブログ- News & Blog -

続『ビーンズスタイル』……無責任のすゝめ!/ビーンズメソッドに興味をもってくれたあなたへ

学び治しの授業

ここから読みはじめた方へ。前回のあらすじ。

みなさん、行儀よく前回から読んでいただいていると思いますが……

前回の記事では、不登校・進路を考えることへの悩みをかかえる中高生を元気にする学習支援塾ビーンズのメソッド……「ビーンズメソッド」の内の、すべての基本となる「ビーンズスタイル」をお伝えしていました!

引き続き、塾長の長澤がお伝えします。

長澤啓(Nagasawa kei)
学年ビリから二浪し東京大学へ​入学。ビーンズの活動が楽しすぎ、留年。経済学部経営学科卒。
ビーンズが積み上げてきたノウハウを「ビーンズメソッド」として文字化し、より洗練するのがメインのお仕事。さらに、親との衝突が絶えなかった自身の経験を活かし、保護者とのコミュニケーションにも注力。保護者さまと月100件以上やりとりをしながら、ビーンズ流の保護者さまサポートを拡充中。最近は副代表として、講師の採用育成プランの策定・外部協力者との渉外・経営企画までマルチにこなす。趣味はビールを飲みながら出汁巻き卵をつくること。

■インタビュー/詳しい自己紹介
学校の勉強についていけなかった僕が東大に合格するまでと親と対立した日々について

勉強へのやる気が出ない中学生を変えるために親ができることを学習支援のプロに聞きました

プロに聞きたい!不登校や勉強嫌いな中学生・高校生が進路を選ぶタイミングで、親に何ができるの?

講談社FRaUさんで、ビーンズメソッドの内容が前後編で詳しく掲載されています。
10代の心をフリーズさせるもの…不登校専門塾が教える「大人がやってはいけない」こと
生きる重荷を軽くしたい…不登校専門塾が提案する“子どもを幸せにするための法則”
ながーいビーンズメソッドの内容が端的にまとめられているので、こちらもおすすめです!

■『無責任→有責任のスモールステップ』

学習支援塾ビーンズ 「無責任→有責任のスモールステップ」

ドライブ欲求を満たすスモールステップが、「無責任→有責任のスモールステップ」です。

「リスク・コストが怖い」というストッパーを無理なく解除していき、ドライブ欲求を満たしてもらうためのスモールステップです。

自分で引き受けないといけないリスク・コストのことを、ビーンズでは「責任」と呼称しています。
そして、責任がない状態を「無責任」、責任がある状態を「有責任」と定義しています。

「リスク・コストも自分で引き受けて成功したい」という欲求がドライブ欲求ですから、どの生徒も最終的には有責任の状態を目指していきます。

しかし、いきなり有責任の状態にもっていこうとすると、「リスク・コストが怖い」というストッパーが発動して、状況改善が止まってしまいます。ですから、無責任の状態から始めて、徐々に有責任の状態に近づけていきます。

『他人事→自分事』

無責任の状態に近い他人事から始めて、有責任の状態に近い自分事に徐々に近づけていく技法が「他人事→自分事」です。

人間誰しも、自分事にはストレスを感じてしまいます。しかし、他人事ならばある程度ストレスなく取り組めます。

例えば、「自分が10㎏ダイエットしないといけない」という自分事にいきなり取り組むのはストレスがかかります。
が、「友達が10㎏ダイエットする方法について、アドバイスしてあげる」という他人事ならば取り組みやすいですよね。

そして、他人事としてダイエットのアドバイスであれば、アイデアが溢れてきますし、やいのやいの言うのは誰だって楽しいもの。そうやっているうちに、少しは「自分でもやってみよう」という気になってきます。

野球の観戦をしているうちに自分も野球を始めたくなったり、囲碁のアニメを見ているうちに自分も囲碁を始めていたりする構造を意識的に作っていくのと同じです。

進路指導に当てはめると、いきなり「自分の進路について考えよう」と言葉がけするのではなく、「まずは他の人が進路を楽しく考えているのを見よう/場合によってはアドバイスしよう」などと言葉がけすると良いということです。

この「他人事→自分事」という技法は2つのスモールステップで紹介される全ての技法の中で最も使用頻度が高い技法です。

ビーンズでは生徒が特に進路を考える際、まず『他人事』で進路を考える機会を持つことをとても大切にしています。

『遠い将来→近い将来』

学習支援塾ビーンズ『遠い将来・近い将来×他人事・自分事マトリクス』

自分事であっても、「遠い将来」であればある程度ストレスなく考えることができますよね。

逆に「近い将来」についての話題は、今すぐ動き出す必要があるので有責任の状態に近くなり、ストレスを感じてしまいます。

「来週の定期テストでどうやって赤点を回避するか」
「来年度の受験でなんとか志望校に受かる方法」

こういった差し迫った将来について考えるのは誰しもつらいもの。
逆に「30年後、どんな仕事についているのが理想か」といった遠い将来の話であれば比較的、アイデアが出やすいですよね。

ビーンズでの進路指導もこの『遠い将来→近い将来』に則って行われます。
例えば中学生への進路指導は、彼らにとって近い将来である高校受験の話から入るのではなく、大学での学問や、もっと雑なサークルなどの話からスタートすることが多いです。

同じように高校生への進路指導は、近い将来の大学受験の話から入るのではなく、大学生スタッフの「レポートのリサーチ」とか「就活の業界調査一緒にやってくれない?」といった話題からスタートすると生徒がストレスなく話をしてくれるようになります。

このように、遠い将来の話題からスタートすることで、将来について考えることへの抵抗感を徐々に薄れさせていき、最終的には無理なく近い将来の話題について取り組めるようにしていきます。

『放言→責任ある発言』

「放言」とは、「言ったら言いっぱなしな、無責任な発言」のことです。もちろん、「責任ある発言」(もしくは責任ある思考)ができるようにならないと、ドライブ欲求を満たすことはできません。

しかし、いきなり有責任の状態にもっていこうとすると、

「ちゃんとした発言をしないと……」
「ちゃんとした発言をするためには、ちゃんと考えないと……」
「ちゃんと考えるためには、データが必要だから調べないと……」
「ちゃんとした発言をしないと恥をかいてしまう……」

こうなってしまい、どんどん発言へのハードルが高くなってしまいます。

大人だってそうですよね。

新入社員のときに「来年の仕事の目標を考え、プレゼンしろ」と言われたら怖くなってしまいます。
でも、飲み会で無責任に「来年は、〇〇やるぞぉ~! がんばるじぇ~」というのは気持ちいい。

ですから、子ども(生徒)が放言できる環境と時間を整えることがまずは重要です。

将来についての話題を話す場合を考えましょう。

「youtuberになりたい!」
「ゲーム配信で食っていく!」
「高校卒業したらアメリカに行く!」

といった、子どもの大人側からすると「ええぇ…… ちょっと野心すぎやしないか、そのプラン」といった内容を聞く際、大人側がその実現可能性を深く考えずに、子どもが無責任にベラベラ喋れる環境と時間を整えることが重要なのです。

もしここで、このような放言に対して、我々大人が

「どうやって夢を実現するの?」
「まず、なにからスタートするの?」
「いつから始めるの?」

といった、責任ある発言をいきなり求めてしまうのはNG。

子どもは「ウッ……」となってしまい、将来について発言すること自体に抵抗感を持ってしまいます。

同じように、保護者さまが我が子の将来を心配するあまり、
「本気でその仕事に就きたいと思っているの?」とか
「そんな無謀なこというんじゃなくて足元を見なさい」などとおっしゃってしまうことがあります。

これも子どもへ責任を求めることにつながってしまいますので、避けた方が良いでしょう。

そういう話は、時期がきたら(挑戦期になったら)ビーンズ側から差し込んでいきます。
ですので、ご家庭では子どもが大言壮語を、無責任に、思い切りできる環境を整えていただいたほうがよいのです。

■ビーンズメソッドに興味をもってくれた、あなたへ

……ふぅ……

いかがでしたでしょうか……!?めちゃくちゃ長かったですね……!

ただ、これでも、最初にも説明しましたが、今回紹介したのは『ビーンズメソッド』の中の、『ビーンズスタイル』の要約版なんです……(笑)

つまり、『ビーンズメソッド』全体になると、この記事の100億倍の情報量になるのでGoogleのサーバーが圧迫され、Youtubeが見れなくなるともいわれているので(嘘です)このへんにしておきます。

少し真面目な話をすると、ビーンズの講師のみなさんは、初期研修からこのビーンズメソッドに立ち向かいます。これを、理解し、使えるレベルになっていくポテンシャルには頭が下がります……
そして、どんどんパワーアップしていって悩みのある中高生を自然体でサポートできるようになっていきます。

さて、最後に……

このめちゃくちゃ長い記事を読んでくださった皆さまにお願いがございます!
それは…………

……

⇓ ⇓ ⇓ ⇓

ビーンズメソッドに興味を持っていただいた保護者さまへ

お子さまをビーンズに通わせていらっしゃる保護者さまへ
保護者さまが「絶対安心の場である家庭」を作り上げることができるように、引続き全力でサポートしてまいります! お困りごとがございましたら、引き続きこまめにお知らせくださいね。

ビーンズへ入塾を検討されている保護者さまへ
ここまで読んでいただけたということは、ビーンズとの相性が高い可能性大です。
ビーンズの授業内容について、もっと知りたい!という方は、「教室の雰囲気」をご覧ください。

すぐに、お子さまのことで相談したい!という方は無料相談へどうぞ。
お子さまの状況や心配事について伺いつつ、ビーンズメソッドに基づいた状況の改善案を提案いたします。

将来のビーンズのお仲間へ

ビーンズのスタッフになりたいと思っている方へ

ビーンズではビーンズメソッドを学ぶ「インターン課程」を募集しています!
インターン課程修了後は、長期インターン(有償)として、子どもたちと伴走していく道もあります。

なお、インターン課程から膨大なマニュアルを読み込み、修了にはロープレテストがあります。
また、長期インターンでは、さらにマニュアルを読み込み、テストもたくさん受けます!そうすることで、自信をもって中高生の伴走者となることができるのです。

この記事を最後まで読めたあなたなら大丈夫なはず……(笑)
日本の中高生を元気にしたい!そんなあなたは、コチラをご確認のうえ、ご応募ください!

協力者・メディアの皆さまへ
『ビーンズメソッド』いかがだったでしょうか。
学習支援塾ビーンズは、今回の記事の内容をベースに、不登校に限らず、さまざまな課題を抱えた中高生の心のケアから、自己分析、進路指導、受験対策まで伴走しています!

このブログをきっかけにビーンズにさらに共感いただけたら、またビーンズとご一緒できる新たなつながりやきっかけをいただけると嬉しいです!!
(今までいただいたご支援・ご縁のまとめはこちら……「新宿区、東京都、ETIC.、日本財団、西武信金~学習支援塾ビーンズ、今までいただいたご支援の履歴~」)

お、面白そう!と思ってくれた方は、こちらからご連絡ください。

図々しくてすみません……!! 日本中の中高生を元気にするとなると、やらねばならないことが多すぎて、どうしてもたくさんお願いしたいことがあるんです…… この御恩は100万人の中高生を元気にできた暁に必ず返します!

✔ ビーンズへお気軽にご相談ください

TEL : 03-5579-8679 (11~20時/日曜定休)
MAIL : 無料相談フォーム (24時間受付)
※まずは教室見学からでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください!


授業・料金のご案内はこちら

今回の記事は参考になりましたか?

続『ビーンズスタイル』……無責任のすゝめ!/ビーンズメソッドに興味をもってくれたあなたへ

『ビーンズスタイル』アイキャッチ

ページ上部へ戻る